Category: まとめ(総合)



気になることがあり、早めにご報告します。


今朝早く(5時ぐらいから)、トイレの近くの天井に近い壁で、何回も「パキッ」というラップ音が聞こえてきました。


普段はまったく聞こえません。


昨日、次のものをこのサイトの記事に公開しました。


ボクが霊視により描いた平将門(たいらのまさかど)の似顔絵のイラストです。


昨夜、それをゴミ箱に捨てました。


ラップ音が聞こえたのは、そのゴミ箱の近くです。


塩をまいてから、捨てました。


そして、本日の昼頃から激しい雷の音が何回も聞こえてきました。


もしかしたら、平将門が怒ってる?


まぁ、ボクから「記事にしてすみません…」と謝りましたが。


平将門の似顔絵や記事など公開したから、ラップ音や雷と関係あるのかな?と気になり、お伝えしました。


今後も雷が激しくなったら、やはり関係あるのかもしれません。


特に、平将門の首塚がある大手町やボクがいる関東に雷や災害の被害が起きたら、さらに関係あるのかもしれません。


皆様、しばらく様子を見ててください。



南無阿弥陀仏



サラートP永山







南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏


平将門(たいらのまさかど)様、どうかお許しください!


ふざけ半分で書いてません。


読者も同じです。


皆が、貴重な情報として捉えてます。


知りたい人が多いので、情報発信することをお許しください。


南無阿弥陀仏



平将門の首塚について、霊能力者のコメントをまとめた記事を発見したので、お伝えします。



情報出所:東スポWeb



記事タイトル:

霊能力者もびびる日本最強の心霊スポット


2016年08月25日



サラートP永山が、コンパクトにまとめます。



以下はある霊能力者の話。


東スポが取材したようです。



将門の首塚は、格が違うんです。


ものすごい強い怨念です。


いまだに殺されたときの、すさまじい怨念のままなのです。


お金をたくさん払うと言われても、除霊なんてしたくない、絶対に負けるのでやりません。



その霊能力者は、霊と霊能者の勝ち負けとは何か?について、次の回答。


霊が勝てば、霊能力者は命を落とすか廃人になる。


霊能力者が勝てば、霊は成仏するということです。



■ 将門の首塚の歴史について


平安時代、将門の乱が起きた。


平将門は、940年3月25日に殺された。


今の茨城県の一般的な豪族だった。


が、当時、京都の朝廷を敵に回して関東一円を支配下に治めた。


独自に天皇に即位して、新皇を名乗った。


平安時代は、貴族社会だった。


が、将門が武士の発祥。


将門の乱は、武士階級が起こした初めてのクーデター。


相手の数分の1の兵力で戦い続けた。


殺傷能力の高い反りのある日本刀を初めて開発して、勝ち続けた歴史に残る人物である。


最後は、流れ弾的な矢で、勢いよく額を射抜かれて他界した。


首は平安京に運ばれた。


当時は、さらしものにされた。


その後、さらし首は3日目に生まれた茨城県を目指し、途中で落ちた場所が大手町の首塚である。



その霊能力者は、次のことを語った。


一般人より地位が高い人の方が、ひどい霊になる。


わずかの兵力であれだけ勝ち抜いたのは、もともとすごい霊感があったのかもしれない。


とにかく別格の霊です。



この記事のURL:

https://www.tokyo-sports.co.jp/blogwrighter-note/1233/





以下は、平将門の画像です。


サラートP永山は、この画像を見る前から、どっしりとした太めの大柄の男性だとイメージしてました。


この画像と、ほぼ同じです。


screenshotshare_20180509_183622




霊視で見えた平将門の絵をざっと描いてみました。


イラスト:サラートP永山


怨霊やたたりなど悪いものが生まれないように、イラストの横に南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)と書きました。


イラストの上部に、お清めの意味で「盛り塩」を置きました。


_20180509_194738




専門家に見せて本当に似ているのか?検証してもらいたいですね。


東スポに送って見ようかな!などと思いましたが、あとあと怨霊やたたりになって、何か起きたら怖いので、塩をまいて普通に捨てます。


南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏


平将門様、どうか、お許しください。


悪ノリしてるわけではありません。


貴重な情報だという認識は持ってます。


重く受け止めて、崇拝いたします。


南無阿弥陀仏



サラートP永山





↑このページのトップヘ