ミャンマーで、反政府武装勢力がミャンマー軍を相手に、軍事行動を始めました。


文末に、ロイターの詳しい最新情報を入れておきますが、最初に、武装勢力がミャンマー軍に対して、市民を次々と殺害したことに対する報復攻撃をしました。


その報復として、ミャンマー軍が武装勢力に複数の攻撃をしました。


その中に、空爆もあります。


ミャンマー軍が武装勢力を空爆する前の、他の攻撃について、武装勢力がサイトで被害状況を公開しました。


その翻訳です。


武装勢力とは、


Karen National Unionで、KNUと略されます。


日本語だと、カレン民族同盟(KNU)です。


早速、カレン民族同盟(KNU)のミャンマー語のサイトの翻訳です。



情報出所(サイト名):

Karen National Union



記事タイトル:


KNU-Mudaw地区にあるKNU本部より、ミャンマー軍によるクーデター事件に関するお知らせ


March 28, 2021


2021年3月27日、午後7時から午前2時の間の出来事だ。


ミャンマーのKaung Mudaw Pagoda地区にある「KNU旅団5」というKaren National Union (KNU)の本部の部隊が、ミャンマー軍の2機の戦闘機に、射撃により攻撃された。


市民の家々は、燃やされて破壊された。


家の中にいた住民は、家を燃やしたあと、追加的に火をつけられて燃やされて殺害された。


その他の市民は、殺害されたり怪我をさせられた。



※ 旅団とは

陸軍の編成の単位のひとつを言う。

師団よりは小さく、連隊と同じか、それ以上大きい単位のこと。

1500人から6000人の兵員で構成される部隊のこと。

「KNU旅団5」は、1500人から6000人の兵員で構成されてると思われます。

その「KNU旅団5」の拠点の地域が、ミャンマー軍の2機の戦闘機に、射撃により攻撃されたと言ってます。



画像は、この記事より。


ミャンマー軍に、燃やされて破壊された現場です。


12Untitled-1




Kaung Mudaw Pagodaの一部がわかる観光客向けの画像です。


ミャンマーの、ほぼ中心にあります。


kaungmudaw-pagoda-sagaing






※Karen National Union

カレン民族同盟(KNU)とは



情報出所:

公安調査庁

国際テロリズム要覧2020

国際テロ組織 カレン民族同盟(KNU)



◼️主な活動地域

ミャンマー(カレン州)


◼️組織の概要

「カレン民族同盟」(KNU)は、1947年、カレン族指導者らが設立した。


ミャンマー南部・カレン州、及び、タニンダーリ地域が拠点。


カレン族の、自治権拡充を目指す少数民族武装組織である。


勢力は、推定約5,000人。


1949年から武力による反政府運動を開始。


1968年、KNUの軍事部門として「カレン民族解放軍」(KNLA)を設立。


1976年以降、ミャンマー軍に対して自治権やカレン族の権利尊重などを要求して、ミャンマー国軍部隊を襲撃してきた。


ミャンマー国軍の掃討作戦によって、1970年代までに、組織の弱体化が進んだ。


が、


KNLA最高司令官が、主導して活動を活発化させた。


ミャンマー国内における、反政府運動において主導的な役割を果たしてきた。



※要は、KNUはミャンマー国内の代表的な反政府武装勢力です。


だから、ミャンマー軍を相手に攻撃したり、逆に反撃されたり、空爆されたりなど、ビッグニュースとしてあがってくるのですね。





画像は、Karen National Union

カレン民族同盟(KNU)の兵士たち。


ネットで検索すると、男女の子供兵士の教育シーンも多いです。


山奥のジャンルのようなところで、ひそかに訓練してるようです。



画像出所:

海外軍事サイト

(ミャンマー軍やKNUに、この画像について調査される危険性を考慮して、サイト名は非公開にさせて頂きます)


jpeg


c1_1623438


20210329_212033






冒頭で紹介した

Karen National Unionのサイトの記事のタイトルとURL:


記事タイトル:

အာဏာသိမ်းအကြမ်းဖက်စစ်အုပ်စုမှ ကေအဲန်ယူ - မူတြော်ခရိုင်ဌာနချုပ်ကို လေယာဥ်ဖြင့် လာရောက်ပစ်ခတ်



記事タイトルの翻訳:

KNU-Mudaw地区にあるKNU本部より、ミャンマー軍によるクーデター事件に関するお知らせ


https://www.knuhq.org/public/en/news/55





以下は、3月29日(月)にインドの大手メディアから流れた新しい画像です。


ミャンマー軍に空爆された直後、ジャンルの防空壕のような場所に市民が隠れる様子です。


水や食料が不足してると思います。ここに隠れる時間は限られてます。大丈夫でしょうか?



画像出所:NDTV

(インドのニューデリーのメディア)


記事タイトル:

Myanmar Air Strike On Thai Border, Troops Kill Dozens Including Children



記事タイトルの翻訳:

タイとミャンマーの国境付近でミャンマー軍が空爆した。数十人の子供も含めて殺害された



この記事のURL:

https://www.ndtv.com/world-news/myanmar-jets-bomb-village-troops-kill-dozens-including-children-2400493



rl8irs58_myanmar-air-strike-650_625x300_28_March_21


j0c26ev_myanmar-air-strike-afp-650_625x300_28_March_21






ミャンマー軍の、武装勢力への空爆に関する詳しい最新情報です。



情報出所:ロイター


記事タイトル:

ミャンマー、南東部住民3000人が隣国タイに避難 国軍の空爆受け


2021年3月29日 8:18


https://jp.reuters.com/article/myanmar-politics-karen-idJPKBN2BK0R8