2020年 7月9日(木)16:00頃、東京下町の荒川で、堤防決壊、河川氾濫に備えた応急処置用の、仮の堤防の材料(大きな土のう)がたくさん積まれた船(タンカーのようなもの)を電車の窓から目撃しました。


何年も、この場所を電車で通ってますが、普段は見ないものです。


荒川の場所は、東京メトロ千代田線の北千住駅と綾瀬駅の間です。


その「大きな土のう」は、次のニュース記事の画像と、まったく同じものです。


ニュース記事の画像は、熊本県人吉市で、緊急復旧工事で作った仮の堤防です。画像の奥の方の、ブルーシートのようなもので作られた堤防です。それを簡易的に押さえてある、大きな土のうです。


画像出所:朝日新聞



目的も同じだと思われます。


screenshotshare_20200709_192702



明らかに、荒川の堤防決壊、河川氾濫を予測して備えてますね。


ちなみに、以下の画像は、同じ日の早朝6:00頃に撮影した荒川です。


場所は、北千住駅付近です。


念のため、氾濫前を撮影しておきました。


普段から、少しの雨でも画像のような氾濫ギリギリの水位です。


_20200709_192829



↓この画像の、石ころがたくさんある川岸では、よく釣りをしている人を見かけます。


_20200709_192949



危険な場所ですよね。


洪水が起きると、この石ころの川岸は広域で一帯が水没します。


今回の異常な梅雨前線などで、荒川の堤防決壊、河川氾濫の可能性が非常に高いです。


多くのメディアが何年も前から報じてますが、荒川の堤防が決壊すると、東京都の大半が水没するそうです。


綾瀬駅の海抜は、マイナス3メートルです。


錦糸町もほとんど同じです。


河川の水面の方が、陸地より3メートル高いです。


有名な話ですが…


私用で数年ここへ来てます。


が、東京下町にいることは、明日は我が身、明日は水死だと思ってます。


荒川で、応急処置用の仮の堤防の材料(大きな土のう)がたくさん積まれた船を目撃したので、取り急ぎ、お知らせしました。


その光景は何を物語ってるか?ですが、まもなく荒川の堤防決壊…の予兆の可能性が非常に高いです。


どなた様も、気を付けてくださいね!




サラートP永山