Tag:YouTube

 

現在、アフガニスタンでタリバンと対抗している勢力の北部同盟(英語でNorthern Alliance)の戦闘が激化しています。


日本の報道によると、現地の情報が入ってこないため、実情がわからないそうです。


実情や裏情報を英語で調べてみました。


YouTubeなど動画で声明は出てないか?


調べたところ、北部同盟の方がYouTubeで「現段階で勝利傾向にある」という主張をしてました。


実情は、中立的な立場で中間に入る専門機関が、詳しく精査しないと明確にわからないと思います。


が、NHK NEWS WEBによると、北部同盟はタリバンにとって、手ごわい相手のようです。


文末にNHKの詳しい記事を入れましたが、一部抜粋します。



パンジシール渓谷は、1990年代の旧タリバン政権も支配できなかった地域。


タリバンの幹部は9月1日、「問題解決のため最善を尽くしたが、残念ながら努力は報われなかった」とSNSに投稿。(北部同盟との話し合いの結果、折り合いがつかなかった)


地元メディアによると、現地では戦闘が激しくなり、死者も出ている。



現段階で、北部同盟は実情について、どのように主張しているのか?YouTubeの北部同盟の新しい声明です。


そのNHKの報道を考えると、北部同盟の以下のYouTubeの主張は、真実にも見えます。


タリバンと北部同盟は何が違うのか?北部同盟が勝ってる原因は何か?


軍事的に考えると、決定的な要因があるはずです。今後、詳しく調べたいと思います。



YouTube出所:

Republic TV

(リパブリックTV)


※ リパブリックTVとは

2017年5月にスタートしたインドの無料放送の右翼ニュースチャンネル。



YouTubeのタイトル:

Northern Alliance Claims 300 Taliban Terrorists Killed In Panjshir, Ammunition Seized

2021/09/01



【タイトルの翻訳】


北部同盟は、Panjshir(パンジシール)で300人のタリバン・テロリストが殺害されたこと、弾薬が押収されたことを主張した。




YouTubeの最初(0分56秒過ぎ)、画面の一番上のバーのようなテロップに、次の英文テキストが表示されます。



NORTHERN ALLIANCE CONFIRMS TALIBAN CASUALTIE



【その翻訳・字幕スーパー】


北部同盟は、タリバンの死傷者を確認した。



YouTubeの時間は、4分20秒。


前半は、北部同盟の戦闘員らしき男が、あれこれと話している。


3分24秒過ぎあたりから、北部同盟の数台の軍用トラックなどが、北部同盟の戦闘員を荷台にたくさん乗せて、渓谷の道(砂漠化したような山道)を走行。


このYouTubeは、報道機関も見る可能性があるため、YouTubeを切り抜きしないで、4分20秒すべて入れておきます。


北部同盟の戦闘員が話しているシーンは見ないで、数台の軍用トラックの走行シーンだけを見たい場合は、3分24秒まで早送りしてくださいませ。


以下より、YouTubeです。


画面クリック(タップ)でYouTubeが開きます。


124,377 回視聴






念のため、YouTubeのURLです。


https://youtu.be/czvu_OHOiGA






日本の最新情報です。


情報出所:

NHK NEWS WEB


記事タイトル:

タリバン新政権樹立へ調整進めるも一部の勢力との間で戦闘激化

2021年9月3日 18時57分


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210903/k10013242051000.html

 




タリバンが、アフガニスタンでアメリカやNATO軍のために働いたアフガニスタン人の取り調べをエスカレートさせています。


その様子のYouTubeです。


YouTubeの時間は、2分47秒です。


後半あたりから、ライフルを持ったタリバン戦闘員による、車のトランクや運転手などの取り調べシーンや、タリバン戦闘員がライフルを持ちながら、道路や軍用車に配備されて威嚇しているようなシーンがあります。


これが、凄くわかりやすいです。


こうやって取り調べをしてるんだ、という現場の空気、生情報が確認出来ます。


この取り調べの目的は、単に調べるだけではなく指名手配のリストにある人間を探して、逮捕することです。


その取り調べがエスカレートしている、という現地の最新情報です。


恐ろしいことが起きてます。



【YouTubeの解説の翻訳まとめ】


タリバンの戦闘員は、アメリカとNATO軍のために働いたアフガニスタン人の捜索をエスカレートさせました。


国連の報告書が、この内容を次のように詳しく報じてます。


国連がまとめた脅威に関する文書があります。


脅威の内容について、今何が起きていて、何がどのように危険だ、などと詳しく評価したものです。


タリバンには、アメリカとNATO軍のために働いたアフガニスタン人の捜索に関するリストがあります。


タリバンの司令塔からタリバン戦闘員への指示書のようなものです。


このリストには、逮捕するべき人間の優先リストがあるとのことです。


アフガニスタンで、タリバンに突然殺害されたり、連行されてる人たちは、このリストにある人か、タリバンの統制が上手く行ってない可能性もあるので、人間違えされてる人かもしれません。



YouTubeのタイトル:

Taliban fighters escalate search for workers of US, NATO forces

Latest News | World | WION



翻訳:

タリバンの戦闘員は、アメリカの労働者やNATO軍の兵士の取り調べをエスカレートさせています。


最新ニュース|世界|ウィオン


2021/08/19


 
YouTubeと情報出所 : WION(ウィオン)


※WION(ウィオン)とは、インドのニューデリーに本部を置く有力メディア。


300,660 回視聴


以下より、そのYouTubeです。






念のため、YouTubeのURLです。


https://youtu.be/lchJ1jdPfPQ
 


タリバンについて、執筆したい記事(テーマや題材、YouTubeなどの報道素材)はたくさんあります。


が、いっぺんには執筆出来ないので、取り急ぎ、現地の最新の衝撃映像、裏情報からお届けしました。


ちなみに、インドとパキスタンは対立してるので、現在アフガニスタンの思想や考え方がパキスタン寄りなら、インドメディアのジャーナリストは、どこにいても殺害されたり拘束される可能性はゼロではないと思われます。


国連の関係者も同じです。


非常に危険な中の取材、メディア活動です。





↑このページのトップヘ