Tag:子供兵士



パキスタンでテロ事件が起きました。


概要は次の通り。


情報出所:AFP


記事タイトル:

パキスタンで武装集団が5つ星ホテル襲撃、中国が支援する大規模開発の中核地

2019年5月12日 8:28 


サラートP永山が、簡潔に解説しますね。


●事件現場:

パキスタン南西部バルチスタン州の港湾都市グワダル。


中国が支援する総合インフラ開発計画の中核地である。


●事件日時:2019年 5月11日。


●内容:

武装グループの男3人が、5つ星ホテルを襲撃。

1人が死亡。

 
●パキスタン軍の発表:

男らは、グワダルのパール・コンチネンタル・ホテル(Pearl Continental Hotel)の入り口で警備員1人を射殺。


グワダルで死者が出る襲撃が起きたのは、この1週間で2度目になる。



※ 画像は、パキスタンのパール・コンチネンタル・ホテル。

旅行サイトより。

パキスタンも、旅行に行けなくなりましたね。

そういう危険な国が増えてます!

screenshotshare_20190512_092243
_20190512_102600
_20190512_102618




●パキスタン軍の報道官のコメント:

ホテルの客は安全に避難した。武装した男らは最上階に上る階段で治安部隊に包囲されているところだ。


●その地域の中国の開発について:

開発現場は、バルチスタン。


中国がその広域経済圏構想「一帯一路(Belt and Road)」の一環として支援。


数十億ドル規模の総合インフラ開発計画の、中国・パキスタン経済回廊(CPEC)で、複数の大型プロジェクトが進められている。


この開発計画は中国の新疆ウイグル自治区とアラビア海に面しているグワダルを結ぶもの。


●その開発計画の目的:

中国が、石油資源が豊かな中東へのアクセスが改善されること。利便性が狙い。


●この開発計画は結果として何を生んだか?:

住民がバルチスタン州の資源の恩恵を公平に受けていないことを主張する分離主義者が、攻撃する原因になっている。テロ事件を誘発している。


このニュースのURL:

https://www.afpbb.com/articles/-/3224573?cx_part=top_topstory&cx_position=1





バルチスタン解放軍(BLA)について簡潔に解説します。


情報出所:公安調査庁


記事タイトル:

国際テロリズム要覧
(Web版)
> 国際テロ組織
> バルチスタン解放軍(BLA)

Balochi Liberation Army



●活動地域:

パキスタンのバルチスタン州。


●組織について:

「バルチスタン解放軍」(BLA)は,パキスタン南西部・バルチスタン州などに多く住むバルーチ人による分離独立を目的として活動する過激組織。


活動拠点は、バルチスタン州デラ・ブグティ地区。


●BLAによる過去のテロ事件:

2017年5月、バルチスタン州グワダル港近郊で道路作業員への銃撃事件(10人死亡)。


犯行を自認した。


中国パキスタン経済回廊(CPEC)構想を非難した。


治安当局やバルチスタン政府、そのインフラなどが標的。


散発的にテロを継続。


●BLAの複雑な共闘関係:

同じ目的でテロを行う「バルチスタン解放戦線」(BLF)および、「バルチスタン共和軍」(BRA)と共闘関係になっている。


●パキスタン政府の動き:

BLAは2006年4月、パキスタン政府により非合法化された。


以下は、分離独立が目的で活動する過激組織に対しての対応。


降伏した構成員には補償金を支払うなどの政策を取った。


2017年4月、バルチスタン州クエッタでBLA構成員、約500人が投降した。


●各過激派グループの活動拠点について:

バルチスタン辺境軍(FC Balochistan)司令官の発表は次の通り。


2012年6月、バルチスタン州内には121か所の反政府武装勢力の拠点がある。


■ BLAの拠点→そのうち40か所。


■ BRAの拠点→そのうち26か所。


■ BLFの拠点→そのうち19か所。


この記事のURL:

http://www.moj.go.jp/psia/ITH/organizations/SW_S-asia/BLA.html


以下は、バルチスタン解放軍(BLA)の画像です。


画像出所:the diplomat

記事タイトル:

Understanding Pakistan’s Baloch Insurgency
(和訳:パキスタンの紛争への理解)

June 24, 2015


https://thediplomat.com/2015/06/cracking-pakistans-baloch-insurgency/


screenshotshare_20190512_100745



↑ターバンや衣装がアフガニスタンっぽいですね。
タリバンがイメージされます。それに近いのでしょうか?





情報出所:

شیرمردان بلوچ


http://wisgoon.com/pin/894022/


ペルシャ語のようです。


شیرمردان بلوچ

の意味は、

Baluchi lion man(バルチ・ライオンマン)です。


バルチの神聖なる強い戦士たち、という意味だと思われます。


ちなみに、古代エジプトではライオンを神聖なものとして捉えてます。


ウサマ・ビンラディンの息子のハムザ・ビンラディンの「ハムザ」は、ライオンという意味です。


↓meaning(意味)を教えてくれる英語のサイトhamariwebです。

このサイト内の検索窓に、意味を知りたい英単語を入れると、意味の説明が出てきます。

https://www.google.com/amp/s/hamariweb.com/names/muslim/arabic/boy/hamza-meaning_2521/amp/

screenshotshare_20190512_102006



意味深ですね!


英語だけのキーワード、

Balochi Liberation Army
(バルチスタン解放軍)

で上位に出てきたので、関連として公開しました。

Balochi Liberation Army(バルチスタン解放軍)の子供兵士だと思われます。


screenshotshare_20190512_100854








ソマリアで、テロ事件を起こすイスラム過激派のアル・シャバブ。


普段、どんな素顔なのか?


ソマリアの現地情報を英語で探ってみました。


ボクが独自に編み出した検索キーワードをお知らせしようと思いましたが、企業秘密にしておきますね。


日本やアメリカの報道機関や、政府機関がキーワード「サラート永山」などでボクの記事に訪問してるので、検索キーワードまで書いたら色々めんどくさいです。


しばらく秘密にしておきたいと思います。


ご理解頂ければ、幸いです。


知的財産のような、重要文化財だと思ってください!(笑)



情報出所:

al-Wasat – الوسط

(アル・ワサットと読むと思われます)



※ al-Wasat – الوسط
(アル・ワサット)とは


2002年9月7日に、バーレーンの首都マナマで生まれたアラビア語の新聞。


変な話、ソマリアのアル・シャバブについて詳しい情報を得たいなら、al-Wasat (アル・ワサット)の記事を追いかけると、

It's better(適切)かもしれません。


日本の報道機関、熟知してるかな?



記事タイトル:

IN PICTURES: Somalia’s Harakat al-Shabab al-Mujahideen, Part 8: Defiance in Baraawe for ‘Eid al-Adha

5 years ago



記事タイトルの翻訳、および和訳:


写真集:ソマリアで、イスラム教の犠牲祭を過ごすアル・シャバブのムジャーヒディーンや反逆者たち



上記は、サラートP永山がわざわざ翻訳して、わかりやすくしてます。


英語というか、ほとんどアラビア語の記事タイトルをそのまま和訳すると、こうなります。



ソマリアのハラカ・アル・シャバブ・ムジャーヒディーン Part 8:イード・アル・アドハー(イスラム教の宗教的な祝日)を生きるブラバの反逆者たち



【これらの用語解説】


●Harakat(ハラカ)→


アル・シャバブの名前の前についてるので、

Harakat al-Shabab

が、ソマリアでのアル・シャバブの正式名称かもしれません。


Harakat(ハラカ)とはイスラム運動のことで、英語の情報によると、反乱を起こすために動くジハードのような意味もあるとのこと。


アル・シャバブの前についてるワードなので意味は深いです。



●Baraawe(ブラバ)→


ソマリア南部の港町。


ソマリ語、スワヒリ語を話す人種がいる。ブラバはアフリカ東海岸。



●Eid al-Adha
(イード・アル・アドハー)→


イスラム教の宗教的な祝日・祭日になる。


イブラーヒームが、進んで息子のイスマーイールをアッラー(イスラムの神様)への犠牲として捧げた日で、世界的な記念日。


短い説教の儀式から始まる。 


イスラムの二大祭のひとつで、羊などの動物をアッラーに、生贄(いけにえ)として捧げる日。


「犠牲祭」ともいう。


縁がない日本人に、わかりやすく言うなら「イスラム教のお祭り」ですね。



●Mujahideen(ムジャーヒディーン)とは


アラビア語で「ジハードを遂行する者」を意味するムジャーヒドの複数形。


戦士が複数いる、という意味。


一般的には、イスラム教の大義にのっとったジハードに参加する戦士たちのこと。


出所を残して公開してます。


_20190206_201424




【画像解説】

Al-Shabab’s official spokesman, ‘Ali Rage


和訳:

アル・シャバブのスポークスマン、アリ・レイジ

_20190206_185350




本文の和訳は、画像中心のサイトのため、ないです。


_20190206_185437
_20190206_185454
_20190206_185511
_20190206_185527
_20190206_185545
_20190206_185600
_20190206_185617
_20190206_185646
_20190206_185701




以下は、別の海外メディアより。


出所がわかるようにしておきました。


アル・シャバブの訓練風景です。

_20190206_185319


_20190206_185254



↑このページのトップヘ