Tag:ソマリア



ソマリアで、テロ事件を起こすイスラム過激派のアル・シャバブ。


普段、どんな素顔なのか?


ソマリアの現地情報を英語で探ってみました。


ボクが独自に編み出した検索キーワードをお知らせしようと思いましたが、企業秘密にしておきますね。


日本やアメリカの報道機関や、政府機関がキーワード「サラート永山」などでボクの記事に訪問してるので、検索キーワードまで書いたら色々めんどくさいです。


しばらく秘密にしておきたいと思います。


ご理解頂ければ、幸いです。


知的財産のような、重要文化財だと思ってください!(笑)



情報出所:

al-Wasat – الوسط

(アル・ワサットと読むと思われます)



※ al-Wasat – الوسط
(アル・ワサット)とは


2002年9月7日に、バーレーンの首都マナマで生まれたアラビア語の新聞。


変な話、ソマリアのアル・シャバブについて詳しい情報を得たいなら、al-Wasat (アル・ワサット)の記事を追いかけると、

It's better(適切)かもしれません。


日本の報道機関、熟知してるかな?



記事タイトル:

IN PICTURES: Somalia’s Harakat al-Shabab al-Mujahideen, Part 8: Defiance in Baraawe for ‘Eid al-Adha

5 years ago



記事タイトルの翻訳、および和訳:


写真集:ソマリアで、イスラム教の犠牲祭を過ごすアル・シャバブのムジャーヒディーンや反逆者たち



上記は、サラートP永山がわざわざ翻訳して、わかりやすくしてます。


英語というか、ほとんどアラビア語の記事タイトルをそのまま和訳すると、こうなります。



ソマリアのハラカ・アル・シャバブ・ムジャーヒディーン Part 8:イード・アル・アドハー(イスラム教の宗教的な祝日)を生きるブラバの反逆者たち



【これらの用語解説】


●Harakat(ハラカ)→


アル・シャバブの名前の前についてるので、

Harakat al-Shabab

が、ソマリアでのアル・シャバブの正式名称かもしれません。


Harakat(ハラカ)とはイスラム運動のことで、英語の情報によると、反乱を起こすために動くジハードのような意味もあるとのこと。


アル・シャバブの前についてるワードなので意味は深いです。



●Baraawe(ブラバ)→


ソマリア南部の港町。


ソマリ語、スワヒリ語を話す人種がいる。ブラバはアフリカ東海岸。



●Eid al-Adha
(イード・アル・アドハー)→


イスラム教の宗教的な祝日・祭日になる。


イブラーヒームが、進んで息子のイスマーイールをアッラー(イスラムの神様)への犠牲として捧げた日で、世界的な記念日。


短い説教の儀式から始まる。 


イスラムの二大祭のひとつで、羊などの動物をアッラーに、生贄(いけにえ)として捧げる日。


「犠牲祭」ともいう。


縁がない日本人に、わかりやすく言うなら「イスラム教のお祭り」ですね。



●Mujahideen(ムジャーヒディーン)とは


アラビア語で「ジハードを遂行する者」を意味するムジャーヒドの複数形。


戦士が複数いる、という意味。


一般的には、イスラム教の大義にのっとったジハードに参加する戦士たちのこと。


出所を残して公開してます。


_20190206_201424




【画像解説】

Al-Shabab’s official spokesman, ‘Ali Rage


和訳:

アル・シャバブのスポークスマン、アリ・レイジ

_20190206_185350




本文の和訳は、画像中心のサイトのため、ないです。


_20190206_185437
_20190206_185454
_20190206_185511
_20190206_185527
_20190206_185545
_20190206_185600
_20190206_185617
_20190206_185646
_20190206_185701




以下は、別の海外メディアより。


出所がわかるようにしておきました。


アル・シャバブの訓練風景です。

_20190206_185319


_20190206_185254





ソマリアで、al shababがまたテロりました!


爆発した車の画像が、日本にあまり出回ってないようなので、サラートP永山が英語で入手した画像&現地情報を和訳して報道します。


今までに何回も、ボクが先に現地の画像や情報を報道して、あとから日本のテレビ局が報道してます。


突っ込んでも、しょうがない。


ま、いいや。。



サラートP永山のツッコミ補足に、
※ 印を付けました。



情報出所:dailytrust

dailytrust(デイリー・チョラストゥ)とは、2001年に生まれたナイジェリアの新聞社、Media Trustの日刊紙。


※ 英語読みで、Trustをトラストとは発音しません。

それ、不動産屋とかの名称でしょ!

Trustは、チョラストゥと発音します。



記事タイトル:

SOMALIA: Car bomb attack in Mogadishu kills 11 people


Feb 5, 2019 1:03 AM



記事タイトルの和訳:

ソマリア:モガディシュで、車爆弾攻撃で11人殺害された


screenshotshare_20190205_164638
screenshotshare_20190205_164701




※ モガディシュとは、ソマリアの首都。

インド洋に面したアフリカの東側に位置する。

2012年に成立したソマリア連邦政府の統治下にある。

議会や大統領府がある。

だから、狙われたのでは?



ソマリアの首都、モガディシュの地図です。

screenshotshare_20190205_170557


screenshotshare_20190205_170436


screenshotshare_20190205_170538



記事本文の和訳:


ソマリアの治安当局の発表はこうだ。


とてもパワフルな車爆弾攻撃だった。


ソマリア首都のモガディシュの、ショッピングモールで起きた。


11人が殺害された。


警察所長のモハメッド・ハサンは、月曜日の爆発で10人が負傷したと発表した。


車に爆弾をたくさん積んでいた。


ソマリア政府機関の事務所にも近い。


他のソマリア当局職員のモーリン・アリの発表はこうだ。


一般市民の一人は、爆発によるビルの崩壊で死亡した。


それは、Hamarweyne marketで起きた。



※ Hamarweyne marketは、立派な商業ビルというイメージです。

が、実際は自然が多い地域の、野性的な市場ですね。

以下の画像がテロ攻撃される前の
Hamarweyne marketです。

screenshotshare_20190205_172448



このニュースのURL:

https://www.dailytrust.com.ng/somalia-car-bomb-attack-in-mogadishu-kills-11-people.html



【サラートP永山のコメント】


日本の報道機関は、海外から現地の画像や動画を入手するのが、本当に遅いです。


これ、テレビ局で審査を通す必要があるから、など法的な理由か?海外メディアの調査方法がわかってるようで、ありきたりすぎてイマイチわからないのか?


なんでだろ?


器用な人が少ない?


ジャーナリストの先生方に、ヤフー!知恵袋で質問したいッス!


さんくす!



サラートP永山



【追加!】


AFRICA現地情報!負傷者の画像!

VOA Newsより。


記事タイトル:

Al-Shabab Claims Responsibility for 2 Somalia Attacks

Last updated on: February 04, 2019 2:48 PM


和訳:

Al-Shabab は、2つのソマリアの攻撃について犯行声明を出した


https://www.google.com/amp/s/www.voanews.com/amp/4771359.html

screenshotshare_20190205_181920





↑このページのトップヘ