Category: ジャーナリズム



TBSニュースが事故原因について、次のように報じてます。


加害者はアクセルをパニックになって踏み込んだ、それをアクセルが戻らないと勘違いしたようだ。


高齢者が、アクセルをパニックになって踏み込んだこと、それをアクセスが戻らない、と勘違いしたことは、精神医学では次のように分析されると思います。


医学系の有資格者のサラートP永山が、まとめます。


背景に、認知症や高齢者特有のボケがあると思われます。


認知症の大きな特徴は、次の通りです。

(認知症は種類がたくさんあり症状も様々ですが、代表的なものです)


●比較的、新しいことに関する記憶障害


●運動神経が鈍くなる。


●空間認知機能の低下。

(精神医学では、空間的概念の希薄とも言う)


●最終的には尿や便をもらしてるのに、自覚出来なくなる症状が出現します。排泄の感覚が麻痺します。


これらの認知症の症状は回復することは、ごくまれです。


認知症の症状は、進行していくのが通常のパターンです。


高齢者が、とても小さな小股で、ちょこちょことロボットのように歩くことが多いです。


それは、運動神経の機能低下が原因で、足を正常な状態で前に出すことが出来なくなってるからです。


高齢者が空間的なことに弱いのは、運動神経の衰えが原因です。


この事故の加害者も、アクセルを踏み込んだことを自覚出来てないのかもしれません。


運動神経、空間認知機能の低下が原因では。



TBSの動画もある詳しい情報です!


情報出所:biglobeが報じるTBS


タイトル:

池袋・乗用車暴走 母娘死亡、運転の男性「アクセル戻らずに」
交通事故衝突事故過失運転致死傷アクセル


4月19日(金)18時14分

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0419/tbs_190419_5261925279.html


screenshotshare_20190419_222800




自転車二人乗りの母子が巻き込まれて、死亡したことが気の毒で言葉になりません。


実は、事故現場の近所に知人がいて、あの辺で時々食事してます。


事故を知った時、震えが止まりませんでした。


タイミングによっては、ボクも巻き込まれてました。


人間、いつ何が起きるか、わからないものですね。


仏教徒的な考え方で、感謝の気持ちを持って、丁寧に生きるのが一番ですかね?


取り急ぎ、有識者として医学情報をお届けしました。



サラートP永山








北朝鮮が、新型の戦術誘導兵器の発射実験を実行しました。


が、具体的な情報や画像・動画が公開されてません。


サラートP永山が個人的に調査した結果、以下の改良型かな?と思います。


まず、画像から公開しますね。


_20190418_193403




画像・情報出所:jamestown


※ jamestownとは

1984年に、William Geimerによって生まれたテロ監視団体&政治アナリスト集団。教育も目的のひとつ。拠点はアメリカ。



記事タイトル:

Hezbollah’s Creative Tactical Use of Anti-Tank Weaponry
Publication: Terrorism Focus Volume: 3 Issue: 32


By: Andrew McGregor


August 15, 2006 07:20 PM Age: 13 years



記事タイトルの和訳:

ヒズボラの創造的で戦略的な、対戦車兵器の広報:テロリズム・フォーカスVolume: 3 Issue: 32



(本文の重要箇所の翻訳)


以下は、ロシアで製造されてレバノンのヒズボラに供給された兵器です。


ロシアはコルネット・ミサイルを製造した。


それは、シリアにも供給された。



※ コルネット・ミサイルとは


対戦車ミサイルのこと。


英語の別名は、以下の通り。


●anti-tank missile

●anti-tank guided missile
(対戦車誘導ミサイル)


次の型のロシア製のコルネット・ミサイルが、レバノンのヒズボラに供給された。


●AT-3

●AT-4

●AT-14


AT-14は、あとからシリアにも供給された。


これらはヘリコプターで低空飛行して、ターゲットを狙い撃ち出来るのが強みだ。



※ 戦車をguided(誘導)して攻撃するタイプが、おもに活躍してるようです。


従って、今回の北朝鮮の新型兵器も「誘導」というワードがついてるので、

anti-tank guided missile
(対戦車誘導ミサイル)

の可能性が高いです。


他に、次のものもロシアで製造されて他国に供給されている。


●wire-guided anti-tank weapons

(有線誘導対戦車兵器)


●TOW (Tube-launched, Optically-tracked, Wire-guided) missile

(1970年代にアメリカで最初に製造されたもの)


この記事のURL:

https://jamestown.org/program/hezbollahs-creative-tactical-use-of-anti-tank-weaponry/



サラートP永山のコメント・分析



今回の北朝鮮の新型兵器は、これらの改良型では。


次の点が、符号が合ってます。


●誘導兵器である。


●多用な動きが可能。
(この記事のロシアの兵器は、ヘリコプターに搭載して使用してるらしいので、多用な動きが出来る)


●攻撃機能も搭載。


●新型である。


※ 小さいほど新型として認められると思います。


なぜなら、搬送する時に乗り物やタイミングを選ばなくて済むからです。


次の点が、北朝鮮の強みだと思われます。


●ヘリコプターで低空飛行して攻撃出来る。


●小型化されてるので、どんなタイミングでも使える。どんな乗り物にも搭載可能。陸でもOK!


だから、多用な動きが可能だと北朝鮮はアピールしています。



AT-14の関連画像を入れておきますね。


キーワード「AT-14」で検索すると、以下のように類似画像がたくさん出てきます。


北朝鮮の新型兵器は、これらの改良型だと思われます。


_20190418_213028


_20190418_213104




取り急ぎ、ご報告まで。



サラートP永山



※ 金正恩様へ

ボクは北朝鮮を敵視してませんので、ご理解くださいませ!

段階的な作戦と戦略的な作戦の二つを用意してるなんて、頭良いですね!勉強になります。応援してます!

韓国語でも書いておきますね!


돈 정 은혜님에

나는 북한을 적대시하고 있습니지 않으므로, 이해해 주세요!

단계적인 작전과 전략적인 작전의 2개를 준비하고 있다니, 머리 좋군요!공부가 됩니다.응원하고 있습니다!



詳しい情報です!


情報出所:NHK NEWS WEB


北朝鮮「新型の戦術誘導兵器」発射実験を実施 米けん制か

2019年4月18日 11時45分


https://www.google.com/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20190418/amp/k10011887811000.html







↑このページのトップヘ