2020年 8月3日(月)、10時40分頃、東西線妙典駅で人身事故が発生。


Twitterによると、事故から約1時間半経過した12時現在、まだ電車が停まってるとのこと。


処理が長かったようです。


Twitterなどで、がっつりひいた証拠が揃ってる情報がありました。


がっつりひいた証拠とは、次の通りです。


●先頭車両のフロントガラスのずっと下の、一番下に付いてる器具が大きく曲がって破損した。


今回の東西線妙典駅の人身事故のTwitter画像です。

うっすらと血液が付いてますね。

screenshotshare_20200803_201919



↓これも、Twitterの今回の人身事故のレスキュー隊です。

ビニールの手袋と、腕にビニールのカバーを付けてます。

この手袋を付けた手で、バラバラになった遺体を拾い集めることが推測できます。

足は長靴です。

明らかに、生きてる負傷者を運ぶ装備ではないですよね。

画像の右側にいる人は、カメラを首から下げてるように見えます。現場検証など、事故処理の写真を撮影する義務があるのでしょうか。

screenshotshare_20200803_202034




●飛び込んだのは先頭車両なのに、ブルーシートが一番後ろの車両にかけられた。急ブレーキが役に立たず、先頭から後方まで、がっつりひいた証拠。


●事故車に乗っていた乗客によると、妙典駅を通過時「ガッシュ!」という物凄い音がした。


急ブレーキと同時に、衝撃と物凄い音が聞こえたので、もしかしたら思い切り人をひいたのでは…と察知したとのこと。


●ストレッチャーが用意されたのに、救急隊はストレッチャーはまったく使わず撤収した。


別の器具を運んでる消防隊員や救急隊員を目撃したので、バラバラになったのでは、と思った人もいる。



【人身事故の程度の読み方ミニ知識】


ブルーシートがかけられた時点で、バラバラ遺体などの隠したい体になってる可能性が高いです。


すぐにストレッチャーに乗せられる体なら、即座に乗せてます。


女性で衣類が切れて裸体が見えるとかのワケアリじゃない限り、ほとんどは体がバラバラになったからブルーシートで隠したいんだ、と思って良いです。


搬送のされ方も、ストレッチャーは用意したのに使わないのなら、生きてない可能性が高いです。


救急医療では、基本的にストレッチャーか、狭い場所を通る場合は椅子のようなストレッチャーに乗せます。


その場で心電図を付けたり、心臓マッサージする場合、人が多いところなら、プライバシー保護のために一時的にブルーシートがかけられることもあります。


が、すぐに病院に搬送が必要なので、そのための救急車なので、そういう場合はブルーシートは一時的です。


ブルーシートが長時間かけられてるなら、死亡してる可能性が高いです。


血液などの液体も含んだバラバラになった肉を入れられる、ボートみたいな箱を持ってきたら、遺体を運ぶ器具なのでヤバイです。


ソリみたいな箱形のバケツみたいな器具です。


もちろん、遺体専用のビニール袋に入れますが、それをストレッチャーには置かないです。


万が一、血液などの汁がたれてくるかもしれないので、防水の箱形のバケツみたいな器具を使います。


また、経過時間ですが、人身事故の通常の処理の「約1時間」より長かったら、遺体の処理に手間取ってる可能性が高いです。


体がバラバラに切断されて、腕とか一部が見つからないとか、パーツの捜索に時間がかかってるのかもしれません。


「ガッシュ!」という音がして、がっつりひかれたら、体がつぶれたり線路にすりこまれてる可能性もあります。


探しても見つからないパーツもあることでしょう。


すりこまれてるものを諦めるまでの時間が、大幅にかかるのかもしれませんね。


現場検証ですね。


まとめると、


まず、ブルーシートがかけられてる位置を確認してください。


先頭に近いほど、意識があるとか軽症の可能性が高いです。


ブルーシートが後方なら、先頭で飛び込んで後方まで、がっつりひかれてバラバラになってる可能性が高いです。


救急隊員などが運んでる器具を見ると、怪我の程度が推測できます。


運んでるのがストレッチャーで、すぐに乗せてるなら、死亡してる可能性は低く、すぐに病院に搬送されます。


箱形のソリみたいな器具なら、遺体入れなので、そこに入れるまで時間がかかります。現場検証もあるので。


事故からの経過時間が1時間以上なら、バラバラ遺体の処理に手間取ってるなど、混乱が生じてる可能性が高いです。


取り急ぎ、人身事故の程度の読み方の目安になる情報を入手したので、お知らせしました。


NHKニュースなどによると、コロナの影響で、6月いっぱいで解雇になり、仕事の契約が切れる人が多いそうです。


7月に支払われる給料が最後で、貯金も底をついてしまい、国の支援もなかなか行き届かないとか、国への相談の要領がわからないなどで、自殺を考える人が増えるようです。


ここ最近、コロナ自殺の方が急増してる気配ですね。


今後、さらに増えそうですね。


台風、豪雨、大地震、コロナの他にも、人身事故にも気を付けましょう。


これだけでも、災害が5項目あります。


戦争やミサイル攻撃とか起きたら、6項目以上ですね。


厳しい世の中になりました。


出来る限り、明るく楽しく生きる工夫をしましょうね!



【あなたにオススメな最新記事】


【閲覧覚悟】天安門事件で戦車にひかれた人の画像集

2020/08/16 00:01

http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/23400873.html