Tag:解放



安田純平さんが解放されたあとの最新動画です。


情報出所:共同通信


記事タイトル:

私は安田純平です 解放後の映像を公開

2018.10.24 19:33


【動画の内容】


サラートP永山が短くまとめます。


●2018年 10月24日(水)、トルコ南部ハタイ県の地元政府が、同じ日に撮影された安田純平さんの映像や写真を公開しました。


●その映像で、安田さんは英語で次のコメント。


「シリアに40カ月の間拘束されていた」


「今トルコにいて安全です。ありがとう」



この記事のURL(動画あり):

https://www.47news.jp/video/kyodo-video/2903504.html






以下は、その動画をサラートP永山が撮影したものです。毎日新聞のものあります。


_20181024_200449


_20181024_200538



_20181024_200649


_20181024_200709


_20181024_200559


_20181024_200614


_20181024_200350




【サラートP永山の分析】


安田純平さんは、途中で横を見ながら話してます。


程度はわかりませんが、認識や記憶に異常が出ていて、人に確認しながら話してるのかもしれません。


いずれにしても、脳機能、および精神面に何らかの異常は見られると推測してます。


長期的な入院が必要かもしれませんね。


今、特に異常なしでも、どう変化するかわかりません。


長期的な経過観察が必要だと思います。



サラートP永山





安田純平さん解放のニュース、海外でも大きく報じられてます。


まずは、有名なメディアの報道をお伝えします。


記事本文は、日本のニュースと変わりません。


これらの海外メディアの報道で、日本のニュースと少し変わってるところは、時系列で安田純平さんの行動を追ってる報道が多いことです。


日本のニュースなら、毎日新聞が時系列で報じてました。



情報出所:アルジャジーラ


※ カタールのドーハに本社がある、英語などの他にアラビア語でも報じてるテレビ局です。



記事タイトル:

Japanese journalist Jumpei Yasuda captured in Syria 'freed'



和訳:

日本人ジャーナリストの安田純平はシリアで拘束されていたが解放された


https://www.aljazeera.com/news/2018/10/japanese-journalist-jumpei-yasuda-captured-syria-freed-181023155332637.html



screenshotshare_20181024_091854






情報出所:BBC News


※ BBCは、英国放送協会と言います。


イギリスのラジオ・テレビの公共放送局です。



記事タイトル:

Jumpei Yasuda: Japanese journalist held hostage in Syria 'freed'

23 October 2018


和訳:

安田純平:日本人ジャーナリストは人質として拘束されていたが解放された


https://www.bbc.com/news/world-middle-east-45954637



screenshotshare_20181024_091935






情報出所:NBC


※ NBCは、アメリカの三大ネットワークのひとつになります。


NBCユニバーサルグループの主体の企業。


本部はニューヨーク・マンハッタンのロックフェラー・センター。


多くの外国人が、あらゆる国から見ると思われます。



記事タイトル:

Japanese journalist Jumpei Yasuda freed after 3 years in Syria


Oct. 23, 2018 / 11:54 AM ET


和訳:

日本人ジャーナリストの安田純平はシリアに3年いた後、解放された


https://www.nbcnews.com/news/world/japanese-journalist-jumpei-yasuda-freed-after-3-years-syria-n923331


screenshotshare_20181024_092120




サラートP永山のプチコメント




ボクは個人的に、もしかしたら安田純平さんは洗脳されて帰国するのでは?と思います。


従って、イスラム過激派の思想で帰国することになります。


情報発信などを通して、日本人が洗脳される可能性も否定できないのでは?


嫌な気配を感じてます。


これについて、議論している海外メディアはまだないようです。


議論を得意とする海外メディアは、アメリカのVICEやニューヨークタイムズです。


時間を置いてから、独自調査してみますね。


取り急ぎ、ポイントを絞ったご報告まで。



サラートP永山






↑このページのトップヘ