Tag:なぜ?



田代まさしが覚醒剤で逮捕される回数が多すぎるので、救いようはあるのか?なぜか?原因が気になり、海の世界のタロットカードで一枚引きで占ってみました。


以下のように、審判や判定という意味の、judgement(ジャッジメント)のカードが出ました。


_20191106_194859



何回も何回も逮捕されて、刑務所を出所したあとも、ずっと警察に目をつけられていた、とカードは言ってます。


反省は少ししているが、まだまだ足りなくて、隠れて覚醒剤を繰り返していたようです。


生き方や考え方の半分以上が、大人の不良です。


人生に希望は、持ってません。


もうとっくに、やりたいことをやり終えた人なので、希望を持つ生き方は処分して、好きなように生きたいようです。


自分の人生について、「別に…」と冷めてます。


少し、ひねくれた考え方をしているようです。


このカードから、田代まさしの「別に…」という声がたくさん聞こえてきます。


人生なんて、別にどうでもいい!という、投げやりな考え方です。


その投げやりな考え方が、覚醒剤への依存につながってるようです。


考え方が投げやり過ぎて、今のところ救いようはありません。


投げやりな考え方を捨てれば、救いようはあります。


が、高齢なので人生に希望を持つことや、投げやりな考え方を捨てることは難しいです。


投げやりな考え方が、とても根強いです。


水面下では、警察はずっと目を離してなかったのです。


占い結果は以上です。





最新情報です!



情報出所:FNN


記事タイトル:

【速報】63歳の田代まさし容疑者逮捕 覚醒剤所持容疑でまた...


2019年11月6日 水曜 午後4:58


このニュースのURL:

https://sp.fnn.jp/posts/00426788CX/201911061658_OX_CX




2019年の台風19号、21号が影響した関東広域の大洪水。


東京下町エリアの荒川が氾濫しなかったのが、不思議です。


東京下町エリアの荒川は、今回の災害前まで危険性が最も高いように報じられていたのに、災害をまぬがれたのです。


その要因について、詳しく調べてみました。


埼玉県戸田市と、東京都足立区のホームページ、最近の朝日新聞に詳しい情報がありました。


徐々に、まとめを執筆、公開して行きます。


実は、千葉県のイオンモール柏(最寄り駅は、常磐線の南柏駅)によく買い物に行くため、その周辺の河川氾濫や土砂災害の情報も詳しく調べました。


ボクがイオンモール柏に行った時に歩いた場所が、氾濫していたのか心配になり、調べてみました。


のちほど、公開しますね。


いっぺんに、ひとつの記事に書いたら、まとまりがなくなり読みづらいので、ひとつの項目ごとに執筆しようと思います。


まずは、戸田市のホームページの情報から。





荒川第一調節池が大きな成果を果たしたようです。


詳しい情報です。


簡潔にまとめます。



情報出所:戸田市のホームページ


記事タイトル:

荒川第一調節池 治水


掲載日:2014年8月28日更新


※ 5年前の情報ですが、治水に関しては情報が大きく変わるわけではないので、この情報は、しっかりと生きてます。



治水とは:

河川に対して工事をしたり、運輸の便をはかったり、洪水にならないようにすること。

それに関する行政のこと。


漢字が「治水」なので、水の悪いところを治すためのこと、と思うとわかりやすいですね。



●荒川第一調節池のはたらきのひとつに、次のことがあります。


大雨などで川が増水した時に、水をためて水害を防ぐことです。


●荒川第一調節池は、平地のダム(水をためておく)のはたらきをしています。


●以下は、荒川第一調節池の平常時と、洪水が起きて調整している時の様子の比較写真です。



■↓平常時の荒川第一調節池
(中央が彩湖→サイコと読む)

_20191027_103554




■↓洪水が起きて、調節している荒川第一調節池

_20191027_103623




■↓平常時の様子
(センター4階より撮影)

_20191027_103646




■↓洪水が起きて調節している時の様子
(センター4階より撮影)

_20191027_103732




この記事のURL:

https://www.city.toda.saitama.jp/site/saiko/kyo-saiko-tisui.html



↑このページのトップヘ