巨大地震は、いつ起きてもおかしくないです。


ボクは、ストレスで下痢しやすいこともあり、非常時のトイレ対策に悩みました。


被災地の経験者や、トイレ対策に詳しい防災士のブログなど調べてみました!



土を掘って大便用のトイレを作る方法




東日本大震災で、自宅のトイレが使えなくなった被災者で、畑がある人がブログに次のことを書いてました。


その人の畑は広いようです。


家族4人分の大便用のトイレを、畑の横の土がある場所に作ってました。スペースがあるだけ恵まれてますよね。


作り方ですが、単純に大きなスコップで土に穴を掘ります。



深さ40センチほどの、キューブ型の穴です。

_20180217_221025




↓このように、スコップに乗って体重をかけて穴を掘るそうです。

普通に掘ったらキツイですよね。

_20180217_221041




まず、一般的なバケツに座って大便をして、紙でおしりをきちんと拭いてトイレを済ませます。


そのあと、バケツの中のウンチと紙をその掘った穴に入れて、土をかぶせれば臭いも消えて、大便の菌も土壌で自然浄化するそうです。


土には、ウンチなどの汚物の菌を殺菌して浄化する力があるそうです。


その穴が大便でいっぱいになったら、その穴の隣に、同じサイズの穴を掘り、同じようにして大便を入れます。


家族4人分で、合計で4つぐらいの穴を掘ったそうです。


必要に応じて、穴を掘る形式です。


が、よほど土がある場所が広くて、空気が通って、こまめに土を耕すことが出来ないと管理が困難です。


また、穴を掘って、大便にかぶせるほどの土がないと無理です。


土にウンチを入れて解決しようとすると、上手く管理しないと土の下からウジ虫がわくそうです。


土や畑の管理に慣れてる農家の人じゃないと、難しいですね。



「介護用ポータブルトイレ」と同じ原理の簡易トイレ




他に、介護用ポータブルトイレと同じ原理で考える方法もあります。


バケツなど、トイレ代わりになるものを用意して、常にウンチがかぶるくらいの水を、必ず入れておくことが鉄則です!


臭いが防げて、後処理が簡単になります。


従って、室内でも問題なく使えます。


出来れば、介護が必要な人がいなくても、最初から介護用ポータブルトイレを用意すると理想的ですね。



不衛生で悲惨な光景だった!被災地の避難所のトイレ情報




被災地の避難所のトイレは、たくさんの人が使うので、汚れやすくトイレ清掃を嫌がる人も多いとのこと。


東日本大震災などの避難所では、大便や嘔吐物などの汚物があちこちに溜まり放題で、見られない状況だったそうです。


避難所のトイレをアテにするのではなく、出来れば自宅でバケツなどに大便などをして済ませたいものです。


が、それが不可能だから、避難所に人が集まるのですよね。


可能なら、災害時は知人宅などに居候(いそうろう)させてもらう方法も、考えた方が良いですね。



ペット用のトイレを使う




犬用のトイレシート、猫砂などでも消臭効果が期待出来るので、代用可能です。


ボクは、試験的に犬用のトイレシートにおしっこをたくさんしてみました。


おしっこを三回分は吸収出来るほど、効果が高いです!


処理も、普通に持ち上げてビニールに入れるだけなので、簡単でした。


おしっこでシートが、イメージよりも重くなってただけでした。



本格的な簡易トイレの作り方




新聞紙をたたんだものを5~6枚重ねて、ポリ袋に広げて入れれば簡易トイレが出来ます。


これらは、普通ゴミとして処理できます。


ポリ袋を付けるところは、洋式トイレの便器が良いです。


ボクは個人的に、次のものを買いました。


簡易トイレに付いてたものです。


洋式トイレの便器の水が溜まってるところに、ポリ袋の底がつかない浅いサイズの簡易トイレ専用のポリ袋です。


色は黒です。


市販のポリ袋なら、自分で便器に合わせて底を結んでサイズ調整しても良いですね。


ゴミの回収まで日がある場合は、消臭剤、灰、重曹などをかけておくと、ベランダなどで一定期間、保管することができます。


_20180217_204540




水分とらないと血栓症(エコノミークラス症候群)になる!




避難所などで、トイレの使用を控えるために水を飲まない人が多いそうです。


そのような生活を続けていると、水分不足になり血栓症(エコノミークラス症候群)になります。


心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすリスクが高まります。


新潟中越地震では、避難所内で多くの人がこの血栓症(エコノミークラス症候群)で死亡しました。


ただでさえ、ストレスが多くなる避難所で、トイレを我慢すると重い疾患になることもあります。


非常時は、制約がある中でも被災者同士で協力して、健康管理を最適化したいものですね。


苦しいけど、その辺は最善の努力を心がけたいですね。


非常時は配管破損も起きやすく、トイレ問題が起きやすいそうです!


_20180217_204513