Category: ニュース(総合)



「横浜異臭騒ぎ」の過去記事に、アクセス急増中のため、原因に関する最新情報をその記事に追記しました。



追記した内容は、以下の通りです。

 

大地震の前兆の可能性大なので、念のため、ご報告します。



【追記・2020年 10/14(水) 5:17】


この記事、2020年10/13(火)の午後あたりからキーワードからのアクセス急増中です!


おそらく、つい先日の「横浜駅異臭騒ぎ」の原因を知りたいキーワードからのアクセスだと思います。


ボク個人で、原因について調査してるので追記します。


詳しい情報は、以下の専門家の最新ニュースをご覧ください!


要は、短く書くと、原因はガスで、そのまた原因は大地震の前兆です。



情報出所 : NHK NEWS WEB


記事タイトル :

横浜「異臭」 ガソリンなどに含まれる物質 通常より高く検出

2020年10月13日 19時13分


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201013/k10012661501000.html





情報出所 :
夕方フジ(zakzakは夕方フジのこと)


記事タイトル:

文献が示す「異臭」と「地震」の関係 神奈川で相次ぐ異臭騒ぎ…関東・阪神淡路大震災の前後に“ガスの記録”

2020.10.13


https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/201013/dom2010130003-s1.html







ボクは、医療行為が出来る医学系国家資格取得者です。


大病院の重症患者の病棟で、勤務経験があります。


そこでも、あらゆる感染症の患者さんがたくさん入院していて、感染症対策は徹底していました。


医療従事者で、医学知識があるボクが店主なら、どうするか?


また、ホリエモンの判断基準には何があったのか?分析結果をお伝えします。


まずは、出来事のまとめから。



情報出所 :

ライブドアニュースが報じる
週刊女性PRIME


記事タイトル :
 
堀江貴文氏と餃子店のマスク騒動 店主が語るトラブルの「発端」

2020年10月9日 19時0分

 

出来事の簡潔まとめ :


●入店時のマスク着用ルールに関して、堀江貴文氏と餃子店の騒動が起きた。


●堀江氏は、マネージャーなどの同行者2人と来店。


●同行者の1人がマスクをしていなかった。


●店主と、その妻がマスク未着用を理由に入店を拒否した。


●堀江氏らは、「マスク未着用者は入店拒否」と貼り紙をしていたが、気にしていない様子だった。


●ホリエモンが「堀江さん?」と聞いてきた店主に、「今、堀江は関係ねぇだろ!」と怒鳴った。



このニュースのURL :

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19031102/


 
この記事タイトルとURL、最後にも入れておきますね。




【ボクが店主ならこうする!】


ボクが勤務していた大病院の重症患者病棟には、あらゆる感染症の患者さんが入院しています。


重症患者になると、免疫力が大幅に低下して、あらゆる感染症になりやすいです。


例えば、メインの病気の他に、次の感染症も患ってる患者さんがたくさん入院してました。


B型肝炎、C型肝炎。


特に、高齢者で重症患者が、病院に来る前から、それらに感染している人が多いです。


感染症対策は、病室のゾーニング、感染症対応専用の手袋、エプロン、ゴミ袋、ゴミ箱、ゴミ回収業者の回収の仕方など、多角的に対応してました。


医療従事者の手袋は、外し方や捨て方、手袋をした手のポーズや動かし方にもルールがあり、本当に細かいです。


そのようなことを経験して、思うことです。


コロナの感染予防対策は、マスクでは不十分です。


飲食店で着席した直後に、水を出された時や食べる時にマスクを外します。


マスクだけに依存するのは、あまり意味がないと思います。


不特定多数が1日中来店するところなら、テーブルや椅子、調理器具、食器、食材など、あらゆるものを1時間に一回以上、コロナウイルスを完全に死滅させる病院と同じように消毒しないと、感染予防につながらないのでは。


そして、従業員や客など店に入る人全員が、目の粘膜からも入るのでゴーグル、防護服などで完全武装すれば、少しは感染予防につながるというレベルだと思います。


店主は、マスクだけに依存しすぎたのかもしれません。


ホリエモンは、「イスラム原理主義」ならぬ「マスク原理主義」と言ってます。


画像はマスク原理主義のイメージです。


jpeg



マスクだけでは無理です。


そもそも、マスクに感染予防の無理があります。


ボクが店主ならどうするか、書きますね。


貼り紙に「少しでも体調の悪い方は、入店を控えてください!」とだけ書きます。


マスクのことは書きません。ルールを作りません。


マスクをしてない人でも入店させます。


その代わり、すべてのお客さんにネットや貼り紙などで、「免疫力アップのための新メニュー」を考案して宣伝します。


ホリエモン軍団が来店したのなら、口頭でも挨拶しながら、その宣伝をします。


例えば、「特性ネギ餃子」「特性生姜餃子」「疲労回復効果大の鳥胸肉餃子」、デザートに「特性ごまプリン」など。


なぜ免疫力アップするのか?医学的な解説も付けて宣伝すれば、売り上げにつながります。


このように、栄養面など複合的に予防してもらう方向で、なおかつ、売り上げにつながる方法で進めます。


ホリエモン軍団が来店したのなら、本当はあまり意味がないマスクのことでトラブらないで、免疫力アップを謳い文句にして、オンラインで宣伝してもらったり、長期的にお金を使ってもらいます。


そして、ホリエモン軍団により儲かったお金で、さらに売り上げを上げるための研究をします。


経理業務の経験もある、お金のことに細かいボクなら、このような「免疫力アップメニュー」による売上金は別個にして、別の口座に入金して仕訳します。


その口座にあるお金は、メニューや販売促進などの研究費にします。


ホリエモン軍団が来店したのなら、それを機会にしてお金を生んで、その利益で、またお金を生む。その繰り返しをします。


ホリエモンだけではなく、ホリエモンに宣伝してもらって、他の有名人にも来店してもらいます。


それをまた宣伝してもらって、さらなる利益につなげます。


何のためにお店を開いてるのか?


金儲けですよね。


ならば、マスク原理主義より、売上原理主義を選びます。


そうして儲かったお金で、感染の心配のない海外に家族で移転する道を選ぶかもしれません。



【ホリエモンの判断基準に何があったのか?分析結果】


ホリエモンは、料理人でもあり、あちこちの飲食店経営に関与してます。


ということは、衛生面の管理や感染症などの医学的知識もあるはずです。


ホリエモンは、その餃子店の店主より、それらの知識が上ではないか?それを判断基準にして言ったのでは?とボクは思います。


が、意思伝達機能の質に障害があり、このような騒動に発展したのかもしれません。


怒鳴ったりしたからです。


he is not just like a everybodyelse.


meaning is Hyper activity....


(普通の人とは違う。その意味は、攻撃性、衝動性が高い)


のですね。


飲食店経営者の皆様、もし読んでいたら、本当はあまり意味がないマスク原理主義より、このような考え方で、売上原理主義を選ぶことをオススメします!



情報出所 :

ライブドアニュースが報じる
週刊女性PRIME


記事タイトル :
 
堀江貴文氏と餃子店のマスク騒動 店主が語るトラブルの「発端」

2020年10月9日 19時0分


 https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19031102/






↑このページのトップヘ