Tag:YouTube



screenshotshare_20190604_220935



腹部が血まみれで横たわってる二人は、銃で撃たれたのではなく、刃物で刺されたようにも見えますね。

二人とも、仲間に止血されてます。

止血してる仲間の表情に注目!

against(報復)したくて、たまらないほど怒ってますね。

天安門事件の抗議者で被害者です。

この記事で、すぐご案内するYouTubeより。


閲覧覚悟な特別席にご案内します。


天安門事件のWebで見学ツアーです!!!


天安門事件の中国軍による弾圧、虐殺シーン、虐殺されたあとの結果などなど、特別な写真を集めた動画を入手しました。


早速、幕を開けましょう!



YouTubeの出所:WION


※ World Is One News の略です。

インドのニュースチャンネル。

若手ジャーナリストたちで構成されてる。



YouTubeのタイトル:

"Recalling Tiananmen Square massacre"

2017/12/24

(動画の時間:2:51)



和訳:

天安門事件の虐殺を思い出してみよう!



最初の短い紹介文の翻訳:


1989年6月、中国軍は、民主主義の抗議者を殺した。

中国政府は、300人死亡と発表した。イギリス政府は10,000人死亡と発表した。

我々WIONの目的は、人々に天安門事件に遭遇した当事者たちの世界を探求することに、協力することだ。

(知りたいでしょ?事件現場の様子を。だから、WIONは事件現場の写真を公開するよ!と視聴者や読者に対して、我々は協力的だよ!と言っている)


そのYouTubeです。


画像クリックでYouTubeが開きます。





YouTubeのURL:

https://youtu.be/bc2PbID_bK4


そのYouTubeをサラートP永山が撮影した画像です。


_20190604_203300


_20190604_220649


↑腰に金属製のロープを巻かれてないですか?

規制ロープか、ワナなどに引っ掛かった?

落ちてる食器は、武器に使ったものでしょうか?

謎の物体が、たくさんありますね。

maybe he dead ?


screenshotshare_20190604_202516


_20190604_203136


_20190604_203121


_20190604_203107

↑目の前で複数の仲間を殺害され、発狂してしまったようですね。倒れて、のたうち回ってるようにも見えますね。



_20190604_203044

↑60%の中国軍の人員は、無知無学であり、まともな教育を受けて来なかった人たちだ!というニュアンスの英文字です。

中国とインドは、昔から仲が悪く、にらみ合いが続いてます。

インド政府は、2010年3月に発表した国防計画で、「2012年までに、中距離弾道弾による防御システムを完成させる。対象は中国とパキスタンだ」と発表しました。

中国メディアは、高まっている脅威だ!と認識して、インドが中国を、攻撃対象として核ミサイルの開発と整備を進めていると報道しました。

インドは中国を、根本的に敵視してるようですね。


_20190604_203031


_20190604_203011


_20190604_202955


_20190604_202938




天安門事件に関する、重要な海外メディアの翻訳記事です。

天安門事件とは何か?や、深い意味がある中国の法律、国家政権転覆扇動(せんどう)罪に関する、わかりやすい解説もあります。


記事タイトル:

天安門事件のWeb、中国全土ですべてアクセス不可に…6/4の30周年を前に…原因分析!唯一SouthChina MorningPostが報道!香港メディアは別のよう

2019/05/20 05:56


http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/17144990.html



サラートP永山のコメント



このような複雑な事件・事故に関しては、次の見方をすると理想的だと思います。


中立的な見方をする。


どちらの味方をする、などと偏った見方はしない。


これは、テレビ局の放送法にあることです。


気持ちに余裕が生まれるのでは。


ボクの元上司に、湾岸戦争のテレビ局の海外特派員(現地記者)がいました。


帰国してから、一緒に食事をしました。


戦争に関しては、あまり熱くなってなくて、深入りしてなかったです。


風呂に入れなくて大変だったよ!などと、自分のことを一生懸命考えてました。


気持ちに余裕があるから、客観的に見ることが出来てたのだと思います。


最初に放送法から勉強してると、人にもよると思いますが、事件・事故などに関して、一般人より気持ちに余裕を持って見ることが出来るんですね。


自分が担当した戦争に関して、無駄に感情移入してなくて、上手く線引きが出来てるようでした。


仕事などの悩みごとも、客観的に見ることで、気持ちに余裕が生まれると思います。


ヨガタイムのように、余計な雑念を断捨離して、自分のことを一生懸命考えるようにすると、理想的ですよね。


今日は風呂に入れた、美味しい食事を食べられた!幸せー!というように、自分を大切にするスタンスですね。


天安門事件に関しても、その海外特派員のように、中立的に、客観的に見ると良いと思います。



でゎ!また



サラートP永山







今年(2019年)の台風について、調べてみました。


まず、類似する台風が過去にあったので、類似点のまとめから、お伝えします。そのあとに詳しい情報をお伝えします。


類似する台風とは、平成16年台風22号です。



今年の台風予想と平成16年台風第22号の類似点


●10月に本州に来ること。


●コースが、太平洋沿岸に沿うように、緩やかな山型にカーブしてる。


比較的、日本列島の下の方を通過してる。


以下は、2019年の台風コース予想図と、平成16年台風22号のコースです。



2019年のコースの予想です。

10月の本州付近のコースに注目!

_20190531_053443




平成16年台風22号のコースです。黒のラインです。

_20190531_055540




詳しい情報のまとめです。


情報・画像出所:ウェザーニュース


記事タイトル:

今年の台風発生数は27個前後 長寿台風が増える傾向に
ウェザーニュース発表 台風傾向2019


2019/05/29 06:35


サラートP永山が、短くまとめますね!


今年の台風は、7〜8月は沖縄や中国大陸・朝鮮半島へ向かいやすくなります。


そのあと、9月頃をピークに、本州付近への接近・上陸の危険性が高まります。


秋頃は長寿台風になる傾向。


不規則な進路を取ります。


今年の10月は平年よりも、太平洋高気圧の勢力が強くなります。


今年の台風発生数は、平年並の27個前後の予想になります。


(これまでの2つを含む )


画像は今年の台風の予想です。

screenshotshare_20190530_150601


screenshotshare_20190530_150746



この記事のURL:

https://www.google.com/amp/s/weathernews.jp/s/topics/201905/280115/amp.html





9月から10月頃に本州に台風が来るのは「平成16年台風22号」と類似してます!


後々、重要な情報になるかもしれません。


動画も含めた、詳しい情報のまとめをお伝えします。



「平成16年台風22号」(2004年10月9日)詳しい情報



情報出所:Yahoo!天気・災害


●発生日時:

2004年(平成16年)10月9日16時00分頃。


●台風の様子:

フィリピンの東海上で発生した台風22号は、伊豆半島に上陸、関東地方を縦断。


発達しながら速度を上げて、伊豆半島から関東地方を通過。


伊豆の一番南にある石廊崎では、最大瞬間風速67.6m/sを観測した。


台風周辺では猛烈な風が吹いた。


横浜市では、突風により駐車中のトラック30台以上が折り重なった。


台風周辺の発達した雨雲により、東海・関東甲信地方を中心に、3日間の降水量が300~400mmに達し、記録的な大雨となった。


東京都心でも1時間降水量69.5mmを観測した。


東京メトロ南北線の麻布十番駅付近では、線路冠水の被害も発生。


死者・行方不明者9人、損壊・浸水家屋は13,000棟以上。



この記事のURL:

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/calendar/278/





以下は、Wikipediaの同じ台風の情報です。重要箇所を抜粋します。



スピードを上げながら、北上を続ける。


強い勢力を維持したまま、10月9日16時頃、静岡県伊豆半島付近に上陸。


17時過ぎ、神奈川県三浦半島を通過。


18時過ぎ、千葉県千葉市付近に上陸。


その後も45km/h以上のスピードで関東地方を縦断した。


岩手県宮古市の東で、温帯低気圧に変わった。


この台風第22号は、最盛期に920hPaと、2004年の台風の中ではトップクラスの台風になった。


衰弱前に直撃を受けた伊豆半島では石廊崎で最大瞬間風速67.6m/sを観測、大きな爪あとを残した。





以下より、この台風第22号の被害を受けた、ボクの知人の横浜市のラーメン店の店長の話です。直接ボクに話してくれました。


被害を受けた場所は、横浜駅西口の繁華街。スーパーのダイエーの少し先です。


朝から台風が激しかったため、店長は、その日はラーメン店に行くのをやめたい!とオーナーに電話した。


が、オーナーは「営業するから、一応ラーメン店に来てくれ!」と強引に店長に言った。


店長は仕方なく、そのラーメン店に向かった。


地獄絵はラーメン店の店内に到着して、すぐだった。


ラーメン店は一階で、透明のガラス張りのため、外がすべて見える。


ラーメン店の前まで、近くの川の水が溢れて来た…と思った瞬間、ラーメン店の店内
に一気に水が入ってきた。


物凄いスピードで、水がどんどん入ってきた。


あっという間に店長のお腹のあたりまで、水が来た。


下半身はすべて、水に浸かった。


急いでラーメン店の2階の事務室に逃げた。


2階に行けたので、命を守ることが出来た。


が、すぐ近所で、次の被害が起きた。


川岸のビルの地下にあるテレクラ、ストリップ劇場、その向かい付近にあるゲームセンター、パチンコ店で、洪水で溺れて10人近く死亡した。


パチンコ店では、地下が天井まで洪水の水で埋まった。


その地下で人が溺れていたので、若い男性が助けようとして地下に入ったら、溺れて死亡した。


その辺の被害の生々しい動画です。


注目して頂きたいのが、天井まで洪水の水で埋まったストリップ劇場の地下に入る、レスキュー隊などです。


ストレッチャーを地下に運んでます。


どこまでストレッチャーを運ぶのか、わかりませんが、地下に運んでます。


水中で遺体?を固定するのでしょうか?


水死した人は、お腹に水がたくさん入っていて膨らんでるケースが多いです。それを下手にいじると、破裂したり崩れるため、ストレッチャーで固定するのでしょうか?


レスキュー隊が、ダイバーのような装備です。


天井まで洪水の水で埋まった地下に潜り、行方不明者を探しに行く直前のシーンです。


以下の画像クリックでYouTubeが開きます。




このYouTubeのURL:

https://youtu.be/zwFd0rxMIrc



この動画を撮影した画像です。


_20190530_164823
_20190530_165015
_20190530_165034
_20190530_165100
_20190530_165119
_20190530_165137
_20190530_165211
_20190530_165234
_20190530_165303
_20190530_165345
_20190530_165449


↑この画像の水の真ん中に、人の顔がない?

心霊写真かも?

一応、○で囲んだり拡大しました。

_20190530_171847
screenshotshare_20190530_171753




今年は、この台風と類似するかもしれません。


今から防災を強化しましょう!


出歩かないのが一番だと思います。


どうしても外出するなら、被災地付近のホテルに宿泊する現金を持ち歩くと良いかもしれませんね。


たまに、営業してるホテルもあるようです。


ちなみに、スパやサウナは、店によっては満員でも入れてくれるようです。


床に大人数で「ざこね」になりますが、入れてくれるだけ、ありがたいですよね。


飲食店やカラオケなどが、台風で閉店しやすいのでは。


外出するなら、今から対策を考えると良いですね。


今年の台風について調べたら、10月頃に本州に来るという点で、平成16年台風22号に類似してるようなので、取り急ぎ、ご報告しました。


皆様の無事をお祈りします。



サラートP永山




↑このページのトップヘ