銃器などが、たくさんある武器庫の画像を発見しました。


早速、闇の世界にご招待します。


screenshotshare_20191203_003718


↑この扉の画像は、イメージです。


反社会的勢力などの、銃器の入手方法をネットで調べてたら、詳しい人のサイトにヒットしました。


そのサイトに、次の武器庫の画像がありました。


画像にシャッターがあるので、倉庫というより駐車場かもしれませんね。


_20191201_221135



反社会的勢力といっても、種類が色々です。


詐欺など何らかの犯罪行為をした人、暴力団、反社会的な分類の右翼団体、テロリストなど。


この画像の武器庫は、その中のどの属性か?、画像の出所は、執筆者の方がワケアリみたいなので書けません。


キーワード「銃 入手方法」で、ヒットしました。


ライフルが多いので、飛行機で密輸ではなく、船で密輸したものかもしれませんね。


飛行機だと隠せないですよね。


船なら、乗組員が頭を使って、荷物の中に紛れ込ませて、セキュリティを免れれば可能だと思います。


船そのものが反社会的勢力のものなら、密輸がスムーズに実行出来るのでは。


あまりにもライフルが多いので、まとめ買いしたのでは。


ロシア人から入手することが多い、という情報が濃厚です。


ということは、北海道や北方領土あたりから船で…というパターンが多いのでは。


また、北海道でロシア兵から入手出来た時代もあったようなので、その時代に入手した古いものを保管してあるのかもしれません。


中身を改造すれば、新型として使えるのでは。


銃器の技術者なども、反社会的勢力のグループにいると思います。


ちなみに、この画像とは別件で、空気銃をネットの通販で購入して、自宅に不審者が来たら、それで脅すという警察関係者がいました。


が、そもそも警察官は銃器を持ってるので、弾は持ってますよね。


弾をつめれば、空気銃でも使えるのでは。


警察官や自衛隊の知人で、弾さえ入手出来れば、空気銃などでも使えると思います。


警察官は貧乏人が多いので、反社会的勢力に弾だけ、あるいは銃器を売ってるかもしれませんね。


日本国内の銃器の流出ルートを調べたので、一部公開しました。