Category: 生活まとめ



日本語で、キーワード

「西洋式小上がり」

で検索した画像を集めました。


小上がりとは、床を高く作って、収納スペースを床下に作ったり、畳のスペースを作る日本式のインテリアです。


居酒屋や料亭などで、小上がりのインテリアが多いです。


畳の小上がりだと、ありふれてるので日本の西洋式の小上がりを調べてみました。



【特徴】


日本の西洋式の小上がりだと、アンティーク風にしてる部屋が多いです。


和風ではないことは確かです。


西洋式の小上がりだと、畳ではなく、フローリングや木製などの自作の小上がりが多いです。



【ここから得たヒント・提案】


キッチンやダイニングなど、「食」に関するものを西洋式小上がりにすると、カフェみたいなおしゃれな空間になり、気分が上がると思いました。


自炊も、はかどりそうです♪


カフェ式のテーブルと椅子なども加えると、より理想的ですね。


アンティーク雑貨もマッチしそうです!


20210828_121337



20210828_121349








英語で、キーワード

「狭い部屋の収納 イタリア」

で検索した画像を集めました。



【特徴】


イタリアでは、狭くても採光(さいこう)を導入した部屋が多いです。



※採光とは

室内に光線(おもに日光)を入れて明るくすること。


イタリアでは、採光がインテリアのひとつになってるようです。


合理性にも重点を置いてます。


以下の画像にあるように、ベッドのすぐ近くに、顔を洗ったり歯磨きをする洗面所を設置してます。


多くの日本人と明らかに違う生活様式、インテリアですね。


イタリアの狭い部屋を検索すると、なぜかロフトタイプの屋根裏部屋の画像がたくさん出てきます。


そういう住居、建築物が多いのですね。


多くはそこに、採光を取り入れてます。



【ここから得たヒント・提案】


ボクの部屋も、窓をきれいに掃除して、近所の目線をないように工夫して、採光に重点を置きたいと思います。


精神衛生に非常に良いです。


電気代節約にもつながります。


採光も大事なインテリアのひとつにしようと思いました。


他に、画像にあるように、ナチュラルなアンティークの木製家具やグッズも、おとぎ話のような雰囲気にして導入すると、イタリアンな部屋になるようです。


収納やインテリアは、日本式だと合理主義で無機質ですよね。


イタリアンのように、遊び心が導入されてないです。


これだと、休息出来なくて、心身ともに疲れやすいです。


やはり、イタリアンを参考にして遊び心が必要ですね。


20210828_121131



20210828_121143



20210828_121154



20210828_121206



20210828_121216



20210828_121311



20210828_121322







↑このページのトップヘ