Tag:YouTube



さすがに、ここに何があるのか、タイトルやテキストに露骨に書けないです。


みんなが探してるモノ、ここにあるから。


削除されないうちに、早く見てね!


その動画をサラートP永山が撮影した画像を入れておきますね!


動画は、素早く削除されました。


※ が、その直後、まだ削除されてないYouTubeを追加しました!

ボクの性格、しつこい?or 粘り強い?

こういうところで現れるので、普通と違う気がします。



削除前の動画を撮影しておきました。


ヤツの顔面とかブツとか、ターゲットが云々とか、あるから!



出所:dailymotion

(英語で検索したアラビア語のメディア)




取り急ぎ、海外情報通のボクから、プレゼントまで。



サラートP永山



動画を撮影し過ぎて、順序が狂ってたらすみません。

なんか、そんな感じのがあるんだけど。

_20190315_190442
_20190315_195407
_20190315_190209
_20190315_190235
_20190315_190312
_20190315_190500
_20190315_190837
_20190315_190858
_20190315_190915
_20190316_104525
_20190316_104618
_20190316_104640






以下は他の記事より。


動画が最初の頃のかな?クリアです。


画像はサラートP永山が撮影しておきました。


これ、その話題のYouTube。





YouTubeのURL:

https://youtu.be/P82abyLlid8


_20190315_193219
_20190315_193010
_20190315_193027
_20190315_193205



_20190315_193147






気になる人、多いと思います。


特に、実際に使用中の画像や動画。


そのイスラエル製の金属柵のテスト中の画像と動画を、英語で調べて入手しました。


時間がない人で、動画からすぐに見たい人のために、ここにYouTube入れておきますね!
YouTubeは最後にも入れておきます。


以下の画像クリックでYouTubeが開きます。






そのYouTubeを撮影した画像です。


_20190303_163122


_20190303_163143


_20190303_163206


_20190303_163654


_20190303_163709


_20190303_163724


_20190303_163254


_20190303_163311


_20190303_163329


_20190303_163357


_20190303_163414


_20190303_163432


_20190303_163448




【追記・3/25(月)】


キーワードからのアクセスがスゴイ増えてます。


実は、政府機関や報道機関などもボクの記事に訪問してるため、本格的に深く知りたい人のために以下に細かい画像を入れました。


滅多に見られない貴重な情報なので、最後までザックリ見て頂ければ、と思います。


まずは、今回の東京マラソンで、車両突入型テロを防ぐイスラエル製の金属柵が、どのように導入されるのか?基本情報です。



情報出所:スポーツニッポン新聞社


五輪への試金石”東京マラソン開催 2万人超の体制で警備へ

3/3(日) 6:00配信


※ 重要箇所を、サラートP永山が抜粋して短くまとめます。



東京マラソン財団が、昨年初めて導入したイスラエル製の鉄柵「車両突入防止バリア」を、昨年より20台多い170台設置。





昨年初めて導入したイスラエル製の鉄柵…とありますが、昨年はどんな感じで導入されたのか?昨年の2018年の東京マラソンの記事のまとめです。参考までに、お伝えしますね。



情報出所:日本経済新聞


車突入テロ防げ 金属柵150台、警備2万人 東京マラソン

2018年2月23日 11:00


※ サラートP永山が、コンパクトにまとめます。


●25日、約3万6千人が参加する「東京マラソン」がある。


●海外で集客施設やスポーツイベントなどを狙ったテロが多い。


主催者は車両の突入を防ぐイスラエル製の金属柵を150台試験導入した。


●警視庁や警備会社は、2年後の東京五輪・パラリンピックでの警備強化のため、沿道警戒に過去10年間で最大規模の約2万人を配置する。


●車両の突入を防ぐストッパーが、今年の東京マラソンから導入される。


●主催者の東京マラソン財団などは、トラックなどで群衆に突っ込む車両突入型テロを警戒している。


●2016年、フランス南部ニースの花火大会の見物客を狙った車両突入型テロが起きた。


17年も、アメリカ・ニューヨークで同様のテロが起きた。


車両突入型テロは、国境を超えて広がっている。


爆発物と違い、車は入手が容易という背景がある。


●東京マラソン財団は、イスラエル製の金属柵「車両突入防止用バリア」に着目した。


構造は、高さ約70センチメートルで、車が衝突すると重みで脚部が上がり、車体を持ち上げて突入を防ぐ。


金属製の爪があり、衝突時に道路に食い込む。


これにより、大きな衝撃にも耐えられる仕組みだ。


●今回(2018年)は、試験的に観客が多く集まる銀座4丁目、東京駅近くの交差点に150台設置する予定だ。


●警視庁などは、大型バス約200台を沿道に配備する。


が、壁になってランナーや観客の視界を遮るので、東京マラソン財団の担当者が、「浅草や銀座などの名所を巡るのが東京マラソンの魅力。金属柵を使えば、景色を楽しみながら参加できる」と話している。


●コースへの不審者侵入などに備えて、東京マラソン財団は、沿道防犯カメラを、17年の1.5倍の133台に増やす。


●スマホのアプリなどで、次の工夫もする。


ランナー専用で、レース中に事件や事故、災害が起きた場合、速やかに情報を伝えられる。


●警視庁は、15年導入の「ランニングポリス」を約100人に増員した。警戒パトロールや、けが人の救護が目的で、一緒に走るポリスだ。


レース中、映像や音声をリアルタイムで送信するウエアラブルカメラを付けた警察官が一緒に走る。


●ゴール地点のJR東京駅付近では、既に警備犬を連れた警察官が沿道の花壇の下などに不審物がないかチェックして巡回中だ。


大会の直前まで、この点検を続けて、観客らの安全確保を徹底する。





以下より、イスラエルの車両突入型テロを防ぐ金属柵の開発会社、MiframSecurity(ミフラム・セキュリティー)の情報です!


テスト中の画像や動画、日本語のサイトなどです。


↑このページのトップヘ