Category: まとめ(総合)



節約も充分に兼ねてます!


自宅でタコスを作りたい!と、ずっと思ってました。


が、タコミートを作るときのソースや調味料が高い!


諦めて何年間か、経ちました。


ここは、アイディア勝負だ!


節約しながら、時短&ズボラ料理のタコミート&タコス作りにチャレンジしてみました!


あっという間に簡単に美味しく出来ましたぁー♪


皆様にもレシピを公開しますね!



時短&ズボラ料理★タコミート&タコスのレシピ



用意するもの、材料:

●豚と牛の合挽き肉
(タコス1枚につき大さじ1ぐらい。イメージより少なくて良い。肉の臭みが気になる人は、ショウガや玉ねぎの角切りを入れると良い)


●普通のトマトソース
(パスタ用のもの)


●トルティーヤ
(買ってきたものを使う。作っても良い)


●緑・赤・黄・オレンジ色のピーマン、なければ2色ぐらいでも良い。
(角切り)


●あれば玉ねぎ
(千切りか角切り。入れると具材類の臭みがなくなり、全体の味がしまって美味しい)


●レタス
(太めのリボン状に切る)

●トマト
(角切り。プチトマトの半分切りでも良い)


●ピザ用のチーズ
(チーズはなくてもサッパリして美味しい)


●挽き肉を入れる器
(おわんぐらいのサイズ)


_20190505_135102



●出来上がってるトルティーヤを焼く機械

(オーブントースターか、ホットサンドマシーンがオススメ。これらの機械なら、少し焦げ目がつく程度に焼く。電子レンジならトルティーヤ1枚につき10秒加熱する)


●胡椒
(あれば、ミルが付いた良質なブラックペッパー)


●カラムーチョ・チップス
(チリパウダーやホットペッパーがなかったので代用のために。調味料は買うと高いので)

_20190505_135621




■下準備

合挽き肉にトマトソースを混ぜる。

分量は、トルティーヤ1枚分の挽き肉につき、五百円玉1枚分ぐらい。

画像は、挽き肉にトマトソースを入れたところ。

_20190505_135129




【作り方】


1,野菜を切っておく。夏場なら冷蔵庫に一旦しまう。


2,合挽き肉を器に入れたらドーナツ型に平らにして、真ん中に穴をあげて、電子レンジで加熱する。


_20190505_135154



時間は、トルティーヤ2枚分の挽き肉が500ワットで1分30秒。(目安)


タコミートの完成★!


画像のように出た油は、キッチンペーパーをまるめたものをあいてるところに置くと、素早く吸収してくれる。


_20190505_135459



味見したら、美味しかったですよ!


タコミートが完成したあと、胡椒を少しふる。


香りを付ける目的のものは、一番最後に入れるのがコツです。


3,一番最後に、トルティーヤを焼く。準備だけしておく。


ボクはホットサンドマシーンを使いました。


ホットサンドマシーンのトルティーヤの焼き方は、まずトルティーヤを普通にあいてるところに敷きます。


パンを置くべき空間に、食パン1枚を斜めにして敷きます。


すると、空間が埋まります。


_20190505_135301



ホットサンドマシーンは、空間があるといけないようです。


食パンで、しっかり空間を埋めて焼くものみたいです。


1分から2分ぐらい焼く。


すると、こういう焼き具合になります。


_20190505_135434



バランス良く焼けました。


ホットサンドマシーンだと、水分が飛ばないから、しっとり焼けます。


オーブントースターだと、水分が飛ぶので、トルティーヤでもパンでもパサパサに硬くなりやすいです。


ホットサンドマシーンでトーストを焼くと、しっとり仕上がりますよ!


ホットサンドマシーンの、本来埋めないとならない空間は、食パンなどを斜めにして重ねたりして入れると、ちょうど良いです。


4,焼けたトルティーヤに具材を乗せます。


上半分とか、下半分とか、少しあけて置くのがコツです。

トルティーヤが少し切れてますが、重ねて焼いたのでくっついてしまい、はがすときに切れました。

トルティーヤは、重ねないように気を付けて焼いてくださいね!ベターッとくっつきます。


_20190505_135652



5,最後にピザ用チーズと、カラムーチョを小さく割ったものをトッピングとして、ふりかける。


ホットペッパーやチリパウダーがあるなら、それをかけても良いです。


カラムーチョの方が安上がりです。


6,トルティーヤは、たたんで巻くのも良いですが、具材を多く入れると巻けないので、半分に折ります。


はじを止めるものは、つまようじを利用します。


普通にまっすぐブッ刺すと、とれてしまうので、つまようじでトルティーヤを少し縫います。2回ぐらい。
(画像を参照してください)


_20190505_135724



完成♪♪



残りの食パンと具材で作る三角ホットサンド(ツナマヨ野菜)



トルティーヤをホットサンドマシーンで焼く時に、一緒に焼いた食パンの賢い活用法です。


1,ツナマヨとマヨネーズ、和風が好きな人はチューブのショウガを少し付けます。ショウガを少し入れることにより、和風味に変身します。醤油は濃くなるので注意!ツナマヨはチューブに入ってる市販品です。


_20190505_135848



2,残りの野菜を上に乗せます。


_20190505_135909



3,三角形に折ります。


止めるものは、つまようじを利用します。


普通にブッ刺すと、とれてしまうので、食パンの耳に斜めにして刺すと、しっかり固定します。食パンの耳は硬いのでストッパー代わりになり、つまようじが止まります。


_20190505_135941



完成★♪



お子様が食べるなら、フルーツジュースを炭酸で割った飲み物を、大人ならビールやコーラが相性が合います。


冬なら、レモンスライスやカットフルーツを入れたホットの紅茶も美味しいです!


お年寄りなら、ほうじ茶や麦茶のホットも良いですね。


多忙な時なら、濃いめの冷たい緑茶やウーロン茶でも、合うと思います!


飲み物でも何でも、少し手を加えると美味しくなりますよ♪



【長年実証済みなのでオススメ♪関連記事!】


時短&ズボラ料理!レンチン20秒のピザトースト!レシピ★サラートP永山クッキング・シリーズ

http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/17003370.html





多忙や体調不良などで、食事メニューに迷う人が多いと思います。


今回は、自炊の1週間分の食事メニュー・マニュアルを紹介します。



情報出所:

サラートP永山の脳



料理の分野に、ポットリレーというワードがあります。


ひとつの鍋で、同じ食材を繰り回すことです。


1週間単位で考えます。


メニューを決めるというより、メニューのジャンルを和洋中というように決めます。


週の最初や、スタートの曜日をポットリレーに使うものを集めたメニューにします。


これ、定番にすると考えなくて済むので効率的です。


材料は、シャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、インゲン豆、ホウレン草、ブロッコリーなどです。


次の順番でポットリレーをします。



(月)シチュー or カレーライス


(火)肉じゃが


(水)温野菜サラダ

※ おかずに困ったら、同じ食器にレタスを添えて、茹でたワンタンか、から揚げをレタスに乗せる。

ワンプレートメニューのできあがり♪

ぽん酢が合います。



(木)麺類(淡色野菜を新たに買う)


(金)鍋(前日の淡色野菜の残り物で)


(土)魚
(残り野菜で、和え物や酢の物を付け合わせとして作る)


(日)焼肉
(残り野菜をバーベキューのようにして一緒に焼く)



これだけだと、おかずが足りないので次のようにします。


●料理本やネットからの情報を導入。
(ないなら、シューマイか餃子にする)


●スーパーなどで惣菜を買う。
(タイムセールなどを利用する。要事前リサーチ)


●周りの人の真似をする。ひとつでも話題に出たメニューを導入。わざわざ、その人に言わなくても良い。こっそり真似するのがポイント。



これをマニュアルとして定着すると、迷わなくて済みます。


計画的にお金を使えば、食費の節約につながります。



でゎ!



サラートP永山







↑このページのトップヘ