イスラム国が、ウィーンでテロを起こしました。


おそらく、まだ日本で報道されてないと思われる犯人が銃撃中の画像を入手しました!


この記事は、次回予告です。


次の内容を制作中です。


早ければ、本日中に公開します。


●イスラム国の犯行声明
(ウィーンへの攻撃)


●日本で報道されてない?犯人が銃撃中の画像や犯行声明で主張した言葉の詳細

(英語で調べてるので翻訳したもの)


犯人は、犯行声明のビデオでアラビア語で話していて、海外ニュースでは英語に訳されてます。


それをボクがすでに理解していて、今、日本語に翻訳してるところです。


その言葉は、日本の報道では詳細がまだないようです。


宗教に突き動かされてるので、悪質性はなく無罪だと弁護されても、中東などの海外では通るような言葉です。


かなり宗教がらみの言葉を言ってます。


大昔の宗教から関連していることで、イスラム原理主義に基づいて、主張された言葉です。


従って、その基本情報から、わかりやすく説明する必要があります。


歴史の教科書のような内容まで書かないと、本当の意味の翻訳になりません。


イスラム過激派の犯行声明は、そのように特殊で奥深いので、単純な翻訳だと説明不足になります。


と、ボクは思ってます。


だから、もう少し時間をください。


●イスラム国の新リーダーの名前など最新情報


そのリーダーから命令された犯行のようです。



今、英語のニュース記事を数件、翻訳中です。


一度読んで、意味は理解してます。


日本語に翻訳して、どう書こうか、考えてるところです。


日本の報道機関がまだ知らない情報や画像かもしれません。


そういうこともあり、取り急ぎ、次回予告しました。


犯人が今回のウィーンで銃撃中の画像は、内容が内容なので、(アメリカ主導で?)削除される可能性もあり、この予告編の記事で早速、特別公開しちゃいます。


武器などの持ち物や、その数、ポーズ、装備、服装が、決められたシナリオのように見えます。


指揮官や監督がいて、やらされてる感が伝わってきます。


画像出所や検索ワード、検索の仕方のコツなど詳細は次回お伝えします。


犯人がウィーンで銃撃中の画像は、これです↓


Vienna-At