文末に示す最新情報に、変異したコロナウイルスは、「感染力が高い=体内で増殖しやすい=重症化しやすい」と書いてあります。


このエビデンス(証拠)を、ボクが過去の専門家の話で確認してるので、お知らせします。


去年、小山慶一郎さんがコロナに感染し、「高熱が出てフラフラする」と言って、悪化したことがテレビで報じられました。


フリーアナウンサーの宮根誠司さんは、去年11月29日午後10時からの「Mr.サンデー」(フジテレビ系)で、小山さんの最新の病状を伝えました。


それを聞いた、番組に出演中の専門家(二木 芳人先生)のコメントの一部です。


「体内で、ウイルスの量が増えてるのかもしれませんね」



体内のウイルス量と、症状の重さは比例することが明らかです。


ということは、変異したコロナウイルスが感染力が高いと、体内で増殖しやすいのなら、重症化しやすいことになります。


小山さんは、生きるか死ぬか紙一重に近く、危険な状態だったのでは。


今思い出すと、ゾッとします。


その番組に関する詳しい情報です。



情報出所:Yahoo!ニュース



記事タイトル:

感染のNEWS小山 夜に症状が悪化「熱も出てきて歩くとフラフラする」


2020/11/29(日) 22:07



https://news.yahoo.co.jp/articles/bb10b94b2a633dde6069b687cf9bd88ad239352f




※ 二木 芳人先生とは

(昭和大学のホームページより)


昭和大学 医学部 内科学講座

臨床感染症学部門

特任教授




変異コロナは感染力が高い=体内で増殖しやすい=重症化しやすい!と書いてある最新情報です。



情報出所:Yahoo!ニュース


記事タイトル:

感染力高い変異種の病原性「弱いはずがない訳」

1/27(水) 16:31


https://news.yahoo.co.jp/articles/6ab227319e9941969ffc86d52d3a8247c16d3f25




【サラートP永山のミニコメント】


今後、日本国内のコロナとの戦いは、収束(落ち着きを戻す)も、終息(完全に終結する)もしないのでは。


今年の3月頃から、新たな変異コロナの感染が拡大する、と言ってる医学系の専門家もいます。


おそらく、緊急事態宣言が解除されて、油断して出歩く国民が一気に増えたあとが問題かもしれませんね。


油断しないで、数年は状況を見守った方が良いと思います。


国内外の状況の「経過観察」です。


他のウイルスも登場するかもしれないので。


そんな中、災害(地震、台風など)に巻き込まれる可能性もあります。


従って、やはり広い意味で「経過観察」が必要ですね。



画像は、地球がコロナウイルスをなかなか打ち落とせないイメージです。


op-23-12-20-cartoon