Tag:画像




screenshotshare_20191204_163625


イメージ画像です。

米軍の射撃訓練で使う、銃で攻撃する時の的を示したターゲットペーパー。



ボクは、陸上自衛隊の訓練経験者です。


多種類の銃や剣などを使った地上戦の戦闘など、訓練しました。


神戸山口組の幹部を射殺した犯人、朝比奈容疑者は、連射すれば当たると思った、と供述しました。


もしかしたら、殺意のレベルを隠すために、そのように供述してるのかもしれません。
 

実は、殺意を込めたから連射したことを隠したかったのでは。


ちなみに、陸上自衛隊では、連射すると当たるから、とにかく連射しろ!とは教えてません。


連射は無駄にするとマイナスになります。


当てるためには、もっと大事なことがあります。


連射が必要な場面のみ、連射します。


敵が複数人で連射してきたなど、こちらも連射しないと勝てない時に、どうしても必要な時に連射します。


陸上自衛隊では、命中させるために次のことがポイントだと教わりました。


銃を支える方の手の持ち方です。


長いライフルや銃剣なら、支える方の手でライフルなどのホルダーを作ります。


握りしめるのではなく、ライフルの筒を置くようなイメージです。


支える方の手の持ち方がしっかりしてれば、ライフルの銃口をターゲットに向ければ当たります。


支える方の手の目的は、銃器がぐらつかないためです。


銃器がぐらついたら、銃口がターゲットから外れます。


そのスキに、敵に攻撃されます。


陸上自衛隊の訓練では、つねに戦争中で実戦だと思え!と強く教えられました。


陸上自衛隊の動きは、素早いです。


無駄に連射してる暇がないです。


連射しないと当たらないな…などと、考えてる暇もないです。


無駄に連射したら、体力が消耗して、弾と時間に無駄が出て、戦争で負けます。


また、無駄に連射することにより、ジャムなど事故の危険性もあります。



※ 以下にも出てくる銃の専門用語「ジャム」について、少し事前解説します。


一番下の「ハイグリップ」というイラストにジャムのワードが出てきます。


ジャムとは、銃のジャミングのことです。


略してジャムと言います。


銃のジャムとは、何らかの原因で銃が正常に作動出来ないことです。


種類がたくさんあります。


対処法も、それぞれ違います。


基本的な原因は、銃の使用法に問題があったり、日頃の整備不良などです。


下手な連射も含めて、変な撃ち方をした場合や、銃に合ってない質の悪い弾を使った場合に多く発生します。


どんな銃も、つねに完全とは限りません。


万全な状態でも、数%の確率でジャムが起きる可能性は、どの銃にもあります。


銃の整備不良は、暴力団を含めた自衛隊以外の民間人に、よくあります。


民間人は、銃の整備を専門的に日常的にしないためです。


整備をやってはいても、専門家が近くにいなくて隠れながらやるなど、環境が整わないと専門性に欠けやすいです。


使い方も素人なら、なおさらジャムは起きやすいです。


姿勢を低くして腰を入れて、支える方の手の持ち方をしっかりすれば、無駄に連射しなくて済みます。


短銃の場合、支える方の手の持ち方は、ホルダーというよりガッチリと固定するための土台にする、とイメージするとわかりやすいです。


短銃を持つ方の手、および短銃を固定するための土台です。


銃剣は、支える方の手でガッチリと固定してはダメです。


銃剣の筒が、前後に移動できるように手のひらでホルダーを作ります。


これらは、むやみやたらに連射するより大切な基本的なことです。


暴力団は、海外で射撃の技術を磨くことが多いそうです。


が、保釈中など警察にマークされてたり、資金がなかったりすると、なかなか行けないかもしれませんね。


おそらく、朝比奈容疑者は海外で射撃の技術を磨く余裕がなかったのかもしれません。


だから、連射するしかなかったのかもしれません。


と、陸上自衛隊の専門的な見方が出来ます。 


軍隊は、無駄なことはいっさいしてはいけないので、朝比奈容疑者は軍隊で訓練は受けてないのでは。


気になるのが、射殺したとあとも顔を何発も撃っていたことです。


単に抗争だけではなく、忘れられない恨みがあり、連射が止まらなかったのかもしれませんね。


あるいは、別の見方ですが、実は射殺したあとに気持ちに余裕があり、この機会に連射させてもらおう!こういう機会なかなかないもん、と思って連射したのかもしれません。


子供っぽい感覚で、趣味で連射したのかな?とも思えます。


射撃が好きな人かもしれません。


以下より、支える方の手の持ち方の画像、イラストです。関連もあります。


まずは、自衛隊の銃剣道から。


戦争中の実戦だと、銃剣の先に刃物の矢がついてます。


銃剣は、便利に使えるように半分に折れます。


自衛隊の訓練では、画像のような柏ノ木などの木製を使います。


木銃(もくじゅう)と言います。


木銃は、矢はついてなくて、半分に折れません。


形だけ、銃剣と同じです。


いずれも、支える方の手の持ち方に注目してください!


screenshotshare_20191203_040516




↓以下は、朝比奈容疑者が神戸山口組の幹部の射殺に使ったM16ライフルです。

米軍の、連射しなくても済む正しい持ち方です。

支える方の手が、上の画像の銃剣道に似てませんか?

ガッチリと握りしめて固定するのではなく、ライフルのホルダーにしてますよね。


screenshotshare_20191203_101017




↓短銃の持ち方です。


screenshotshare_20191203_035625



screenshotshare_20191203_040133
screenshotshare_20191203_035848
screenshotshare_20191203_040016




詳しい最新情報です。



情報出所:週刊朝日


記事タイトル:

「自動小銃を連射すれば、当たる」と朝比奈容疑者 神戸山口組幹部4人が集中的に狙われる 


12/2(月) 17:48


https://dot.asahi.com/wa/2019120200068.html





次のボクの記事、アクセス殺到してます。


あらゆるキーワードで、GoogleやYahoo!で検索一位になってしまいました。


(メニューバーにもあるので、しばらくは、いつでも見られます)


記事タイトル:

【画像】桜を見る会に入れ墨・反社会的勢力。菅官房長官と握手&ツーショット【11/28(木)追記】菅氏、反社と接触は「記憶にない」では済まされない!と大手新聞社が強く批判

2019/11/22 06:33

更新日:2019/11/28(木)


http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/20298661.html


複数のテレビ局が、何回もアクセスしてます。


ワイドショーなどで取り上げられる可能性大です。


ワイドショーなどの火付け役?の執筆者のボクから、すべての報道機関に報道して頂きたいことをまとめた企画案です。


次のことにフォーカスを当ててください!


忘れてはいけない、最も重要なことです。



●桜を見る会に、入れ墨を入れた反社会勢力を招待した経緯、原因について、徹底調査してください。


●参加者を選ぶ基準は、どうなってるのか?誰が、どのように、どういうタイミングで決めてるのか?参加者の採用基準は?その辺を明確にしてください。


●チェック機能はあったのか?


●何のための「桜を見る会」なのか?目的は?反社を招待したことは、その目的達成に必要だったのか?


●功績のあった人を招待して、励ます会なのか?金儲けもあるのでは?金の動きも明確にしてください。


●「桜を見る会」の歴史、ことの発端を年表にして、わかりやすく説明してください。


●「桜を見る会」は不必要だと思いますが、本当に必要なのか?今まで、どうしても必要だったのか?


●安倍総理の国民への説明責任は、どうなってるのか?「本人」にインタビューしてください。


●安倍総理、菅官房長官の今の心境は?特に、ネットで反社を招待した情報や画像などが拡散されてるが、どう感じてるのか?具体的にお話をお伺いしたい。



■他社と企画などがダブらない秘訣について提案

(テレビ局向けに書いてる部分もありますが、新聞社や週刊誌、ニュースサイトなどは応用して頂ければ、と思います)


題材が同じだと、どうしても他社と企画が重複してダブってきます。


番組に招いたり、取材する有識者を、他社では絶対に選ばない大物にすれば、独自性を発揮できると思います。


大物の有識者は、ひとつの番組で数分しゃべらせて数十万円など、ギャラが高くなります。


が、独自性を高めれば、視聴率が上がります。


視聴率が上がれば、元が取れるところまで行けると思います。


ある有識者でダメなら、改めて別の方法を考えるのです。


また、有名ではなくても、将来有名になる大物有識者の候補を狙って取材する方法もあります。


例えば、大学の法学部などの、教授や学生の研究グループです。


成長段階にある人たちです。


ボクは、医学系の国家資格を持ってる関係で、あらゆる医学書を読みます。


多くの医学書に、特にアメリカの大学の研究グループの実験結果が載ってます。


報道も、大学の研究グループの活動内容を取材しても良いと思います。


現状維持は後退を意味する、というヒジネスの基本的な概念があります。


どんどん試して行くと理想的です。


報道は、一種のショービジネスです。


視聴者や読者は、感覚やニーズがずっと同じではありません。


演出も重要な要素です。


世の中の動きに合わせて、そのつど仕掛けを変えていくことも必要です。


報道各社様、いつもボクの記事をお読み頂き、誠にありがとうございます。


今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。



サラートP永山



画像は関連パロディです。

桜吹雪の入れ墨。


_20191127_011124




【新しいご報告】


11/26(火)の深夜、その急上昇した記事に、冗談で「いっそのこと、反社ではなくイスラム国を呼べば良かったのに」と追記として書いたら、一気に検索順位が落ちてました。


Google大先生は、冗談が通じなくて、テロ事件を誘発するワードだと勘違いして、検索順位を下げた可能性も…


例えば、アダルト的なシモネタを記事のテキストに含むと、一気に検索順位が落ちることがよくあります。


イスラム国を呼べば良かったのに…が、冗談通じなくて、それに近かったのかな?と思われます。


が、そのワードを削除して、経済的に豊かになるようなテキストや、自分のコメントを更新すると、また検索順位が上がり元に戻る時が過去にありました。


専門書によると、Googleのペナルティ判定にひっかかることに近いです。


記事をまだ削除されてない場合は、問題のあるワードを削除して、更新すると、2週間ほどで回復するそうです。


ボクの場合は、独自性の高い自分のコメントを新たに入れたことで、そのような現象が一日で回復した時もありました。


しばらくは、様子を見たいと思います。


SEO対策の重要事項に、「Google大先生は冗談が通じない」があることを覚えておくと理想的ですね。



※ 追記・11/28(木)AM11:01


そのアクセス殺到の記事、イスラム国を呼べば良かったのに…のワードを削除して、独自性の高い自分のコメントを追記したら、回復してきました。


「反社会的勢力」を含めたキーワードで、画像のところで一位になってました。


端末により、検索順位の表示は違うと思いますが、キーワードからのアクセスがまた増えてるので、ボクの検索結果と大きく変わらないと思います。


このブログのカテゴリのランキング結果と、ボクのブログの中での人気記事のランキング結果をご確認頂くと、おおよそが読めると思います。


下に↓スクロールすると、載ってます。





↑このページのトップヘ