ボクは、6月29日(月)の夜、突然、下痢しました。


原因は、冷たい牛乳の飲み過ぎ。


コップに冷たい牛乳を2杯ぐらい、どちらかというとイッキ飲みしました。


理由は、この牛乳が特別に美味しいから。


普段なら、これぐらいだと下痢はしません。


が、仕事のストレスや、コロナや災害の不安、心身疲労、熱中症気味など、複数のストレス・負担が重なり、腸が弱っていたのかもしれません。


こういう時の食事メニューは、内科医によると、油ものは下痢を誘発するのでダメらしいです。


チョコレートも油ものなので、ダメです。


こういう時は、油もの以外で、温かいもの、消化の良いものが良いそうです。


そこで浮かぶのが、次の食べ物です。


●少しでも体力をつけたい時で、ある程度きちんとした食事メニューなら、温かいうどん(下痢してるなら具は何もなしが適切)


●過去に下痢してる時の経験上、栄養がとれて体力がもって回復につながったのは、カロリーメイトを一口ずつ食べれる時に食べていくこと。


●災害時にあった方が良いと、下痢してる今思うものは、卵ボーロ、ビスケット、おせんべい、これらを一口ずつとか、少しずつ食べれる時に食べていくと良いと思います。


●下痢が回復したら、温かいごはん、パン、災害時なら、特にフルーツの缶詰がビタミンがとれて良いです。


災害時は、下痢してる時のベストな食べ物は、種類は多くないのでは。


ほとんど、今書いたものぐらいだと思います。


裏を返せば、平常時に、これらの食品を備蓄すると、災害時に下痢した時、役立ちます。


また、飲み物は、下痢してる時や体調不良の時は、「白湯(さゆ)」、要は、ぬるま湯が理想的です。


日頃から、「白湯(さゆ)」を適切な温度で上手く作れるように練習すると良いです。


熱湯に水を半分足すとか、自分なりの作り方をマスターしておくと良いですね。


いきなりだと、特に災害時だと、なかなか作れないと思います。


平常時でも災害時でも、常温よりは出来たら「白湯(さゆ)」が体に優しいです。


screenshotshare_20200629_211606



夏の健康管理も、冷たい飲み物をがぶ飲みするよりは、「白湯(さゆ)」が良いです。


冷たい飲み物は、口の中で温めてから飲むように!と、医学書に書いてあります。


夏は冷たい飲み物が、本当に美味しいけど、下痢するなど健康には悪いです。


皆様も気を付けてくださいね!


災害時、多くの人が感染症やストレスが原因で、下痢すると思います。


下痢の時用の災害時の食事メニューも用意する必要があります。


豪雨や台風、大震災など自然災害が襲来する直前なので、災害時の食事メニューの提案をお届けしました。



サラートP永山