レバノンの首都ベイルートで起きた大規模爆発。


最新情報によると、死者が100人、けが人が4000人とのこと。


NHK NEWS WEBでは、火災による熱分解が原因だという専門家の話を報じてました。


硝酸アンモニウムは、次の要因で爆発を起こす特性があるそうです。


●外部から強い衝撃を与えられた場合


●火災などで熱分解が進んだ場合


●他の物質に触れて、化学反応を起こした場合



その専門家は、次の結論を出しました。


今の段階では爆発の原因は断定できないが、火災が発生して時間がしばらくたったあとに、大きな爆発が起きているので、硝酸アンモニウムが火災で熱分解が進んで、爆発を起こしたと考えるのが自然だ。



情報出所:NHK NEWS WEB


記事タイトル:

ベイルート爆発 死者100人 けが人4000人 今も救出作業続く

2020年8月5日 19時00分


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200805/k10012552261000.html?utm_int=news_contents_news-main_004


※※※


以下は、the sunの情報です。


出所がわかるように、URLも見えるようにしてます。


screenshotshare_20200805_193659



広島の原爆と同じサイズだと報じてます。


the sunでは、今回のベイルートの爆発事件について、リアルタイムで次々と現地情報を報じてます。


トップニュースに、複数のベイルートの爆発事件の最新情報が、つねにあがってきてます。


しばらく、その報道で埋め尽くされると思われます。


最新情報を見れるように、the sunのトップのURLを入れておきますね。


現地情報を深く知りたいなら、動画がある記事をクリックするのが、わかりやすく見るコツです。


やたらと、議論の文章が長い場合は、専門家の意見を報じてる記事の可能性があります。


テロの可能性や、類似事件の歴史について知りたいなら、議論的な記事もオススメです。


the sunのトップのURL:

https://www.thesun.co.uk/