安田純平さん、心身ともに疲れてるよね!


情報発信の仕方そのものが、根拠や筋道の説明がない状態で、断片的なので混乱を与えてます。


世の中の反応がおかしくなってます。


Twitterで重要なことを途切れ途切れに書いてるから、おかしくなるのでは?


昔、E-mailを受信拒否した異性から、ショートメールで途切れ途切れにしつこく誘われたことを思い出す…


安田さんがやってること、それに似てるから。


重要なことなら、Twitterに書かなければ良いのでは。


Twitterに途切れ途切れにしてまで書かなければならない重要なことなら、サイトか新聞、雑誌、本などに執筆するのが適切ですよね。


身近なもので済む、という安易な感覚があるのかもしれませんね。


まずは、基本情報のまとめです。



情報出所:ライブドアニュース


記事タイトル:

日本政府の身代金支払い説を否定 安田純平さんのツイートが物議

2019年2月5日 10時9分


サラートP永山が、簡潔にまとめますね。


●2018年、シリアの拘束から解放された安田純平氏。


●4日、Twitterを更新した。


●日本政府が安田さんを拘束したテロリストに、身代金を支払ったことを否定した。


●安田さんは、自己責任論に関して反発した。


●本人の「自身に非はない」とする見解が、物議を醸し出している。


このニュースのURL:

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15976274/



海外に、詳しい機関や人物はいないか?英語で調査してみました。


意外ですが、日本の2件の報道機関が、すでに詳細を把握していたようです。


この情報は、サラートP永山による逆輸入の情報収集になると思います。


早速、真相についてお伝えします。



情報出所:The Times

(イギリスのメディア)



※ The Times(タイムズ)とは


イギリスで1785年に創刊された世界最古の日刊新聞。


日本の読売新聞と朝日新聞が、提携している。 


以下に、サラートP永山がこのThe Timesの記事を和訳して示しますが、読売新聞がシリア人権監視団に取材して、安田純平さんにカタールから身代金が支払われた情報を得ています。


このことから、The Timesと提携している読売新聞と朝日新聞は、身代金の支払いがあったことを、すでに知ってると思われます。


自分たちの立場が悪くなるとか、記者会見が必要になる?レベルで騒がれるので、おおやけに公開しないだけだと思います。


サラートP永山のツッコミ補足に、※印を付けました。



記事タイトル:

Syrian militants free Japanese journalist Junpei Yasuda ‘for $3m ransom’



記事タイトルの和訳:

シリアにおける、日本人のフリージャーナリスト安田純平を解放するための「$3mの身代金」について



※ Syrian militants は、シリアの戦士とかシリアで闘った人という意味にもなりますが、軍隊ではないので、翻訳するなら「シリアにおける」が自然だと思います。



※ $3mとは、

mは、million(百万)の略。

英語読みの発音は、

トゥリーミリオン・ダゥラァーズ。


この額が、カタールと一部トルコから、安田純平さんを拘束していたイスラム過激派の

Hay’at Tahrir al-Sham

(ハーヤット・タハリール・アル・シャーム)

に支払われたよ!と、The Timesは言ってます。



October 24 2018, 5:00pm,
The Times


screenshotshare_20190206_154225

_20190206_164159




【本文の和訳】


安田純平は、

Hay’at Tahrir al-Sham

(ハーヤット・タハリール・アル・シャーム)

に3年間拘束されていた。


※ Hay’at Tahrir al-Shamは、ヌスラ戦線の前の名称です。



安田純平は解放された。


それは、$3mの身代金が支払われたあとのことだ。


その件は、昨日発表された。


安田純平(44歳)は、中東を取材しているフリーランスのジャーナリストだ。


2015年、シリアを取材中に行方不明になった。


日本政府は、安田純平が解放されたことを確認した。


日本政府は身代金の支払いを拒否した。


※ 日本政府は身代金の支払いを拒否したので支払ってないよ!と、この記事では言っている。



シリア人権監視団

(英語で、The Syrian Observatory for Human Rights )

は、次のことを読売新聞の取材に語った。


カタール政府は、日本の安全のために、アルカイダにリンクしている誘拐犯グループに身代金を支払った。


話し合いの結果、トルコ政府が一部支払った。


この段階でも、日本政府はイスラム過激派に身代金を支払うことを拒否した。


安田純平は、安全でいることが確認された。



この記事のURL:

https://www.thetimes.co.uk/article/syrian-militants-free-japanese-journalist-junpei-yasuda-for-3m-ransom-l8vhdk22z





ネット上で物議を醸し出している、ということは、要は安田さんのTwitterに関して、炎上してるのだと思います。


安田さんは、根拠(証拠)や筋道などを詳しく説明しないで、一方的に断片的に、一部は事実を、一部は嘘を報じてるから、世の中の反応がおかしくなるのでは。


安田さん、サラートP永山は、同じ分野のジャーナリストの卵として、あなたという人間を否定するわけではありません。


が、あなたが発信する情報は、説明不足で一方的で断片的です。


情報を受ける側は混乱します。


せめて、根拠の説明を!


そして、筋道を立てて説明してあげてください!


ラーメン屋に行ってきた日記じゃないんだからさ、あなたの立場で「自然体」の情報発信はやめようよ!


と思う今日この頃です。



Hei, Mr.jumpai・yasuda、

テシュッキュル・エデリーム!

ギョルシューールズ!!


(トルコ語で、ありがとう!また会いましょう)


取り急ぎ、海外諜報活動の日報?まで。



サラートP永山