菅首相の演説が棒読みで問題視されてます。


また、ベトナムでASEANをアルゼンチンと言い間違えるなど、脳の言語野にも機能不全が起きてます。


ここ最近、以下の画像のように、菅首相の顔色が悪く目の下にクマがあり、お疲れっぽいので体調や持病など調べてみました。


高齢者で顔が老いてると、疲れてるのか、普通なのか、見分けにくいですね。


20201116_201707




菅首相の持病は、情報が見当たらないです。


体調の最新情報は、やっぱり…というのがありました。


最近、夕方以降の居眠りが目立つらしいです。


政界で不安が広がり、疑問視されてるようです。


医学的に分析すると、睡魔に襲われて自然に眠ってしまうのは、おおまかに次の二つが考えられます。


●心身が疲れて休養したがってる時は、自然に眠くなって居眠りしてしまうように、ヒトの体は仕組み化されてます。


そういうふうに出来てます。


自然にそのようにしてバランスを取るように、作られてるのです。


高齢者になると、疲労回復の力が低下します。


疲れが取れなくて、貯まってる可能性があります。


●突然の睡魔は、低血糖症になってる可能性も否定出来ません。


低血糖症とは、食事や病気など、何らかの原因で一旦血糖値が上がったあと、急激に血糖値が下がり、不調になることです。


睡魔に襲われることもあります。


多くの人が、よく食後に急に眠くなるのは、食事内容によって血糖値が上がったあと、急激に血糖値が下がるために起きるケースが多いです。


菅首相は高齢者なので、居眠りは複数の要因が考えられるのでは。


言語野の機能不全は、認知症かもしれません。


ヒトは疲れると、脳の言語野や、記憶をつかさどる海馬が機能不全になります。


そして、ワーキングメモリという脳の記憶や思考の処理能力の低下が起きます。


疲れると、その力に限界が来るのです。


従って、心身が疲れると、認知症ではなくても認知症と同じようになります。


これを脳医学や精神医学では、ワーキングメモリが低下した、などと言います。


が、それは高齢者以外の人によくあることです。


菅首相を医者に見せたら、高齢者ならワーキングメモリの機能低下より、認知症の方が疑われると思います。


菅首相は、認知症は少しはあると思います。認知症になってる可能性は、ゼロということはないのでは。


詳しい最新情報です。



情報出所 : 週刊現代
 

記事タイトル :

菅総理、すでに疲労困憊か…?「いねむり」にあわてふためく側近たち

11/7(土) 8:02


https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77079?page=1&imp=0



※ そのうち、倒れて「頼りない」とか「無理しないで!」などと言われそうですね。
また、免疫力も落ちてる可能性が高いので、コロナにも感染しやすくなってると思います。