2020/02



ここ最近、新型コロナ感染者が出るたびに都道府県、自治体が記者会見してますよね。


そのような報道を見るたびに、「感染者が出るたびに、いちいち会見?」「また?」と疑問に感じてます。


screenshotshare_20200229_163923



テレビやサイトの報道では、会見で話す人の上半身しか撮影されてないので気づきにくいですが、話す人の周囲にいる報道陣や関係者、部屋の広さ、話す時間を考えてみてください。


狭い空間で複数人が長時間の集まりをしています。


飲み会やライブに匹敵で、感染リスクが高く、政府が国民に要請している、やってはいけないことでは。


感染者が出るたびに、いちいち都道府県、自治体などが記者会見は、そこから新たに感染を広げる可能性大なので、方法を変えるなど考えた方が良いと思います。


例えば、感染者が出た都道府県などのホームページで、代表者が顔写真付きでコメントする、それを政府主導でトップニュースで流すなど。


テレビや端末を通した方が良いです。


会見の時、話す人は高知県など、一部を除いてマスクをしてないですよね。


狭い空間なら、マスクの有無は感染リスクはあまり関係ないのでは。


マイクでハキハキと、一定時間話しっぱなしですよね。


狭いカラオケボックスで、大人数の中、マスクなしで一定時間、歌いまくって感染を広げてるのと同じです。


認知症患者のように、従来のやり方にこだわっていて、頭を使ってない?


今後、そのようなケースがあちこちで増えたら、行政主導の同時多発テロに匹敵では。


これ、早く気づかせないとエスカレートして、永遠に気づかないで、こりないのでは。


誰が誰に気づかせる?


ボクが、力のある報道機関に投稿でこのことを伝えて、その報道機関が報道を通して政府に伝えて、改善してもらうことを考えました。


力のある報道機関とは、テレビ局が影響力が大きいと思います。


が、ボクは2件のテレビ局が仕事で関係してます。


そこは避けて、過去にリクエストなど重ねて、何回も放送に採用された経歴のあるテレビ朝日「報道ステーション」に、このことを投稿でお願いしました。


次のような放送の企画案も伝えました。


有識者に、「感染者が出るたびに都道府県などが会見は感染リスク高いのでいけないよ!」と、しゃべらせて!という趣旨のことを伝えました。


早ければ明日、親会社の朝日新聞か、その関連、テレビ朝日系列の報道で取り上げられるかもしれません。


※ 報道ステーションにリクエストしたことが、朝日新聞で報じられたことが何回かありました。


テレビ朝日の局内に、朝日新聞の人がいて、一緒に仕事してるのだと思います。


視野に入れて頂ければ、と思います。



サラートP永山







この内容をメモするかコピーして、スーパーなどに持っていき、食品の備蓄の買い物リストにしてくださいませ!


従って、なるべく短く書きますね。


新型コロナ感染拡大が、全国的に深刻になってきました。


北海道が、今週末の外出自粛を要請しました。


全国どこも、北海道と差はなくなるのでは。


北海道だけ限定的になる、ということは考えにくいです。


ということは、政府は北海道と同じことを、全国にも要請して来ると思います。


そこで、食品の備蓄のコツをお伝えします。


出来る限り早めに、2週間分、備蓄すると理想的です。


使ったら買い足すというローリングストック方式で、つねに2週間分の備蓄が必要です。


何をどのような配分で揃えたら良いのか、というところまで、ボクの提案を書きます。


具体的な商品名や数量については、それぞれで必要に応じて決めて頂ければ、と思います。


自宅を、2週間分の食品ストックがあるレストランだと思って考えると、スムーズに行きます。


もうマニュアル化されてると思って進めると、楽チンです。


あれこれと悩まなくて済みます。


2週間分の食品ストックがあるレストランなら、次のものが揃ってると思います。


ボクは料理研究家で、グルメです。


あちこちの飲食店を、アルバイト経験やお客さんとして巡り、飲食店のストックのパターンがだいたいわかりました。


備蓄したい食品リストと、全体の何割という配分を書いていくので、それを参考にして買い物してみてください。



【日もちするもの★全体の7割】


●ツナ、魚、ハンバーグ、おでんなどのたんぱく質の缶詰めか、レトルト


●サラダや煮物など野菜料理のレトルト


●インスタントスープ


●冷凍食品(おかず類)


●調味料(魚にもかけると美味しいパスタソース、中華調味料などで、なるべくレトルトのもの)


●ワンタンや、スープ餃子などのすぐに作れるセットのパック

(残り野菜が古くなってきた時に、残飯整理する時にスープを作る。

ボクは伊藤ハムの「こてっちゃん」シリーズの、もつ煮込みセットをよく買ってます。味噌味、醤油味、チゲ鍋味など豊富です。キャベツやニラなどの野菜を同時に鍋に投入するだけでソッコーで完成します♪)


●炊き込みご飯のもと

(パエリアなど洋風のものも含めて色々と。残り野菜や鶏肉、かまぼこなどが古くなってきた時に、残飯整理する時に使う。米だけは3ヶ月分ぐらい備蓄すると理想的です)


●カレー、シチューなど具材が入ったレトルト

(ブロッコリーのみを足すなど工夫するのも手です♪)


●ピザソース、ピザチーズ、食パン、ピザクラフトなど、残り物でピザを作るセット

(ボクの場合、ストレス解消にパインの缶詰め、りんご、オレンジなどでフルーツピザを作ってます。普通のチーズか、クリームチーズなどのシンプルなチーズピザに乗せるだけでフルーツピザ完成です♪あとは、レモン汁やココアパウダー、シナモンをふると美味しくなります。マシュマロやお餅を乗せても楽しくなります)



【日もちしないもの★全体の3割】


●野菜


●卵


●肉


●魚


●豆腐


●納豆



※ 調味料は、和洋中、エスニックなど豊富に用意すると、食材を無駄なく使いきることが出来ます。


これらを上に書いたような配分で、2週間分用意すると、節約にもつながるし、ヘルシーなメニューが続きます!


飲食店は、意外と冷凍食品、レトルト、パック入りのサラダ、調味料などをメインに使ってます。


野菜や肉などの、日もちしない食材の方が少ないところが多いです。


参考にしてみてくださいね!



★節約&ヘルシー料理研究家★


サラートP永山







↑このページのトップヘ