コロナの「よりリアルな」顕微鏡写真が見たくて、英語で専門情報を調べてみました。


あの有名なアメリカのTIME誌にありました。


早速、画像と解説です。



画像と情報出所:

TIME(アメリカのニュース誌)



記事タイトル:

The Scientist Behind Some of the World's Best Coronavirus Images

MAY 20, 2020 2:58 PM EDT


URL:

https://time.com/5839573/coronavirus-images/?amp=true



【画像解説】


アメリカ国立衛生研究所(NIH)の一部の、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所の研究者、エリザベス・フィッシャーは、電子顕微鏡でヒトの髪の毛の幅の10,000分の1のコロナウイルスを確認した。


この機関を英語で示すと、こうなります。


National Institutes of Health’s (NIH) National Institute of Allergy and Infectious Diseases


髪の毛にコロナウイルスが侵入し、からまってる様子です。感染してるようです。

髪の毛のキューティクルが確認出来ますね。

よほどの免疫力や、効くワクチンに匹敵の抗ウイルス・防衛力の高い成分で対応しないと感染から身を守れないのでは。

髪の毛に付くのなら、眉毛やまつ毛、体毛にも付きますね。


CORONAVIRUS02




コロナウイルスは、ヒトの髪の毛にも日常的にからまってます。


イクラのように長い束で、からまるようです。


そのようなコロナウイルスに、イクラのように筋とかゼリー状の膜とか付いてるのか?気になりますね。


コロナウイルスの表面のスパイクで、コロナ同士が合体して、からまりあってるのかもしれません。


帽子やバンダナなどで、髪の毛をガードした方が良いですね。


病院の手術用の帽子や、小学校などの給食当番の帽子が便利かも。