以下は、米軍の台風サイトの最新画像です。


熱帯低気圧(台風の卵)や、そのまた卵が次々と発生してます。


熱帯低気圧の卵は、
気象学で熱帯擾乱(じょうらん)と言います。



※熱帯擾乱とは

(コトバンクより)


熱帯地方に発生する大気の擾乱(じょうらん)のこと。


気象学で言う擾乱(じょうらん)とは、小規模な低気圧、低気圧性発達が期待される領域、雲や降水性の天気と関係する大気の流れなどをさします。


そういうものが、たくさん現れてます。


災害が重なる予兆だと思います。



画像出所:

JOINT TYPHOON WARNING CENTER 


※米軍が国防総省向けに制作している台風サイトです。



米軍の撮影日時:

7月28日(水) 6:00(現地時間)


真珠湾なので日本より9時間遅れです。


すべて、画像クリック(タップ)で鮮明になります。



↓拡大したものに、ボクがマルやハートを付けました。

マルは、気象サービスアプリのwindyや
日本気象協会が示した2つの熱帯低気圧です。

ハートは、ボクが見て熱帯擾乱か、それに近いと思うものです。

中央のハートは双子のようなものです。

従って、ハートは6個ですが合計で9個あります。

一番上のオレンジ色のカタカナの「ノ」の字は日本列島の本州です。


20210728_191838




↓マルやハートを付ける前です。


20210728_190626




↓拡大前のトップ画面です。

 
20210728_190609






最新情報です。



情報出所:日本気象協会 (tenki.jp)



記事タイトル:

熱帯低気圧が次々と発生 8月は台風シーズン本格化 

2021年07月28日16:39


https://tenki.jp/forecaster/s_ono/2021/07/28/13411.html


画像は、日本気象協会のこの記事より。


20210728_195524




◼️災害に備えて真剣に考えてること


停電・断水のセットになると、ウンチをトイレにも流しにも川にも、どこにも流せないですよね。


役所の防災パンフレットによると次の説明でした。


停電・断水時、ウンチを含めて何でもトイレや排水口に流したらいけないそうです。


集合住宅などの下の階の部屋の排水口に、逆流して上がってくるからとのことです。


排水が機能不全になってるので、流したら上手く処理出来ないのですね。


下水として上がって来るのでしょうか?


ウンチはトイレに流せないので、新聞紙にくるみビニール袋に入れて、汚物ゴミ収集日まで保管するように!とのことです。


例えば、一棟のマンションで1件や2件がそれをやるだけなら、まだ悪臭は少ないです。


が、広域で地域の人やペット全員が同じことをするのです。


この悪臭は経験ありますか?


その地域にいられないと思います。


そこで、ウンチを防臭しながら処理して肥料にする機械を探してます。


ウンチ以外の生ゴミ用なら、酵素で発酵させるとか、バイオの力で肥料にする…というものがありました。


応用したら、どうなるかな?


また、猫砂やペット用シーツにウンチや尿をくるみ、ビニール袋に入れる方法も検討中です。


ウンチ用の絶対に匂わない土を入れた花壇や大きい植木鉢、作る?


冷凍したらどうなるのか?


大便用の凝固剤が、豊洲駅の近くのイオン東雲店(しののめてん)にありましたが。


色々調べてみようと思います。


停電・断水時の、あなたのウンチの行く先はお決まりですか?