桜を見る会に、入れ墨を入れた反社会勢力が参加していたそうです。


そういう人が、菅官房長官と握手しているシーンの画像です。


Twitterなどより。


_20191122_063355



_20191122_063052




【追記・2020年 1月17日(金)22:04】


なんと、1月17日(金)さらにキーワードからのアクセス急増中です。


ここで、ツッコミ・プチコメントです!


ここまで腐敗がひどいと、関与した人物は「政治家」ではなく「政治屋」だと思えてきます。


実態は、不正行為を成功させてナンボ…の「政治屋」では。


この機会に考えて頂ければ、と思います。


中国の政界に腐敗問題が多いという専門書が、大型書店でたくさん売ってます。


が、日本も変わらない、というか日本の方がひどいかもしれません。


日本は中国と違い、次々と機動的に腐敗を撲滅していく国ではないからです。許容範囲内に大事にストックしてきたところが、中国と違います。





詳しい基本情報です。


情報出所:ビジネスジャーナル


記事タイトル:

「桜を見る会」に反社勢力が参加か…半グレや詐欺グループ関係者の目撃談

2019.11.19


サラートP永山が簡潔にまとめますね。



「桜を見る会」では、多額の公費を投入したにもかかわらず、シンゾーアベくんの後援会関係者約850人が招かれていたことが発覚した。


来年度の開催は中止となった。


シンゾーアベくんが、前日に地元支援者を招いて開いた夕食会は、会費と実費が別々になっていたという疑惑もあった。



※建前としての会費は取ったが、さらに上乗せして実費も取ったと受け取れる。


少額を小さく積み重ねてボッタクる、プチボッタのやり方に近い。


都内の繁華街で、ボッタクリが流行していた17年ほど前のパターンを一部書きますね。


抜きありのマッサージ店で、最初は3000円ポッキリ、それ以上かかりません!と言ってる。


が、店に入ると、


女の子の手によるマッサージならプラス5000円、


口ならプラス7000円、


口に出すならプラス9000円、


女の子のボディタッチするならプラス11000円、


などと、次々と上乗せして、結局は30万円ほどボッタクリをするケースが主流でした。


やり方が、それに近いです。



さらに、内閣府は、今年の招待者名簿を早々と破棄した。


これは、批判を浴びている。


その後、名簿に記載があってはいけない名前でもあったようで、出席者はTwitterやFacebookなどのSNSに投稿した画像を一斉に消去した。



■ 写真に写りこむ反社会勢力が判明!


桜を見る会の出席者のSNSの洗い出しが始まった。


その結果、芸能人や起業家などのアカウントがまとめサイトなどでさらされ、炎上し、各自が削除に追われる事態となった。


これらは、政府の招待基準を明確に公表していないことが原因だ。



■ 菅義偉官房長官の苦しい答弁


菅義偉官房長官は、13日の会見で次の答弁をした。


「さまざまな意見があることを踏まえ、政府として招待基準の明確化や、招待プロセスの透明化を検討したい。予算や招待人数も含めて、全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行うこととし、来年度の桜を見る会は中止をすることにした」


裏を返せば、「招待プロセスを透明化しなければならない」ほど「不透明な招待」だったのだ。


誰が来ていたのか、わからないイベントだった。


反社勢力などの、その筋の人間が、総理大臣主催の桜を見る会に招待されたことは、政府の次の考え方か?という見方もある。


功績があり、業界の代表としての顔を持つ人を招待したい。


それは、極道の代表も含めてだ。


今年の招待客は約1万8000人。


出席者全員の「身体検査」を短時間で完了させることは、困難な数字だ。



このニュースのURL:


https://biz-journal.jp/2019/11/post_128749.html




【サラートP永山のコメント】


シンゾーアベくんのワイフが、あちこちに交友関係があり、その関係で反社勢力なども招待したという情報もあります。


人数を多くして、華やかに盛大にするために、でしょうか?功績がある人なら誰でも呼べば良い、と勘違いしていたのかもしれませんね。


低レベル過ぎることなので、国際社会問題にもならないですね。


つーか、こんな国にいて不快です。


恥ずかしいし…


だから、早く海外に亡命しよう!



【追記・11/22(金)PM9:58】


最新情報です!


菅氏は、「桜を見る会」で入れ墨入りの反社と面識がなく、誰だかわからないのに、握手して記念撮影してしまったことなどを認めてます。


よく見ると、反社とツーショットしている菅氏の顔が、確かにカタギじゃないよな…と気づいたみたいで、ひきつってますね。


最初に入れた菅氏の顔、拡大して入れておきますね。


カタギじゃないよな…と、ひきつってませんか?


顔のところどころに力が入ってます。


_20191122_215445
screenshotshare_20191122_215746


チーン!と、おがんであげよう!


その辺の最新情報です。


情報出所:東スポ


記事タイトル:

菅氏「桜を見る会」反社ツーショット流出 政治家の宿命?危険な名刺交換

2019年11月22日 16時00分


https://www.tokyo-sports.co.jp/social/politics/1630785/



※ サラートP永山のツッコミ・コメント


菅氏は、安易もいいとこで、テキトーですよね。


誰でもいいから「ドーモドーモ!」と、安易に握手して名刺交換しちゃう、飲み屋によくいる酔っぱらいのオッサンと同じですね。


酔っぱらいのサラリーマンの間で、よくあるらしいですよ。


酔っぱらった勢いで、全然知らない人と握手して、名刺交換しちゃった…というリーマンのオッサン、たくさんいます。


似てますよね。


その記事には、海外の要人も招いてる場なので、反社など呼んだら安全面に問題がある、と書いてありました。


セキュリティのレベルが一番高い国は、イギリスらしいです。


イギリスだったら、こういうマヌケなことがあるかな?と思いました。


政府が頼りないと思えてきて、不安になってきた国民はたくさんいるのでは?


我々国民は、クーデターとか亡命まで行かなくても、自分の道は自分で切り開く戦闘能力を鍛えよう!


頭から政府を頼りにする生き方は、本当にもうやめよう!


頭を切り替えた方が良いと思います。



ボクのこの記事に、キーワードからのアクセスが、特に本日・11/26(火)の夕方から、またまた殺到してます。


GoogleやYahoo!で、あらゆるキーワードで検索一位になってしまいました。


複数のテレビ局が、何回もアクセスしてます。


それを見ると、この話題、ワイドショーなどで取り上げられたり、何だかんだ長引きそうですね。



サラートP永山のコメント追記



更新日:11/27(水)


桜を見る会に、誰を招待しようと主催者側の自由です。


が、政府が少しでも関与するイベントなら、参加者について国民に説明が必要だったのでは。


何の説明もないまま、参加者に関する情報が一人歩きしてしまった。


それを、事前に防止出来なかったことに問題があると思います。


企業もそうですが、組織が大きくなり過ぎてしまうと、細部まで配慮が行き届かなくなります。


どうしても、ボトルネックが発生してしまいます。



※ ボトルネックとは、経営学用語で、全体に悪影響を与える一部の不備。指導が行き届いていない下層部の不備が多い。



それを防ぐためには各部署ごとのチェック機能が完全であることが望ましいですね。


チェック機能は存在しているものの、何年も更新されてなくて、甘かったのかな?とも思います。


政府は、会社経営のプロではないので難しいのかもしれませんね。


政府の運営会社として、民間企業を間に入れたらどうでしょうか?


日本の国が、経済的に豊かになり続けるために必要です。


このような事件が起きた今が、決断の時では。


また、自然災害やテロ事件なども、いつ、どのように起きるかわかりません。


政府の運営会社として、民間企業を導入する計画について、桜を見る会の最高責任者、および、ご担当者など、ぜひご検討くださいませ!



【お知らせ】


11/26(火)の深夜、この記事に、冗談で「いっそのこと、反社ではなくイスラム国を呼べば良かったのに」と書いたら、一気に検索順位が落ちてしまいました。


Google大先生は、冗談が通じなくて、テロ事件を誘発するワードだと勘違いして、検索順位を下げた可能性もあります。


例えば、アダルト的な、ひわいなシモネタを記事に含むと、一気に検索順位が落ちることがよくあります。


イスラム国を呼べば良かったのに…が、冗談通じなくて、その現象に近かったのかな?と思われます。


が、そのようなワードを削除して、経済的に豊かになるようなテキストや、自分のコメントを更新すると、また検索順位が上がり、元に戻る時が過去にありました。


しばらくは、様子を見たいと思います。


ご存知の方も多いと思いますが、SEO対策の重要事項として「Google大先生は冗談が通じない」を忘れないで覚えておくと理想的ですね。


人ではないので、仕組まれた判断しか出来ないのですね。



★追記・11/28(木)AM9:52


この記事、検索順位が回復してきました!


今朝早くから、GoogleやYahoo!で、キーワードからのアクセスが増えてました。


多くの訪問者は、「反社」ではなく「反社会的勢力」を含めたキーワードを使ってるようです。


ボクが、「反社」を含めたキーワードで自分で検索しても上位にはなかったのですが、「反社会的勢力」を含めて画像のところで検索したら、画像が一位になってました。


11/27(水)の菅官房長官の記者会見で、ブログに桜を見る会での、反社会的勢力と菅官房長官のツーショット写真が掲載されてる!と、指摘のシャワーを浴びてました。


そのブログとは、ボクのブログも含まれてると思われます。


政府関係者は影で、サラートP永山のブログに載ってた、と話してるかもしれませんね。


「別に!」いいけど。



【関連「有力」記事!】


情報出所:ライブドアニュース


桜を見る会に反社関係者が参加していた?紹介者は近畿地方選出議員か

2019年11月21日 16時0分


https://news.livedoor.com/article/detail/17414290/





情報出所:FRIDAY


安倍晋三総理主催「桜を見る会」 元山口組組員まで招待されていた

2019年11月22日


https://friday.kodansha.co.jp/article/80551





情報出所:東京新聞


桜を見る会 警備不備 反社会勢力出席か 菅氏認める


2019年11月23日 朝刊


https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201911/CK2019112302000146.html




「知らなかった」では済まされない!と毎日新聞が強く批判



11月27日、毎日新聞が言葉を強めて、菅官房長官を厳しく批判したニュースが流れました。


以下にまとめます。



情報出所:毎日新聞


記事タイトル:

「芸人はNG」でも「政治家はOK」? 桜を見る会、菅官房長官「反社?とツーショット写真」のモヤモヤ


2019年 11月27日 23時18分



サラートP永山が、わかりやすくまとめますね。


●「桜を見る会」の新たな疑惑だ!と最新ニュースが報じられた。


●菅義偉官房長官が「桜を見る会」で、反社会的勢力とされる人物と、写真に写っていたことが浮上した。


●吉本興業の芸人が、反社会的勢力と写真に写っていた件では、芸人たちは謹慎など重い処分を受けている。


●これに対し、菅さんはどうするのか?という深刻な問題が全国を騒がせた。


●ことの発端は、SNSのツーショット
だ。


「桜を見る会」の出席者が、過去に東京・新宿御苑(当時の会場)の芝生の上で、菅氏と握手する場面など複数の写真をツイッターに投稿した。


●現段階では疑いだが、この写真の中に、詐欺事件に関わった反社会的勢力の一員が写っていた。


●週刊誌などのマスコミが次々と、「反社会的勢力を招待」と報じ、全国に騒動が拡大。


●菅氏は26日の記者会見で、そのような指摘に次のコメント。


「出席は把握しておりませんでしたけれども、私が、桜を見る会で写真を撮った中に『そうした方』がいたというご指摘を受けましたので、結果として入っていたんだろう、ということを申し上げたところであります。何年の分か分かりません。いつの時だったか。まったく分からない状況ですけども、まあ、マスコミの方から『そうした方』というご指摘をいただいたということは、これ事実でありますから、結果的に(会に)入られたんだろう…というふうに思ってます」



●菅氏が、「そうした方」と親密な付き合いがあるとは考えにくいが、菅氏は27日の記者会見で「写真を撮影した人物と面識はない」と、「知らなかった」と述べた。


が、反社会的勢力であることが事実だとしたら、国民の税金で開催される公的の行事なのに、「そうした方」を招くことや、一緒に写真に納まっているのに「知らなかった」とコメントすることで済まされるのか?


(…と、毎日新聞は怒りを込めてか、炎上に近いモードで言葉を強めています)



このニュースのURL:

https://mainichi.jp/articles/20191127/k00/00m/010/348000c



※ サラートP永山のNewコメント

(この毎日新聞のニュースを見て感じたことなど)


暴力団など反社会的勢力との付き合いは、全国の役所で厳しく取り締まりをしています。


例えば、生活保護の申請者に対して、役所の福祉課で、最初に「暴力団とのつながりはありませんか?」と聞かれるそうです。


生活保護法では、生活保護を受ける人は、暴力団とつながりがある人は、お断りしています。


それを考えると、菅官房長官が反社会的勢力と握手しているツーショット写真、そして、菅官房長官本人がそれを認めてることは、大問題です。


政府関係者が、反社会的勢力との接触を許されるとは思えないので、法律違反になるのでは?


そのような背景事情の関係で、当時の桜を見る会の参加者名簿を破棄した、とも受け取れます。


この問題、完全に解決するまで長引きそうですね。


当事者は政府、菅官房長官なので、マスコミは一番乗りで取り上げると思います。


報道機関として、放置出来ない問題です。



【特別追記・11/28(木)17:34】


この記事、検索順位がかなり回復してきました。


特に、11/28(木)の夕方から、あちこちのテレビ局、新聞社、報道メディアが続々とアクセスしてます。


元職場のテレビ局や新聞社までも…


鳥肌立ってます。


プロフィールにテレビ局での勤務について少し書いてるので、そのテレビ局は自分の局だとわかったと思います。


うちの元スタッフが、Bloggerとして人気出ちゃってるけど、変なこと書いてないか?など、監視も兼ねて読んでると思います。


特に、その局には隅々まで読まれてるはずです。


何回も何回も、鳥肌立ってます。


が、そのテレビ局さん、他の複数のライバル・テレビ局は、この記事にもっと前から何回もアクセスしてます。お宅よりも、もっと入念に読まれてると思います。


特に本日の夕方から、一部ではなく、すべてに近いほどのテレビ局、報道機関が続々とアクセスしてるので、企画が重複しないように、気をつけてくださいね。


としか、今そこに言えない立場です。お世話になってるのに、すみません。こんなことで、色々と気を使わせてしまい、申し訳ない気持ちです。


以下に示しますが、報道機関が他社と企画が重複しないための提案を書いたので、ご参考にしてくださいませ!


今夜は眠れなくなりそう…


端末を一切触らないようにして、電源を切って工夫して、頭を他のことに切り替えないと。


前述のように、一度検索順位が落ちてるので、この記事のことは諦めて忘れようとしました。


が、本日の夕方から、検索順位が回復してます。


あちこちの報道機関も含めて、アクセス殺到が予想以上です。


普通ではない状況になってしまい、プレッシャーのような複雑な心境です。


お読み頂き、ありがとうございます。





すべての報道機関向けに、他社と企画が重複しないための秘訣も含めて、報道企画案(フォーカスを当てて頂きたいこと)を書きました。


以下の通りです。


ぜひ、ご参考にして頂ければ、と思います。


報道機関以外の人も、こういうことを報道して欲しい!と思うことが多いと思います。


この記事を参考にして、テレビ局などにリクエストしてみては!


話題性の高いタイムリーな題材なので、報道としてのバリュー(価値)があります。



★オススメ!「最新」記事


桜を見る会 反社の報道企画案


2019/11/27 00:38


http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/20367602.html



【あなたにオススメ!】


関連★最新情報!


記事タイトル:

カラー霊視:桜を見る会、今後。どうなる追求?展開はあるのか?

2019/12/02 23:43


http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/20453670.html





安倍総理が主催の「さくらを見る会」に、偽造招待状が存在するのか?文書偽造の世界に詳しい有識者の話です。


昔から、たくさんあったみたいです。あってはいけないことが、現実にあるんですね。


今まで問題なく通ってることが、問題です。


怖いです。



情報出所:FLASH


記事タイトル:

「桜を見る会」偽造招待状で参加した「お水の女王」

11/21(木) 6:40


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00010002-flash-peo



【最新記事のご案内】


記事タイトル :

報ステに 「桜…菅と反社」の過去記事にアクセス急増の件と企画案を投稿した!放送に採用の可能性も。気にとめておいてください!

2020/09/16 19:17


http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/23716318.html





記事タイトル :

菅氏に決定直後から反社との関係疑うキーワードで例の桜…の過去記事にアクセス急増中!予想以上で怖いほど!菅政権、このままではマズイのでは…

2020/09/14 21:06


http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/23697407.html