2019年03月



政府ビルを爆撃して、政府高官の死者を出すなんて、戦闘能力が戦争レベルですね。


背後にどこかの国家がついてる可能性を感じます。


テロ直後の画像が、日本にまだたくさん出回ってないのでサラートP永山がお届けします。



情報出所:voanews


Voice of America (VOA)


VOAは、アメリカの大きな放送局でアフリカのニュースにも積極的に取り組んでいる。



記事タイトル:

Al-Shabab Attack in Somali Capital Kills at Least 10

Last updated on: March 23, 2019 7:18 PM



和訳:

アル・シャバブがソマリアの首都を攻撃して10人が殺害された



(本文の翻訳まとめ・
日時のみ英語のままにしますね)


March 23, 2019に、Somaliaの Mogadishu(モガディッシュ) で、自爆攻撃テロが起きた。


車に爆弾を積んで首都の政府機関のビルに突っ込んだ。


Al-Shababの銃を持った男は、自爆攻撃テロが起きたあと、地元警察に銃撃された。


死者は10人、負傷者は10人以上だ。


画像は、この記事より。


screenshotshare_20190325_055450


screenshotshare_20190325_055550


screenshotshare_20190325_055507



詳しい情報は、次のニュースにあります。



情報出所:読売新聞


記事タイトル:

ソマリア首都で過激派が襲撃、労働副大臣ら死亡

3/24 21:49


【重点の簡潔まとめ】


モガディッシュで、労働副大臣を含む10人以上が死亡。


アル・カイダ系イスラム過激派組織「アル・シャバブ」が犯行声明を出している。


https://www.google.com/amp/s/www.yomiuri.co.jp/world/20190324-OYT1T50141/amp/



取り急ぎ、現地の様子をお伝えしました。


サラートP永山




イギリスのロンドンで、EU離脱問題を巡り大規模デモが起きてます。


次のコトを、サラートP永山がわかりやすくまとめました。


●デモの最新情報

●EUとは何か?


※ こういう記事を書くと本を書きませんか?とか、出版社などからスカウトされるので複雑な気持ちですが、読者様のために愛を込めて書きまーすっ!出版社様方、順を追って仕事お受けする予定なので、長い目で見てお待ちくださいませ!



最新情報のまとめです!


情報出所:TBS


記事タイトル:

EU離脱問題 英国で大規模デモ、国民投票のやり直しを要求



サラートP永山が「タメグチ文章」で、わかりやすくまとめますね。



●「EU離脱」というワードが世の中を騒がせているが、いったい何が起きてるのか?


最初にEUとは何か?を書くね!肩の力を抜いてサクッと読んでね!



EUとは



情報出所:コトバンク



●いつ生まれた?→1992年。


●どういう仕組みで生まれた?→

マーストリヒト条約により生まれた国際機構だよ。


●別名は?→欧州連合。


●どういう団体で構成されてるか?→

・欧州経済共同体(EEC)

・欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)

・欧州原子力共同体(EURATOM)の3つの集合共同体

・欧州共同体(EC)



●EU圏内の国のメリットは?


EUでは、次の色々な分野を統合したんだ。ありきたりのことで、通常、国家が統治してることみたいだよね。


・外交

・安全保障

・経済・通貨

・社会


それにより、域内取引の障壁を撤廃したり、貿易の自由化を実現出来るようになったんだよ。



●通貨に関することは何かあるの?→

2002年に単一通貨ユーロが発足したよ。現在はアメリカの次に大経済圏を形成しているんだ。


●最高決定機関は?→

各国の閣僚級の代表者で構成された理事会。


●本部は?→

ベルギーのブリュッセル。


●加盟国数は?→25カ国。


ーーー

(TBS記事のまとめに戻るよ)


●今(2019年3/24日曜日)、イギリスでは「EU離脱」は延期になってるよ。


そんな中、イギリスのロンドンで、今のままではダメだから、国民投票のやり直しを求める人がたくさんいるんだよ。


彼らが、大規模デモを起こしたよ。



●なぜ、今のままではダメなのか?は、このあと、サラートP永山がわかりやすくまとめるね!


TBS記者の次の現地実況トークを読むと、リアルの様子がわかるよ。


「1週間後の今頃は、EUを離脱してるはずのイギリスです。が、きょうはロンドンの中心部、国民投票のやり直しを求める人たちで埋め尽くされています」



●ロンドンで23日に行われたデモの参加者数は?→

主催者発表で100万人以上が参加。


●イギリスは、2019年 3月29日に離脱することを予定していたよ。


が、EUはイギリスの離脱の延期を認めたんだ。


イギリス議会で離脱協定が承認されない場合(離脱が出来なかった場合)、4月12日が離脱の期限だよ。



●メイ政権が離脱協定案をまとめたんだけど、それが可決するメドが立ってないんだ。


だから、混乱が続いてるよ。



●ある二人の参加者の声だよ。

イギリス国民のようだね。


「激しい怒りを覚えている。政治的な災難だ!」


「国民投票から1000日以上もたったのに、まだ離脱がどうなるか分からない。もうこりごりだ。政治家の出る幕ではなく、私たち国民が決める時だよ」



●直近の世論調査の結果は、こうだよ。


2度目の国民投票が行われた場合、EUへの残留を望むと答えた人が離脱を望む人を上回っている。



この記事のURL:

https://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3629791.htm


ーーー


以下は、2018年10月21日のロンドンのブレグジット巡るデモの記事ですが、小さな男の子がプラカードを持って参加してる珍しい写真があったのでアップします。



出所:BBC


記事タイトル:

ブレグジットめぐり「人民の投票」要求 数十万人がロンドンで行進

2018年10月21日


https://www.bbc.com/japanese/45932507


screenshotshare_20190324_182458




↓最新の海外メディアの画像です!


情報出所:Microsoft News


記事タイトル:

London Brexit march 2019: 'One million' descend on capital demanding a People’s Vote


19 hrs ago

※ 2019年3/24(日)の記事です。



和訳&翻訳:

ロンドンのBrexit巡るデモ行進2019年:100万人が再投票を求めて…


https://www.msn.com/en-au/news/world/london-brexit-march-2019-one-million-descend-on-capital-demanding-a-peoples-vote/ar-BBV8jVE



ミニコメント:

プラカードがおしゃれでデザイン性が高レベル!

そういうところに意識が行ってしまう…

イギリスだからでしょ?

screenshotshare_20190324_192712




さて、ここで次の謎が出てきたね!


●EU離脱問題はなぜ起きたか?
背景にあるものは?


●EU離脱のメリット、デメリット


だよね!


長くなるから、別の記事にまとめることにするね!


続きは、次の記事をお読みくださいませ!


サラートP永山の最新記事です!


EU離脱問題、なぜ起きた?背景にあるものは?わかりやすく説明!EU離脱のメリット、デメリットも!



↑このページのトップヘ