2018年06月



ボクの気象学関連の記事にアクセスが増えてます。


訪問者さまの検索キーワードは、

梅雨明け、早すぎる!台風、竜巻、大震災起きるのか?

を問うものが多いです。


簡潔に回答します。


情報出所や根拠は、ほとんどボクの過去記事に書きましたが、tenki.jpなどの気象学関連のサイトが多いです。


基本的に、異常気象の翌年に大震災が起きると言われてます。


梅雨明けが早すぎることも、異常気象のような気もしますね。


大震災は、今年か来年かもしれません。


梅雨明けしたら、気温が高くなります。


海水の温度も上がります。


海水が蒸発すると、積乱雲が出来ます。


積乱雲は、竜巻の原因となるものです。


積乱雲が出来る頻度に比例して、竜巻も多くなります。


例えば、「強風で怪我人…」などというニュースが流れたら、竜巻の時が多いです。


積乱雲が多い時に、そのようなニュースが流れたら竜巻の可能性は高まります。


積乱雲と竜巻は対になっていて、正比例してると思っていれば、だいたい当たります。


梅雨明けして海水の温度が高くなると、台風が起きやすくなります。


仕組みはこうです。


梅雨明けして、太陽の熱エネルギーが高くなる。


海水は温められて蒸発する。


蒸発した海水は、成分が水です。


水は蒸発しても、空気中で消えるのではなく形を変えて残ります。


空気の渦が出来ます。


空気の渦の中心に、水蒸気をたくさん含んだ空気が、まわりから次々と集まります。


磁石のように、中心に引き寄せられます。


これが台風の卵です。


上昇気流が生まれてる状態です。


上昇気流は、雲を作ります。


雲は、どんどん上に上がっていきます。


高さを作って成長します。


これが積乱雲にも発達していきます。


竜巻と台風は、もとの材料は海水が温められて蒸発した水蒸気です。


気温が高くなると、海水が温められて水蒸気が空気中に上がっていきます。


台風の卵、積乱雲が作られます。


従って、梅雨明けが早すぎることは、海水の温度も通常より早く上がります。


その分、海水が水蒸気になって、台風の卵や積乱雲を作る頻度も上がります。


台風や竜巻を生み出す仕組みが増します。


梅雨明けが早いのなら、台風や竜巻が起きる時期も早いです。


梅雨明けした本日も、気温が高過ぎるので、海水の温度も急激に上がります。


台風や竜巻も、急激に起きる可能性が高くなると思われます。


台風や竜巻の発生回数が多くなるのでは。


ここで、防災情報です。


台風の時は、どんな傘をさしても壊れますよね。


レインコートは、季節的に暑いです。


びしょ濡れになった時の処理も大変です。


自転車用のポンチョを持ち歩くことをオススメします!


これなら、すぐに羽織れます。


荷物になりません。


レインコートは、自転車に乗る人向けですよね。


真夏に急に着るのは、キツイ!のでは。


ボクは個人的に、オヤジが持つような紳士用の大きめの傘を「台風用」にしてます。


「ジジ傘」と呼んでます。


「ジジ傘」は価格が2000円前後で高いので、電車などで忘れないように気をつけた方が良いです。


あと、強い紫外線から頭を守る方法ですが、日傘は強風で壊れやすいですよね。


老若男女問わず、麦わら帽子か、布製のつばが大きい帽子をオススメします。


あごひもがしっかりついてる麦わら帽子が良いですね。


つねに持ち歩くと良いです。


麦わら帽子は、洗えるものが良いな…と思ってましたが、普通にシャワーをかけて洗えば、生乾きでも外でかぶれば、紫外線ですぐに乾くのでは。


麦製(麦わら製?)でなくても、麦わら帽子の類似品で、Niceなものがあるかもしれません。


女性なら、「ファッションセンター しまむら」か、「ダイエー」などで探してみては!


男性なら、釣具屋さんやアウトドア洋品店などで探してみては!


ボクは、複数の得意分野があり、このサイトで気になることを記事に書いてます。


特に梅雨明けした本日、気象学に関する「問い合わせ」的な検索キーワードからのアクセスが多いです。


「梅雨明け 早すぎる 台風」などです。


問い合わせのような検索キーワードをヒントに、わかりやすく回答した記事を書かせて頂きました。


テレビの報道番組の放送時間帯に、アクセスが多いです。


テレビ局に恨まれませんように!!


今年の夏・秋は、気持ちが休まらないほど、台風や竜巻などの自然災害が多発しそうです。


持ち物や備蓄品、スケジュールなどの事前対策はお早めに!


ちなみに、ボクは仕事先に「9月末までプライベートで忙しい」と、「嘘の理由」を言ってあります。


台風の時期に、仕事のスケジュールを組まれないような作戦です。


もう時間を取ってるので、台風の時は自宅で避難出来るようにしました。


可能なら、早めに自宅で過ごせるように仕組み化した方が良いですよ!



またです!



サラートP永山



画像は、あごひもがついてる麦わら帽子です。

このように、あごひもを調整できるタイプが良いですね!

男性用も通販でたくさんありましたよ!

ダサくないものが多いですよ!

アパレル業界は、流行するものや人気が出るものを事前に先読みした上で、商品開発するそうです。

実は、海外の情報がもとになってると、アパレル業界の社長さんが話してました。

消費者にマイナスになる商品は、出回らない仕組みになってると思います。

ぜひ「安心して」ゆっくり探してみてください!

screenshotshare_20180629_194904








夏場に、風呂に2週間入らないとどうなるのか?


大震災が起きた時の訓練にもなると思って、実験的に試してみました。


カラダの変化を時系列で簡潔に書きますね。


( )内に、万が一、大震災が発生して同じようになった時の対策案を書きますね。


体験に基づいてるので、とても貴重な情報です!


では、いきまーす。



風呂に入らなくなってから、


●3日目:

頭がかゆくなってきた。

(対策案→頭皮をウェットティッシュなどでふく)


●5日目:

足がホームレスのニオイになってきた。

(対策案→靴下を取り替えることにより、ニオイはやわらぐ)


●1週間目:

身体中がかゆくなってきた。

(対策案→アルコールが入ってるウェットティッシュなどで、こまめにふく)


●10日目:

ボクは実は女性だが、性器がかゆくなってきた。

(対策案→傷や炎症がないなら、アルコールが入ってるウェットティッシュで、こすらずにふくと治る。

傷や炎症がある時は、アルコールが入ってるウェットティッシュはやめた方が良い。ノンアルコールのウェットティッシュでふくと良い)


●10日目から2週間目:

足の指、足の裏側の皮膚がアカが蓄積されて、白い粉をふいてボロボロとむけてきた。

床を歩くとフケのように、白い粉になって、たくさん落ちてくる。掃除が大変になる。

心理的にも良くない。

特に足がホームレスのニオイが強くなってきた。

(対策案→化粧水や乳液、オイル類、なければハンドクリームなどをアカがたまって皮膚がボロボロとむけてるところに塗る。

こすってアカをボロボロと落としてから、アルコールが入ってるウェットティッシュでふく。

意外だが、靴下を取り替えることにより、ニオイがやわらぐ)





2週間後、お風呂に入ってバスタブにつかりました。


アカがたくさん浮いてきました。


バスタブのお湯の中で、体の皮膚を少しでもこするたびに、ボロボロとアカがむけてきます。


結構、きりがない感じです。


その動作により、皮膚を傷めそうです。


災害時などで久しぶりにお風呂に入った時は、このようにアカがボロボロとむけてくるので、無理にこすらないように気をつけてくださいね。


最初は、お湯でサッと流すだけにして、翌日から徐々にこすって洗うようにすると良いです。


炎症を起こしたら、そこから菌が入り悪循環です。


また、お風呂に入れなくなると、誰でもホームレスのニオイになり不快になるかもしれません。


特に足からホームレスのニオイがしてくることが、実験の結果わかりました。


靴下を取り替えることにより、少しは解決します。


靴下を2ヶ月分ぐらい、用意することをオススメします。

(一人60足ぐらいです)


※ 断水になると、洗濯が出来なくなります。


2ヶ月以上も断水が続くことは、大震災の際によくあることです。



画像は、お風呂に入らなくなってから、10日目ぐらいのボクの足の皮膚に近いものです。


アカがたくさん蓄積されて、粉をふいてボロボロとむけてきます。


_20180628_210342


_20180628_210438



こうなると、ホームレスのニオイがしてきます。


アカをなるべく落としてから、靴下を取り替えることにより、ホームレスのニオイがやわらぎます。


実験結果を特別にご報告しました。


また何か実験したら、ご報告しますね!



でゎ!


サラートP永山



↑このページのトップヘ