ミャンマー軍は、3月26日(金)の午後、ミャンマーのミェイクで、死亡か負傷か不明なデモ隊の市民の身柄を運びました。

(文末に、その動画のTwitterのアドレスを入れておきます)


某海外メディアの調査によると、同日4人の市民がミャンマー軍に殺害され、少なくとも20人以上が負傷しました。


その動画や情報の出所は、文末のTwitterを開くと書いてあります。


が、


そのメディアのabout us(私たちについて)や、歴史、コンセプトを確認すると、恐ろしいことがわかります。


恐ろしすぎて、そのメディアの名前や、どういうところか?について、テキストにして書けないほどです。


それをテキストにすると、ミャンマー軍の調査に引っかかる恐れがあります。


ミャンマー軍は、ミャンマー国内でインターネット遮断など、通信制限をかけてます。


そんな中なので、その動画・情報の出所や、そのメディアの歴史、コンセプトを、あからさまに報道することは控えたいと思います。


そのメディアのabout us(英文)を読みましたが、しつこいぐらいの凄い長文で「報道の自由を突き通したい」と訴えてます。


こういう歴史を歩んで来たから…、だからこそ、ミャンマーに関して「報道の自由」が大事なんだ!と、何回も繰り返して、その言葉、意思を書いてます。


特に、「報道の自由」に関する思い入れが強いようです。


ということは、


そのメディアについて語ることは、英語で表現すると、


it's secret and very delicate.


(機密情報の部類であり、とてもデリケートなこと)


になります。


ご理解頂ければ、幸いです。


その事件が起きたミェイクの、観光客向けの画像です。ミャンマーの南にあります。


IMG_9158-768x768


myeik-archipelago




この記事の冒頭にある、死亡か負傷か不明なデモ隊の市民を運ぶミャンマー軍の動画のTwitterです↓

閲覧覚悟!


動画は36秒です。


内容が内容なので、削除されてたらすみません。


https://twitter.com/i/status/1375423999715405829