Tag:対策



菅首相がマスクをして会食を!とスピリチュアル入った非現実的なことを要請し始めました。


それを口走った時点で、もぅ現世にいないよね。


どこの世界にトリップしちゃってんだよ!こちらの世界に帰っておいでー!と言ってあげたくなる…


その報道を見て、理想はわかるけど、無理なことを言ってるな…現実的に考えられないのかな?と思いました。


会食の予定がすでに入ってたり、会食したいけど、マスクしながらは無理!と困惑してる人がたくさんいると思います。


そこで、不可能を可能にするアイディアを考えました。


マスクやシールドの代わりになる透明うちわを口元に当てて、会食したら良いのでは!


せっかくなら、カラフルでカワイイ、おしゃれ、年末年始向きで華やかに光る、薄暗い空間でキレイ★!などの「仕掛け」がある透明うちわなら、顔も隠れないし、会食がさらに楽しくなります♪


早速ネットで調べたら、多種多様にありました!


びっくりしましたが、結婚式用の席札が、コロナ流行の前から透明うちわ型のものが多種多様にありました。


こういうものを口元に当てて会食したら、マスクの代わりになりますよね。


無理なく自然に飲食出来ます。


デザインがおしゃれなものが多いので、コロナのストレスが多い中、気分が上がります。


以下より、画像と解説、販売サイト、価格などの情報です。

(最新の情報を確認してくださいね)



●販売サイト:モノタロウ


※キーワード「光る透明うちわ」で、光るうちわが多種多様にアップされました。


mono89849156-180326-02



【解説】

スイッチを押すと、7パターンに光り方が変化。


透明板をニードルなどで引っかいて、イラストや文字などを自由に描く。


ライトをつけると、作品が美しく浮かび上がる。


蛍光クレヨン・絵の具などで描いても、色鮮やかになり美しい。


価格:1枚100円~1000円


【オススメ用途】

忘年会、新年会、パーティーなどの華やかな会食。

手作り出来るものなら、子供の自由研究。


※補足情報

芸能人応援用の手作りうちわで透明のものが、あちこちのサイトで多種多様にありました。


まとめて購入したい場合で、手作りするものでも構わないのなら、デザインなどの幅が広がるのでオススメです。


子供用に手作りを楽しみながら日常に取り入れても♪





●販売サイト:楽天


20201120_195812



【解説】

クリアでかわいい!

ミニうちわ型のアクリル席札(1名様分) 結婚式 席札。

結婚式 席札の印刷込み。


定価:660円


【オススメ用途】

少しかしこまった式典、

結婚式、記念行事、女子会、

おしゃれな雰囲気にしたい会食。



そもそも、マスクを付けて会食を!と国が要請を出すぐらいなら、会食は一定期間「禁止」にしないと意味ない!中途半端にしても無駄では…と、医学系国家資格取得者のボクは思います。


が、経済を回すことを止めるわけにはいかないとか、国民にストレス発散の機会を与えないと、犯罪や自殺が増えるなど、背景事情があるのでしょうね。


ならば、不可能を可能にするアイディアも紹介しながら要請を出さないと、非現実的で一方的な要請になってしまいます。


なにスピリチュアルなこと言ってるんだよ!寝ぼけたこと言わないで!ということになってしまいます。


国の偏った非現実的な一方的な要請をサポートする意味も兼ねて、ボクのアイディアをお届けしました。







国内外のインターネット上の、ひぼう中傷に関する意見や対策が、ワイドに報じられてます。


医療行為が出来る医学系の国家資格を取得していて、精神医学、心理学も勉強しているボクのコメントです。


もし、ボクが被害者だったら、インターネット上の、ひぼう中傷に関して、どう捉えるか?


それを最初に説明します。


医学系の国家資格を取得していて、精神医学、心理学も勉強している関係で様々な分析が出来るから、まず気にしません。真に受けません。


そして、それらの加害者たちを、攻撃してくる人間だと思わないで、一種の「集合体」や「群れ」である、と「客観的」に捉えます。


一種の「集合体」や「群れ」であると捉えることを医学では、分類と言います。


そうすると、かなり楽です。


ネガティブな書き込みをする人は、精神医学で分析すると、次のような原因があります。


●日頃の解消されないストレスを、書き込みをすることによって「置き換え」して、発散している。


精神医学や心理学では、専門用語で「置き換え」と言います。


「置き換え」とは、葛藤や、満たされないストレスを他に置き換えることです。


無意識のうちにやってしまいます。


現実逃避でもあります。


●精神医学書によると、自閉症の症状の「かんしゃく発作」や、病的なクレーマーなど、しつこく攻撃してくる人は、「やめろ!」と封じ込めをするのではなく、「発散」させる必要があります。


ある程度、発散させてから、必要な言葉をかけると良いそうです。


書き込みをする人も同類で、一種の「発散」のケースが多いと思います。


書き込みをする人達を法整備して封じ込めても、他の犯罪や問題行動に移行する危険性があります。


厄介です。


●アスペルガー症候群や、自閉症などの発達障害者の場合、「かんしゃく発作」として、問題行動を起こします。オンライン上の書き込みも含まれると思われます。


一種の特性なので、それなりの対処が必要です。


●精神医学では、それを繰り返す場合、依存傾向にある、と言います。


依存症は、次の3つに分類されます。


■ 物に対する依存症

■ 人に対する依存症

■ 行為に対する依存症


書き込みは、繰り返す場合、行為に対する依存症です。


ボクは、それらの行為をする人達を「集合体」や「群れ」と見て、医学的な分類をします。


まずは、そのようにカテゴリに分けてしまいます。


客観的に見ることが出来るので、気が楽になります。


精神医学、心理学を勉強していると、このように学術的分析が出来ます。


書き込みなどに、悩まなくて済みます。


悩んで自殺しようと思わなくて済みます。


それを考えると、日本の義務教育に、精神医学、心理学、内科学を必須科目として導入すると理想的です。


screenshotshare_20200601_112217



それらの基本的な知識があると、自分や周囲の心身の健康管理に役立ちます。


医療崩壊を助けるかもしれません。


政府機関の方、読んでいたら、抜本的な教育改革をお願いします。


国会で議題にあげてください!


この声、内閣府に届け!!


でゎ、またです!



サラートP永山






↑このページのトップヘ