Tag:コツ



ボクはパンやおにぎりなどの、お米料理が大好きです!


これらは糖質が多く、体内で排出されずに脂肪として蓄えられます。


今、医者が書いた糖質オフ料理の本を読み終わりました。


著者の医者本人が糖尿病で、糖尿病や動脈硬化になるメカニズムを次のように書いてました。


油脂は、細胞幕やホルモンの材料になる。


余った脂肪は体外に排出される。


油脂は、体内に蓄えられない。


糖質の場合、話は別だ。


糖質は、筋肉で使われる。


余りは肝臓で蓄えられる。


それでも余った糖質は、脂肪となって体に貯蔵される。


体脂肪の原料は、糖質以外の何物でもない。


糖質をなるべくとらないようにすると、脂肪は蓄えられない。


ごはんやパン、麺類などの主食(米、小麦粉)に糖質が多い。


主食を控えれば、糖質カットにつながる。



糖質オフの方法は、次のように3段階のレベルがある。


●プチ糖質オフ

(単純にやせたい人)→

夜のみ主食を抜く。



●スタンダード糖質オフ

(血糖値を下げたい人)→

朝と夜のみ主食を抜く。



●スーパー糖質オフ

(糖尿病や肥満を改善したい人)→

朝、昼、夜のすべて主食を抜く。



糖質をとりすぎると、体が緊急事態だと捉える→インスリンが大量分泌される。


血糖値が高いと、糖質がインスリンにより、筋肉と肝臓に分配される。


それでも、大量の糖質が残る。


大量の体脂肪となって、体に貯蔵される。


お腹周りの内臓脂肪が厄介だ。


血液中の糖質、脂質、血圧コントロールに悪影響を及ぼす。


血糖値の乱高下が繰り返される。


インスリンが効き目がなくなる。


血糖値を下げることが出来なくなる。


血管に糖があふれる。


インスリンを出す気管も、疲弊して機能不全になる。


これが糖尿病。


糖尿病になると、次の疾患になりやすい。


血管に糖があふれてると、血管を傷つける。


これが動脈硬化。


糖質とりすぎは、健康被害が拡大する。


※※※


これだけ読んでしまうと、糖質が毒だとわかり、怖いですよね。


パンやお米料理大好きなボクは、食生活の見直しを次のように考えました。


まだ糖尿病や肥満にはなってません。


が、予備軍です。


この医者の本を読んで真似しようとしても、例えば、カレーライスにするお米を、皮を取ったナスの輪切りに変えたり、めんどくさいことばかりです。


そこで、次の提案を考えました。


お米やパン、麺類を完全に食べない生活は無理なので、それらが多い外食をなるべく控える。


自炊の時は、お米を炊くときに、半分はお米に似たものを混ぜる。


皮を取ったナスだけなど、寂しくしない。


お米やパンケーキなど小麦粉が入ったものには、キノコ類や大根、おからなど白っぽい食材を半分混ぜる。


麺類なら、大根をピーラーで麺のようにスライスして、食器の一番下に敷く。

(ボクは個人的に、こういう調理の野菜を「敷き野菜サラダ」と命名してます)


主食の食器の中は、すべてを主食にしない。


半分は白っぽい糖質オフ食材を混ぜる。


これをルールにする。


お米などに混ぜる白っぽい糖質オフ食材を「白っぽ食材」と命名して、1週間分で2つのタッパに作りおきする。


お米を炊くときなどに、適量入れる。


これを続ければ、主食を抜くことなく、糖質オフ生活が可能です。


健康被害も少なくなります。


糖尿病や肥満で悩んでいる人も、改善に向かいます。


「白っぽ食材」は、イモ類やカボチャは糖質が多いから、ダメらしいです。


糖質が少ない白っぽい食材を、日々、スーパーやネットでリストアップしておくと良いです。


脂肪は適量なら体に良いので、クリームチーズやヨーグルトを「白っぽ食材」の仲間入りにしても、良いです。


パンは、自分で作れるマシーンを買おうかと思ってます。


これがあれば、おからなどの「白っぽ食材」をたくさん混ぜた「ヘルシーパン」が日常的に作れます。


画像は、おからパウダーです。


お米やパン、麺類より、おからパウダーの料理を先にマスターすると、健康的な生活が送れますね。


screenshotshare_20190310_150308




おからは、タンパク質もとれるのでオススメです!


あと、バカの一つ覚えのように、糖質オフの温野菜サラダや緑黄色野菜のおひたしを、たくさん作りおきしておくのもオススメです!


とりあえず、これらを定番にして冷蔵庫に押し込んじゃうのです!


そうすれば、悩まなくて済みます。


心理学で「決定疲れ」と言いますが、どうしよう?と迷うことが脳を疲れさせて、心身の健康に悪いそうです。


バカの一つ覚えで良いので、もうパターンを決めてしまうと良いです。


マンネリしたら、少し変えれば良いです。


調味料だけを変えても良いです。


マンネリして困ることの方が、健康被害は少ないです。


あと、スポーツ栄養学情報で知ったのですが、力士が食べてる「ちゃんこ鍋」が、一番健康に良いそうです。


季節を問わず、日常的に「ちゃんこ鍋」を食べることをオススメします。


取り急ぎ、現代人の食生活に危機感を感じたのでご報告まで。



サラートP永山







「食事が体の免疫を作っている」と言ってる、お料理大好きな友人がいます。


その友人は、日頃から調理に時間をかけるそうです。


ボクも、食生活は重視してます。


が、調理に時間をかけるのが、時間がもったいないし、めんどくさくて嫌です。


そこで、裏ワザを考えました。


ザックリと書きますね。



節約しながら食生活をベストにする裏ワザ




■ 温野菜をたくさん作っておく


例えば、ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、カボチャ、ブロッコリー、アスパラ、キャベツ、サツマイモなどです。


カレーに入れるような野菜です。


味付けをしない状態で、冷蔵庫に入れておきます。


画像はイメージです。

screenshotshare_20180620_235245



入れ物は、大きめのタッパがオススメです。


小さめのタッパに、いちいち小分けして入れることは時短にならなくて非効率だから、ボクは避けてます。


大きめのタッパなら、ゆでた野菜を多種類、一気に入れてしまえば良い。


ゆでた野菜のメニューは、次のように何通りにも使えます。


●温野菜サラダ

(カニかまぼこを小さくちぎったものを入れて、ドレッシングやマヨネーズか、それにヨーグルトをほんの少し混ぜたもの、粉チーズをかけると美味しいです♪)


●みそ汁

(カボチャやサツマイモなどの根菜に、野菜や魚介のかき揚げ天ぷらか、さつまあげをちぎったものを入れると美味しいです♪)


※ かき揚げなどをみそ汁に入れる時は、規則正しく切らないで、手でちぎると美味しくなります。野菜のかき揚げは、タマネギが入ってるものがみそ汁に合うのでオススメです♪



●から揚げ入り温野菜サラダ


●ギョーザ入り温野菜サラダ


●シューマイ入り温野菜サラダ


●カレーライス


●シチュー


●コンソメ味のスープ


●ドリア


●豚汁


●煮物


●野菜入りのおでん


●ポトフー


●黒胡椒などをふって、そのままお弁当に。


●肉じゃが


●キムチ肉じゃが

(普通の肉じゃがに、キムチのもとをお好みで入れる。水は少なめに)


●野菜入りの肉豆腐

(ひき肉を入れると美味しいです♪)


●ケークサレ

(炊飯器でホットケーキの粉で作れる)


●オムレツ

(豆を入れるとスペイン風に)


●トマトシチュー



アイディア次第で何通りも作れますよ!



時間がない時は、温野菜サラダにすれば、そのまま食べられるので便利です。



■ 漬け物をつねに3種類ぐらい買っておく


その漬け物の液体は捨てない。


お好みの野菜を大ぶりに切ったものをその液体に入れる。


漬け物と混ぜても良い。


この時も、大きめのタッパに入れると便利です。


ボクは、売ってる漬け物の入れ物に、そのまま切った野菜を入れてます。


これで野菜のおかずは節約出来てるし、品数もベストです。


あとはお米を炊いて、おかずだけ安いものを買ってくるか、出来れば、おかずも自炊します。



■ おかずを簡単に自炊するコツについて


案外、中華にすると安上がりでヘルシーで簡単です。


ボクがよくやってるのは、ギョーザスープ、白い麻婆豆腐、サムゲタン・スープです。


これらは、インスタントのもとが売ってます。


大手スーパーなら、あると思います。


これらに、鍋物に入れるような材料(鶏肉、豆腐、ネギ、青菜など)を入れます。


あっという間に、美味しく出来上がりますよ!


夏場で火を使いたくないときは、サラダだけ買ってきて、冷やし中華、冷やっこなどにボン!と乗せると美味しいです。


胡麻ドレッシングを好みでかけると、さらに美味しくなります。


豚肉を入れると、豚しゃぶサラダにもなりますね。


このようにして、節約しながら食生活をベストにしてみてくださいませ!


とっくにクリアしてる方は、確認の意味でお読み頂ければ、と思います。


ではまた!



サラートP永山





↑このページのトップヘ