血の海というか血の川ですね…

拡大してみました。

_20180615_163429



拡大前の画像です。

_20180615_162836



↑この血の海の画像出所:週刊朝日


記事タイトル:

「赤ちゃんがいるんですー」新幹線内は阿鼻叫喚 通報者が語る10メートル先の“血の惨劇”


2018.6.10 11:51


https://dot.asahi.com/wa/2018061000009.html?page=2



【追記・12/27(木)】


ちなみに、血だらけの身体や遺体を救急隊はどのようにして処置するのか?調査結果です。


救急隊は、血の海の中にジャボンと入り、遺体の検査や処置をするのか?だったら、血液でヌルネルとすべって上手く行えないのでは?洗車するように、ホースの水で洗い流すわけにいかないし…どうするのだろう?と気になり、調べてみました。



情報出所:

総務省消防庁のホームページ

救急隊員の行う応急処置等の基準


http://www.fdma.go.jp/concern/law/kokuji/hen52/52050000020.htm



救急隊は血の海現場に行ったら、処置は何からどうするのか?をまとめますね。



【出血と、出血に関連したこと】


血だらけの身体、遺体を目の前にした救急隊は最初に次のことをチェックします。


●出血の部位。
(どこから血が出てるか?)


●血液の色と出血の量。


●脈拍の状態。

橈骨動脈、総頸動脈、大腿動脈等を指で触れて脈があるか?脈の強弱、規則性、早さ。


●呼吸状態。


●胸腹部の動き。


●皮膚状態。


皮膚の色、温度、付着物、吐物等の有無など。

創傷の有無や状態、発汗の状態など。


●四肢の変形の有無や動きなど。



救急隊は血だらけの身体や遺体を目の前にしたら、すぐに血を拭き取ったり、ハケなどで大量の血を掃除することはしないのでは。


上記の必要最低限のこと以外はしないと思われます。


脈や怪我の状態を見るときに、血だらけで作業が困難な場合に限り、必要に応じて拭き取ったりすることはあると思います。


救急隊は、今回の事件のように60ヶ所以上も粉々に切り刻まれたケース以外の出血なら、以下の画像のようなポリボトルに入れた液体で洗浄することもあります。


screenshotshare_20181230_105405




実はボク、救急隊がそのようなポリボトルで、交通事故の怪我人の出血した足を洗浄するシーンを見たことがあります。


が、今回の事件では、ポリボトルでは足りないですよね。


そもそもが血の海なので、その中につかってる遺体を洗浄するのは場所的にも無理では。


いずれにしても、心肺停止でも死亡でも最初に心電図の器具を身体に付けて検査しないとなりません。


心電図の検査用の器具は、胴体に付けます。


画像は心電図検査です。

screenshotshare_20181230_212015



犠牲者は、胴体から下に血が吹き出していた、という現場の情報もあります。


胴体が刺し傷だらけとか、血が吹き出している最中などのレベルなら、要は、大量の血の噴水状態なら、心電図の検査器具は付けられません。


_20181230_214834



死亡している可能性がすぐにわかります。


死亡の可能性を察知したら「脈拍なし」「呼吸なし」「呼びかけに応答なし」などと、ひとつずつ確認して記録するはずです。


チェックが済んだら、医師などの資格者により死亡診断されて、速やかにビニール袋に入れて感染防止機能が付いたシルバー色の遺体専用袋に入れるのでは。


人身事故現場によくあるような、ボートのような遺体を乗せる担架は、血だらけの遺体をじかに乗せてはいけない決まりがあるはずです。


理由は、感染の危険性があるからです。


遺体の処置をする人は全員、オペ手袋のような密閉された手袋をすると思います。


画像はオペ手袋です。

screenshotshare_20181228_220523



その手袋は、遺体をビニール袋などに収納したら、速やかに外さないとならないのでは。


医療現場では、手袋の外し方も、決められた指で決められた位置をつかんで手袋を裏返しにして外す、決められたところに捨てる、という医学の決まりがあります。


菌を手などに付着させないために。


しかも、その手袋の両手は処置を行う時以外は、自分の胸から上に上げてないとなりません。


この時、手のひらを自分の顔に向けて内側にして、物に当たらないようにします。


手袋の手が物に当たって、感染する可能性を作るからです。


遺体をビニール袋に入れたあと、手袋を外す時は慎重にやらないと危険です。


と、医学系の有資格者のサラートP永山は思います。


犠牲者は、東大院卒で研究者になって超エリートになった人です。


生前は、多くの人から雲の上の人に見られて尊敬された人ですよね。


が、殺害された時から、遺体や血液などが感染の危険性があるために、「菌として」避けられる存在になってしまいました。


大逆転ですね。


本当に、かわいそうですね。


人間、良くも悪くも何が起きるかわからないですね。



他にも、犯行直後の血の海です!

Twitterより。


screenshotshare_20180611_191944



※ ちなみに、血まみれの遺体はどのように搬送されるのか?調査結果です。


情報出所:解剖機器会社のサイト、他


●殺人事件などの犠牲者は、必ず司法解剖される。


●遺体は、司法解剖の終了後、きれいに洗浄してから遺族などに返還される。


●昔は、解剖後の病院からの輸送費は遺族負担になっていた。


最近、国の予算が付いた。


●損傷が激しい遺体は、専門家がエンバーミングすることもある。


※ エンバーミングとは、遺体を消毒したり保存処理する技法のこと。
(費用は、20万から30万程度)

必要な箇所を修復することで、長期保存を可能にする。日本では遺体衛生保全と言われている。


●今回の新幹線・殺傷事件などの「高度損傷遺体」や、鉄道人身事故、航空機墜落事故などの場合は、遺体をそのままの状態で専用の袋に入れて封印する場合もある。


(下手にいじると、感染の危険性が高く、遺体がさらに損傷するためでは)



新幹線・殺傷事件の犠牲者は、ブルーシートに隠されて搬送されました。


が、包帯やガーゼなどでグルグル巻きではなく、そのまま専用袋に入れられた可能性が高いです。


画像は、遺体専用袋。

解剖機器会社のサイトより。


_20180615_171443


_20180615_171424



感染を防ぐための機能付きです。


最初に画像のビニールの袋に入れてから、シルバーの袋に入れるのかもしれません。


食肉の内臓やレバーをパック詰めする原理と同じでしょうか?


まずは、ビニールのパックに入れないと、どうしようもないと思います。


画像は食肉のミンチです。

パック詰めにする原理は同じだと思います。

空気を抜いて真空にしてるようです。

遺体専用袋も、真空にして運ぶのでは。

screenshotshare_20180615_174136



血まみれのミンチが、たくさん転がってるようなものです。


今回の新幹線・殺傷事件のように、粉々に切り刻まれたら、包帯でグルグル巻きにしても、血液や肉片がビシャビシャ、ポタポタと垂れてくるので、タンカで普通に運べないと思います。


やはり、専用袋に入れないと無理ですね。


そこまで損傷が激しいと、感染も心配です。



犯人の画像です。

やりたいことを終えて、スッキリした顔をしてますね。

捕まったことで、安心したようにも見えます。

突き詰めて考えると、今まで野宿のホームレスだったが、刑務所という行き場を得られた安心感でしょうか?

screenshotshare_20180610_095741



情報出所:時事通信


記事タイトル:


凶器持ち込み首狙う=計画的、強い殺意か-新幹線殺傷で逮捕の男・神奈川県警


2018年06月10日07時05分


https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061000146&g=soc





画像解説:

「なた」です。

報道によると、犯人は菜切り包丁のような刃物で「なた」を使っていたとのこと。

これに近いと思われます。

この「なた」は、自衛隊の銃剣道のように垂直に相手を刺す攻撃には向いてません。

イスラム国のように、首の付け根を水平に切るタイプでは。

計画的な犯行なので、使い方や殺傷能力、イスラム国などの使い方の事例まで調べて計算していたと思われます。


_20180614_005320



以下より、犯人の顔写真と血だらけの新幹線の中の画像です!


Twitterより。


犯人の顔の画像です。

Twitterの動画を拡大してみました。

メガネをかけている若い男です。

何もなかったように普通に乗ってます。

_20180610_004957



この犯人がパトカーに乗る動画のURLです!

https://twitter.com/twitter/statuses/1005451349008400384


_20180610_004911


_20180610_004846


_20180610_005046


_20180610_005105


_20180610_005130


_20180610_005211




最新ニュースです。

URLクリックで開きます。


情報出所:朝日新聞


記事タイトル:

「むしゃくしゃしてやった」新幹線3人死傷、容疑認める


2018年6月10日0時27分


https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6B01Q3L69UTIL031.html


今後、居合わせた乗客の目撃情報や心境、犯人の動機などが新たに報道されると思います。


取り急ぎ、有力情報をお伝えしました。



ちなみに、犯人が犯行に及んだ所要時間はどのくらいか?について調査結果です。


新横浜から小田原まで新幹線でどのぐらい時間がかかるのか?です。


これは、6月10日(日)に調べたものですが、15分のようです。


報道によると、新横浜駅を出発した直後に、事件が発生したそうです。


小田原駅で緊急停車して、犯人が逮捕されました。


ということは、
犯行に及んだ所要時間は10分前後だと思われます。


画像は乗り換え案内より。


_20180610_162432




※ 夜中に見てる人、とりあえず急いで寝よう!


こんなニュースを見て頭が冴えてしまい眠れない人は、寝たままの状態で良いので、のびをするような簡単なストレッチをして深呼吸を!これでかなり眠れるようになります!


サラートP永山が実証済みです。


皆様、ちゃんと寝てくださいね!



サラートP永山



【関連記事】


【閲覧覚悟】人身事故現場の心霊写真&お片付け現場写真!


新幹線・殺傷:人を殺したい衝動が現れる精神疾患について


新幹線・殺傷:血の海現場の清掃の仕方…遺体にわく虫「シデムシ」の画像も!



画像はシデムシです。

死ぬと出るから「死出虫(シデムシ)」でしょうか?

裏の世界の常識かもしれませんね。

警察や特殊清掃業者などは詳しいのでは。


screenshotshare_20180613_201747




最新!関連記事


【閲覧覚悟】調布・小型機墜落現場(2015年7月)、真っ黒な焼死体がテレビに写ってた!→あとから緑色のシートをかけられた★画像あり

2019/04/15 23:20


http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/16497212.html