Category: ジャーナリズム



中国政府がすでに発表していて、摘発するとのことです。


新型肺炎の感染源が明らかになりました。


結論を言うと、新型肺炎の感染源は、中国・武漢の華南海産物市場とのことです。


画像は、華南海産物市場。

screenshotshare_20200126_104458




詳しい最新情報のまとめです。



情報出所:Yahoo!ニュース


記事タイトル:

中国の新型ウイルスは人類崩壊の序章か


1/25(土) 7:00


中国で発見された新型コロナウイルスは、日本、韓国、台湾、シンガポール、タイ、ベトナム、アメリカでも感染者が確認された。


ウィルスの感染源は、“違法な野生動物密輸売買”が関連している。


新型コロナウイルスは、中国・武漢の華南海産物市場で違法に売られている野生動物が感染源とされる。


中国では、これらの野生動物を食用の他、伝統的な漢方薬や、最近では富裕層に人気があるレアペット、希少価値がある動物の違法な繁殖ビジネスの“金がなる木”として販売されている。


中国当局は、その事実を認めた。


中国国営の新華社は23日、「規制の網をくぐった違法な野生動物密輸売買が拡大している証拠」と批判した。


「新型肺炎の感染源は、違法に販売されていた野生動物」という中国疫病防止センター長の声明を発表した。


中国は、これらの悪質な犯罪の摘発をスタートさせるという。



このニュースのURL:

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200125-00000001-courrier-int





つい昨日、1月24日(金)、新型肺炎に下痢が併発する!というボクの霊視結果の記事を公開しました。


最後に、その記事を入れておきますね。


公開日時が記載されてます。


以下に示すNHKの最新ニュースよりも前に公開してます。


それが、下痢が併発するという最新ニュースよりも前に、霊視結果を公開した証拠です。


まずは、最新情報のまとめです。



情報出所:NHK NEWS WEB


_20200125_152606




記事タイトル:

新型肺炎 “初期症状 発熱・せきとは限らない”現地病院が見解


2020年1月25日 7時10分



サラートP永山が、コンパクトにまとめますね。



●中国で、新型のコロナウイルスの感染が広がっている。


●中国の国営メディアは、患者の初期症状は、肺炎に特有の発熱やせきだけとは限らない、と発表した。


現地の大学病院の見解だ。



●国営の新華社通信の発表はこうだ。


新型のコロナウイルスの感染が最も深刻な地域、湖北省武漢。


そこの「武漢大学人民病院」で次の結論が出た。


多くの患者を診察した結果、「初期症状が発熱やせきではない患者も多くいた」



●40代の男性患者は、当初、下痢の症状が3日間続いた。


発熱や呼吸器系の症状が見られなかった。


このことから消化器内科を受診していた。


医師が問診をしたところ、男性が新型のコロナウイルスの感染者と接触していたことが分かった。


そのため、胸部のCT画像を撮影、肺炎のような影が見つかった。


ウイルス検査をしたところ、感染が確認された。


患者の初期症状は、肺炎に特有の発熱やせきだけとは限らない。


下痢や吐き気、頭痛や全身のだるさなどもある。


早期の診断を困難にしている。



このニュースのURL

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200125/k10012258501000.html





以下より、ボクの霊視記事です。


ボクの霊視記事は、的中することが多いです。


カルロス・ゴーン氏が海外に逃亡すること、国際警察が動くことも、1年前に霊視記事を公開してます。



記事タイトル:

カラー霊視:新型肺炎 今後

2020/01/24 11:18


http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/21157095.html





↑このページのトップヘ