20210603_192449


画像はイメージです。


何がそうさせたのか?背景に何があったのか?


原因が気になりますね。


裏情報を入手しました。


ボクが入手した以下のサイト以外の、このデリへルの公式サイトや関連サイトは、すべて削除されてます。


捜査中ということもあり、以下に示す情報が削除されてたら、すみません。


削除されやすいようなので、テキスト(言葉や文章)にしないで、どのようなサイトなのか?遠回しな表現と、そのURLのみを示しますね。


その女の子の顔などのプロフィール的なことです。


個人ブログのようです。凄く詳しいです。


https://fortune-cafe.com/coffee/case/moriyakomichi-cuteface-sns/





その女の子のジョブのショップ。


高収入アルバイト情報サイトです。


そのサイトに、宣伝用?の31歳の女の子のボカシ顔写真があります。
 

年齢が31歳で一致、顔や髪型などの雰囲気も、ほぼ一致です。


(そのサイトの、上から二番目の写真のBさんという女の子です)


同一人物かも。


人妻の専門店らしいですが、人妻店や熟女店は実年齢をそのまま謳う店が多いです。


そのサイトが、まだ削除されてない原因は、そこの店長さんが、事件後も女の子求人のメッセージを書いてるようなので(コメントの時間が数時間前がたくさんある)、こういう時だから、あえて頑張ってる可能性もあります。が、警察などから見たら不適切なので、削除されやすいと思います。


他の高収入アルバイト情報サイトは、その店名で検索すると削除されてます。


以下より、ボクの読みです。


もしBさんが同一人物だとしたら、の話です。


利用客が見るサイトも求人サイトの内容と、ほぼ類似することが多いと思います。


求人サイトにアップする女性の写真は、ランキング一位から三位ぐらいまでの、いわゆる上位の人が多いです。


利用客が見るサイトも同じで、ランキング上位の女性をメインに載せる店が多いです。


犯人がお遊びではなく、そういうことが目的なら、サイトで目につく女の子をパッと選ぶのでは。


お遊びなら、好みもあるから入念に選ぶと思います。


目につく写真だから、選ばれたのでは。


写真の位置が悪かったのかも。


サイトのずっと後ろの目立たない位置に写真があれば、可能性として見ないから、選ばれなかったかもしれません。そういうことを考慮すると、やはり同一人物の可能性がありますね。


利用客用のサイトに、求人情報サイトにジャンプする機能を付けてるケースも多いです。


だから、利用客が求人サイトを見て、女の子を選ぶケースもよくあります。


その犯人も、一般の利用客も、そのショップの色々な関連サイトを隅々まで見てると思われます。


その女の子のジョブのショップのサイトです。


https://kanto.qzin.jp/tachikawa0930/





※ ボクが彼女なら、こうします。


会って10分ぐらいしかたってないのに、相手の承諾を得てないのに、いきなり盗撮してきたり、仮に「心中しよう!」とか変なことを言ってきた時点で、密室に一緒にいたらヤバイやつだ、何かされる!危険!と、すぐに判断します。


そして、密室に一緒にいないで、「すぐ近くの事務所に財布忘れた!すぐ来るから待ってて!」などと、口実を作って、すぐに部屋から走って出ます。


部屋から出たら、廊下とかにいないで、人通りの多い通りやコンビニ、事務所が二件隣なら事務所の中に入り、そこから勤務先の目上に通報します。


密室に一緒にいて、店の従業員に来てもらって、仲介に入ってもらって説教して、客が落ち着いたら、またサービス再開するつもりだったのでは。


突然だったので、慌ててしまったのかもしれませんね。


会って最初の時点で、盗撮とか、おかしな言動があるのは、明らかに精神異常なので、危険だ!と瞬時に判断した方が良かったです。


危険なのに、一緒にいようとしてる時点で、スキを作ってしまったのでは。


そういう仕事で、客とのトラブルで、店の従業員が間に入るケースはたまにあります。


多くは、女の子の態度やサービスが悪い、約束のサービスをきちんとしない、だから、お金は払わないとか、客から本番強要してきて、女の子が店に電話するケースです。


が、これは、客の方がクレーマータイプのワガママな性格などで、殺害とは別問題です。


よくあるワガママなクレーマータイプの客で、従業員が仲介することで、解決すると思ってたのかもしれませんね。


関連のある職業の方、もし、少しでも変なお客さんに遭遇したら、相手は何を求めてるのか?瞬時に判断すると良いですよ。


過剰なサービスを求めてる…とかなら、ワガママだけど、殺害に至るほどの悪質ではないです。


ワガママな性格というだけなら、人にもよるけど、「気持ちいいよ!上手いね!」とか、「凄いステキな方!」とか、ほめてコントロールする手法もあります。


明らかに精神異常な言動なら、ほめてコントロールする次元ではないので、危険を瞬時に察知して、その場から逃げてください。


逆上させないように、「忘れものした!」とか言って、慌ててるふりをして、まずは逃げてください!