Tag:コツ



そろそろ買い占めや混雑が予想されます。


年末年始のまとめ買いは、「早くないか?」と思うかもしれませんが、クリスマス前にすべて完了することをオススメします。



年末年始のまとめ買いのコツ



【一番最初に買うもの】


必要な薬、電球、紙製品(トイレットペーパーなど)、歯磨きグッズなどの衛生用品を、先に必要分まとめ買いすると理想的です。


売り切れたら、年末年始だと買えなくなり、取り返しがつかないので。


食品は、何日分のまとめ買いが必要なのか?過不足ないように几帳面になって明確に割り出す。これが重要ポイントです。


そうしないと買いすぎたら無駄が出るし、不足があったら、お店はほとんど休みなので取り返しがつかないです。


生活必需品や食べ物がないのは、嫌ですよね。


そういうことで後悔したくないですよね。


ならば、早めにまとめ買いした方が良いです!


まとめ買いする時、大地震などの災害も視野に入れた方が良いです。


何日分のまとめ買いが必要なのか?明確に割り出したら、今度は日ごとのメニューと材料を割り出す。おおまかで良いので、決めておくと後が楽です。


そのコツです。


朝昼夜の食事メニューで、「これがあれば良いのに…」というお助けアイテムを、なるべく多く買っておく。


人によって、そういうお助けアイテムがそれぞれあると思います。


ボクの場合を書きます。



朝昼夜のお助けアイテム
ボクの場合



●朝→


牛乳やヨーグルトを美味しくたくさんとれるように、★コーンフレーク(自炊のサンドイッチが多いが、物足りないため)。


普通の牛乳だと飽きていて、飲めなくなってる。コーンフレークが入ると美味しくとれる。


★パセリ(インスタントスープが多いため、トッピングにパセリが欲しい)


●昼→


★カップ味噌汁、★ミニサラダ(お寿司やフライもののお弁当が多いため、こういうものは必要)
 

★ちょっとしたケーキデザート(ロールケーキなど冷やしても美味しい)


●夜→


★ネギ、★パセリ、★ブロッコリー、
★ほうれん草おひたし(鍋物かカレーが多いため、これらのアイテムが常に欲しい)


★納豆、キムチ


納豆にキムチやほうれん草おひたしをトッピングすると美味しいし、ダブル発酵食品になり、免疫力アップにつながる!

コロナのニュースを見て不安がるより、こういうメニューをパクっと食べて、気にするのもほどほどにする健康法がオススメです!


こういったお助けアイテムを多めに買っておくと、幅広く重宝します。


年末年始で買い物が出来ない時、鍋物や味噌汁に日もちする「お麩」を入れると美味しくなり、安心感が出ます。


まとめ買いに、お麩をプラスすると良いです。


次に、昼や夜の、こういうメニューを作ると良いよ!というメニューの提案を書きます。


次のように、繰り回すと良いです。


材料は同じものが多いので。


それらの残り物で、週末などにピザやオムレツ、ケークサレ(ホットケーキのようなものにカボチャやブロッコリーなどの野菜を入れたカステラケーキ)を作って朝食にする。


ちょうど、多くの人の年末年始の期間になる約10日分書いておきますね。



メニューの提案★昼や夜



※ レシピは、料理サイトや料理本などで確認してください。


※ 朝食は、この記事では提案を書いてないですが、残り物で作る次のメニューがオススメです。


食べるスープや味噌汁、オムレツ、ケークサレ、

切り干し大根などの乾物や煎り豆腐、漬け物で作った栄養ふりかけをかけたライス。


成功のゴールデンルールは、ひき肉料理で始まって、ひき肉料理で終わるです!!


※ 始まりのひき肉は冷凍しないで、すぐ調理して食べる。終わりのひき肉は、冷凍したものを使う。通常、肉類は2週間ほど冷凍可能です。



●牛豚合挽き肉か鶏ひき肉で、ガパオライス


●イタリアンな魚料理


オススメは、茹でた魚の切身(小骨がないものなら何でも良い)と茹でた残り野菜に、パスタのトマトソースをかけるメニューです。魚を使うなら冷凍は不向きなので、年末年始の最初の頃が良いですね。


魚屋さんによると、魚は冷凍した状態で市場から来て解凍して売るので、それをまた冷凍するのは良くないとのこと。肉類と鮮度のもちが違います。



●冷凍しない分の残りのひき肉と、ピーマン、玉ねぎ、キノコなどでオムレツ(朝食にも良い)


●野菜をたくさん入れたおでん(ポトフーおでんなど)


●麺類(ラーメン、焼きそば、うどん、パスタなど好きな麺類)


●残り物でカレー


日本の家庭料理のカレーでも良いですが、次のスリランカ料理のカレーもオススメです。  


魚の干物(ほぐして炒められるものなら何でも良い)かツナ、豆類、野菜(オクラやインゲン豆などネパールカレーでも使うもの)、肉、ナッツ類を入れたドライカレー4種類以上と、ピクルスの細切れ、ゆで卵のカリカリ焼きの寄せ集めを、ターメリックライスかサフランライスの外側に張り付けるという料理です。


画像は、そのスリランカ料理です。


メニュー名は「バナナの葉の包みカレー」です。


有名なスリランカ料理で、人気メニューです。


jpeg


20201222_182414


04773bb0



バナナの葉で包んだ様子です。

o0480064014747312466




ほとんどが、汁気のないドライカレーの寄せ集めです。


サイドにある薄いお煎餅のようなものは、パパダンというスリランカの有名なメニューです。


パパダンは、ウラド豆の粉末と小麦粉から作られた薄いお煎餅状のもので、高温の油で揚げて調理します。


日本で良く見かけるインドのパパドも良く似てますが、厚みがあってやや直径が小さいものが、スリランカのパパダンの特徴です。


画像は、パパダン
 
50g、270円(税20円)


スリランカ食材専門サイトより。
94660747
スリランカの有名料理人によると、この「バナナの葉の包みカレー」のコンセプトは、(現地は指の腹で)全体を混ぜることにより、新しい味が生まれる、ところどころの味が変化するという、楽しい料理になることです。


バナナの葉は殺菌作用があり、バナナの香りがカレーやライスに移り、フルーティーで爽やかな美味しさになるそうです。


スリランカでは、手で食べるのが基本です。


原理は、巨大おにぎりで、多種のドライカレーの具を外側に張り付ける、になります。


日本の家庭でスリランカ料理を作るなら、市販の日本のカレーに、ガラムマサラを入れるのがスリランカ料理っぽくするコツです。


スリランカのスパイスを使うと、さらにスリランカ料理っぽくなります。


アメ横や新大久保に、スリランカなどのアジアンスパイス専門店があります。



●残りの野菜で、すき焼や鍋物(牛か豚のバラ肉、鶏モモ肉も多めに買って冷凍すると良い)


●冷凍食品で良いので、ミックスフライ定食(肉料理が多いので、ぜひ魚介類を)


●残り野菜で、中華風野菜炒め、ワンタンスープ、餃子スープなど。餃子大好きなら、餃子をメインにしても良い。


●一番最初に冷凍した、残りの冷凍ひき肉で肉豆腐(キノコを多めに。味付けは、すき焼のタレで。サイドメニューは茶わん蒸しがオススメ)



年末年始以外でも、以上の繰り返しにすると、自然に栄養バランスが整います。


これらのメニューは、安い限られた材料をくり回してるので、節約にもなります。


以上のメニューに、季節の根菜を茹でたものを付け合わせると理想的です。


根菜は、味噌汁、おでん、温野菜サラダにもオススメです。


冬は体を温める作用がある根菜をたくさん食べると、冷え予防になり健康的です。



年末年始に常に新鮮な生野菜サラダを食べるコツ



年末年始の間でも、常に新鮮な生野菜サラダを食べるコツは、冷蔵庫の中で「水栽培」出来る野菜を買うと良いです。


例えば、豆苗、パセリ、かいわれ大根。


レタスなどの足が早い野菜は、一番最初に買って、3日以内に食べます。


レタスなど、サラダに使う生野菜が余ったら、オイスターソースで中華風の炒め物にすると美味しいです。


フルーツも意外と足が早いので、年末年始の最初の3日分だけにして、あとは缶詰めのフルーツにするのがオススメです。



年末年始は、迷うより早めにまとめ買いした方が良いですよ!今は何よりも、密を避けないと!感染拡大してること、緊急事態宣言の直前の可能性が高いことを視野に!


買ってから、安全な家であれこれとメニュー作りなどに迷うと適切です。


以上を参考にして、ゆっくり買い物リストを作ってみてくださいませ!











照り焼きチキンとキノコのピザ、メロンパン、アップルパイをスーパーで買ってきました。


が、時間がたって固くなり、よほど上手く温めないと美味しくない状態になってしまいました。


この記事では、焼きたての「最高」の食感、味になる、サラートP永山による実演Live調理の画像と解説をお届けします。


パン類を温める方法は、いくつかあります。


一般的な電子レンジ、


オーブントースター、


などです。


意外と気づかれてないのが、ホットプレートです。


実は、ボクは料理研究家でもあります。


料理研究に必要不可欠なのが、調理器具や調味料です。


ボクは、調理器具や調味料をコレクターかと思うほど、豊富に揃えてます。


料理は、工程が違うと結果も違ってきます!


調理器具を、適材適所に応じて豊富に使うことにより「最高の味」になります。


早速、Live調理画像をお届けします。



ホットプレートでピザ、メロンパン、アップルパイを温める!「最高」の食感、味にする方法



【Live調理画像の解説】


ホットプレートは今回一人用なので、ミニサイズを用意しました。


たこ焼き器に付いてる、ミニサイズのホットプレートです。


鉄板だけ、たこ焼き用とかホットプレート用に変えられる仕組みになってます。


今回、スーパーで買ってきた照り焼きチキンとキノコのピザ、メロンパン、アップルパイ(大きいので自分で半分にちぎった)をホットプレートで温めました。



調理方法:

ホットプレートを、夏なら1分ほど少し温めて、オリーブオイルを2滴たらしてキッチンペーパーやティッシュで広げます。


まだスイッチはONにしておいて、切りません。


スイッチONの状態で、ホットプレートの上にピザやパン類を乗せます。


ホットプレートの温度調節と乗せておく時間がポイントです。


ホットプレートは、夏なら約2分から3分だけ、電源を入れてスイッチをONにします。


そのあと、すぐにスイッチをOFFにして電源を切ります。


余熱でじっくりと温めるのが、コツになります。


ピザやメロンパンなどは、夏なら2分ほどスイッチONの状態で温めて、さらに2分ほどスイッチをOFFにして余熱で温めると美味しいです。


今回、ボクはピザやメロンパンをトータルで3分から4分ほど、乗せてました。


余熱でも、鉄板はかなり熱いので、やけどに注意してください!


メロンパンは、余熱だけでも2分乗せると、手で持てないほどアツアツになります。


ピザは、具材を崩さないために裏だけを温めます。


画像は、照り焼きチキンとキノコのピザ、メロンパンをホットプレートに乗せたところです。


_20200823_092055




メロンパンとアップルパイは、中心まで、しっかり温めたいので裏表を温めます。


アップルパイは、中身が出てきそうなら裏だけを温めます。


さらに、ピザに野菜が足りなくて、サラダなど野菜のサイドメニューもイマイチな時の裏ワザです!


画像に示しましたが、コンビニなどで売ってる袋入りのカットサラダを適量、ピザに加熱している間にバサッとトッピングします。


この時、イマイチ感を消すために、その上にさらにタコスチップスを砕いたものをトッピングします。


あらゆる料理に言えますが、ミルフィーユみたいに、上にどんどんトッピングして重ねていくのが、見た目も味も美味しくするコツです。


和風にしたい時は、かつお節をトッピングして、醤油を1、2滴たらすと美味しいです。


タコスチップス以外にもポテトチップス、ベビースターラーメン、ナッツ類を砕いたものなどをサラダにトッピングしても美味しいです。


画像は右が、ピザにコンビニの大根とカラフルなピーマンなどのサラダをトッピングして、さらにタコスチップスをトッピングしたものです。


左は、メロンパンを裏返しにしたものです。


_20200823_092003




パン類は、夏なら余熱だけでも温めるどころではなく、こんがりと自然に焼けてしまいます。


特にメロンパンは、裏表がしっかりと、こんがりと焼けます。


が、中身だけ水分を封じ込めた、ふっくらとした状態になり、周りだけがこんがりと焼けます。


理想の状態です。


画像は、焼けたメロンパンをちぎったところです。


メロンパンが水分を封じ込めた状態で、ふっくらと仕上がり、周りだけ焼けてます。


画像だけでも、何となくわかりますね。


最高に、凄い美味しいです!!


隣にアップルパイを乗せてます。


_20200823_092230




以下は、ホットプレートと他の調理器具との調理効果の比較です。


電子レンジで、ピザやパンなどを20秒から30秒温めると、確かに温かくなります。


が、炭化してしまい、水分が失われて、ボソボソと固くなり美味しくなくなります。


食品が炭化により、根本的に変化してしまいます。


オーブントースターでも、適度に温めると確かに焼けるし、温かくなりますが、水分が予想以上に失われて固くなり、カチカチに近くなります。


少しでも冷めると、さらにカチカチになり、食べにくくなります。


やはり、電子レンジもオーブントースターも、どちらも水分の蒸発や炭化が、美味しくなくなる原因です。



※ 炭化とは


炭化の意味は、コトバンクによると、加熱によって有機物質が分解し、炭素に富んだ物質になることです。


では、電子レンジの炭化とは、どういうことか?専門家集団が電子レンジの炭化による発火実験をしているので、そのYouTubeも含めて、具体例を見ていきましょう。


少しだけ、前提知識となる解説をします。


電子レンジで、発火事故が発生しています。


電子レンジは、マイクロ波で食品を温める調理器具です。


が、加熱しすぎると食品が炭化してしまいます。


さらに、加熱を続けると、そこにマイクロ波が集中してスパークが発生して、発煙・発火する危険性があります。


過加熱にならないように、加熱時間は十分に注意が必要です。


また、電子レンジの庫内に付着した汚れにマイクロ波が集中して炭化し、発煙・発火する事故も発生しています。


手入れをこまめに行ってください。



【YouTube解説】

独立行政法人 製品評価技術基盤機構の、電子レンジの炭化による発火実験。

非常に危険なので、マネしないでください。






この情報とYouTubeの出所:

独立行政法人 製品評価技術基盤機構


記事タイトル:

電子レンジ「3.食品が過加熱で発火」

 
YouTubeのURL:

https://youtu.be/OP33Ghpqn6U



この記事のURL:

https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/poster/kaden/01240101.html




★ホットプレートと炊飯器★のメリットまとめ



・ホットプレートの場合、フタで覆わない限り、中身が見えるので火加減の調節が可能で安全。


・炭化という物質の変化が生じにくい。


・水分が蒸発しにくい。


・ふっくらとした仕上がりになり、「美味しさの質」が保てる。


・電気代が安い。


厳密に比較すると、炊飯器が電気代が一番かからないです。


コロナの関係で、おうちでバーベキュー、時短や節約料理など、課題が多いと思います。


そんな中、ホットプレートや炊飯器が大活躍します。


ぜひ、お試しくださいませ♪




安全、節約、質を追求した料理研究家

サラートP永山







↑このページのトップヘ