台風や新政権のことなどで、頭が忙しい中だと思うので、なるべく簡潔に書きますね。


山口達也さんが、今度はバイクの酒気帯び運転で逮捕されました。


皆様に、フォーカスを当てて頂きたいことです。



●ハーレーダビットソンのバイクを酒気帯び運転した。

画像は、ハーレーダビットソン。


slide_sp_20191216_1



危険性の高いバイクだとわかってたはず。


運転免許がない、幼い子供でもわかる。


それを酒気帯び運転した。


それは、自殺行為、無差別殺人行為が目的では。


根底に、そういう意識があるのでは。


山口達也さんに可能性が高い、アスペルガー症候群の症状に、自暴自棄(ヤケクソ)になるというのがある。


それもあり、可能性は考えられる。


人に傷つくこと、ムカつくことを言われて、自暴自棄になって、自殺や無差別に他殺をしたい衝動にかられたのでは。


原因は、単なるアルコール依存性だけではなく、奥が深いと思う。



●アスペルガー症候群に、先天的に併発していることが多いADHD(注意欠陥多動性障害)は、刺激を求めるため、ハーレーダビットソンのような一般より危険な乗り物を好む。


精神医学書によると、ADHDの人は症状の注意欠陥により、交通事故を起こしやすい。符号が合う。



●練馬区で酒気帯び運転した。酒を一人で飲んだとは思えない。飲ませた人、ハーレーダビットソンを酒気帯び運転することをわかってて、止めなかった人はいるのでは。その人も罪が重いはず。



●様子から更生してないので、そうさせる原因があるはず。アルコール依存性だけではなく、周囲に原因がないか。山口達也さんへの態度が非協力的で冷たい、嫌みを言ったなど。


生きる希望を失って、投げやりになって、自殺願望が根底にあったのでは。



●損害賠償、大きいのでは。


山口達也さんは払えないと思うので、親族が払う?



●被害者は、山口達也さんが酒気帯び運転
なので許さないのでは。更生してないことがわかったこともあり、和解して、示談(じだん)にはならない可能性が高い。


※ 示談とは、裁判外において、民事上の紛争を当事者同士が話し合って解決すること。


交通事故の場合、加害者は被害者に、被害者に発生した損害を賠償する必要がある。



●TOKIOのメンバーは、取材や会見など、しばらく拒否するのでは。ショックが大きすぎて、発言や心の整理など、色々なことが無理では。



●一筋縄では、原因について診断、説明が出来ないことで、奥が深いと思う。



●アルコール依存性になった時から、前回の騒動までの間、その頃から現在までの間、今後の刑務所生活、山口達也さんの人生のステージが分類されるが、どれも特殊であり、普通の人とは大きく違う。


やはり、肝心なのは原因で、日本の精神医学では原因分析が難しいかも。


その方面に強い国は、アメリカ、イギリス、スウェーデンでは。



フォーカスを当てて頂きたいことは、以上です。


複雑過ぎますね。


ボクは、医学系の国家資格取得者で、精神医学も勉強していることもあり、山口達也さんの事故を知ってすぐに、皆様にフォーカスを当てて頂きたいことが複数浮かんだので、取り急ぎ、ご報告しました。