国際的な政治情報通で知られるブラジルの有名な政治風刺画家、

Carlos Latuff(カルロス・ラルフ)

がTwitterで台風2号について、次のような「これから恐怖映画が始まる」という情報を発信しました。


日本の気象庁から警告があったとのことなので、真実に基づいた、しっかりとした根拠のある情報です。


ボクがそれを日本語に翻訳したものと、ポルトガル語の原文を以下に示します。



Carlos Latuff
@LatuffCartoons

2時間


今日(日本の4月18日 日曜日)、私は午後6時40分(ブラジル時間)に、ポルトアレグレのマリーニャパルケで、ラジオファックス(7795 kHz)を通して、日本の気象庁からの次の警告を受信しました。カテゴリー5の台風「スリゲ」が、まもなく日本を襲うとの警告がありました。



※radiofax(ラジオファックス)とは、

無線で送られるFAXのこと。



ポルトガル語の原文


Recebi hoje às 18h40 (horário de Brasília) no Parque Marinha, Porto Alegre, via radiofax (7795 kHz), alerta da agência meteorológica japonesa
@JMA_kishou
sobre Surigae, tempestade tropical que tornou-se um tufão categoria 5 (ventos acima de 250 km/h) que segue para o sul do Japão



実際は、どうなのか?米軍の台風専門サイトで、詳しく調べてみました。


以下より調査結果です。



情報出所:


JTWC

Joint Typhoon Warning Center

 (アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター)



以下の画像は、最新の台風2号の進路等の予想図です。


23日(金)まで、出ました。


右側に、解説があります。


super typhoonになってます。


そして、最大瞬間風速は、


180KNOTS(ノット)とあります。


180KNOTS(ノット)は、気象庁の換算表によると、


最大瞬間風速95m/s(メートル毎秒)です。


建物などが破壊されるレベルか、それ以上です。


すべてを吹き飛ばされるかもしれません。



台風2号の進路等の予想図と、解説をそれぞれ拡大したものと、拡大前のものを以下に示します。


進路等の予想図を拡大したもの↓

20210418_153140




その予想図の右上にある解説を拡大したもの↓

スーパー台風の認定表示と、180KNOTS(ノット)の表示に赤色の★印を付けました。

KNOTSの表示は、短く略されてます。

20210418_153446




拡大前です。

クリックすると、鮮明に見やすくなります。

wp0221-2




今後は、北東に進むそうです。


沖縄県が直接的な影響が出そうです。


上記のCarlos Latuff(カルロス・ラルフ)が、

台風「スリゲ」がまもなく日本を襲うとの警告がありました、とTwitterに書いたのは、まずは、まもなく沖縄にほぼ上陸する可能性大、日本を襲う、と日本の気象庁が海外に情報を流してるのだと思われます。


そこから次々と、他の日本の地域を襲う可能性もあるから、注意が必要だ、ということですね。


常識で考えても、沖縄だけが限定的に被害がある、とは思えませんよね。


まぁ、日本全体を心配して、Twitterに書いたのでしょう。


沖縄の後も、どうなるのか?心配ですね。


勢力をどんどん落として、日本に一切被害がないことを祈ります。


が、今その規模で、今後、北東に進むとなると、太平洋沿岸にも広範囲で被害が起きそうですね。


4月でこれって…異常気象ですよね。


米軍やブラジルなどの海外では、台風2号の情報はどうなってるのか?早々と把握したので、お知らせしました。


まもなく、リアルの恐怖映画が始まります!


気を付けてくださいませ!