2018年06月



猛暑で読むのがキツイ人、多いと思います。


より簡潔に書きますね。


要は、猛暑で鶏たちが夏バテして、えさを食べない、水ばかり飲んでる。


卵も水っぽい。


品質悪化、品不足傾向に。


基本情報のまとめです。



情報出所:テレビ岩手


記事タイトル:

大荒れ?最速梅雨明けに大雨、台風、突風も


サラートP永山がサクッと、まとめちゃいますね!



●気象庁は6月29日、関東甲信で平年より22日早い梅雨明けを発表した。


●連日の猛暑で、鶏を飼育する養鶏場に次の変化が。


■ スプリンクラー稼働。

■ 鶏が夏バテでえさを食べない。水だけを口にしている。

■ それが原因で、鶏のサイズが小さくなった。中身が水っぽい卵を産んでいる。



●関東地方で水不足に。


●利根川水系8つのダムの貯水率は、平年を下回る61%に。


●九州では梅雨前線の影響で記録的な大雨。

住宅地、車道など、あらゆる場所で冠水。


このニュース記事URL:

http://www.tvi.jp/nnn/news890176391.html



鶏肉と卵が品不足・品質悪化の対策案



■ 鶏肉不足は→


●シーチキン(ツナ)を代用しよう!


_20180630_100749



●アジアンな辛いソースをかけて、サラダなどに!


●それをサンドイッチに!


●フォーなども、シーチキンをポンと乗せれば美味しいよ!


●スープや冷やし中華などにシーチキンを入れるときは、混ぜないで乗せるようにする。


その上に、お好みで青菜やパクチー、薬味を乗せる!



■ 卵不足は→


●レトルトや缶詰などのうずらの卵をまとめ買いする。


●要は、良質タンパク質なので、豆腐などの大豆製品をたくさん取り入れる。


●豆乳を日常的に飲む。


●ヨーグルトを、色々なものを楽しみながら食べてみる!


●コンビニ(ローソンがオススメ)の、焼き鳥を在庫があるうちに出来るだけ多く食べておく!



★★★鶏肉の代用として、良質タンパク質を導入しよう!



近々、ニュースで取り上げられると思います。


取り急ぎ、鶏関連の先読み速報をお届けしました。



サラートP永山






ボクの自宅のエアコンが古いので買い換えた方が良いのか?ルノルマン・カードで占いました。


ルノルマン・カードとは、タロットカードに似たドイツの童話をモチーフにした占いカードです。


的中率が高いことで有名です。


2枚引きで占いました。


占い結果です。


画像のように、ハートとクロス(十字架)が出ました。


_20180629_223019



ちなみに、台風のことは占ってませんが勝手に占い結果として出てきました。



■ ハートのカードの意味:

良質な扇風機がすでにあるので、首ふりにして使いなさい。


エアコンは買わなくても大丈夫です。


(ハートの周りの黄色のラインが首ふりにして使う扇風機を意味してます)


■ クロスのカードの意味:


10月13日の朝6時まで、猛暑が続きます。


この日は、夜中まで蒸し暑いのかもしれません。


クロスのカードの上にある「36」という数字は、「3」が「13日」の「3」、「6」が「6時」と、トランス状態で感じます。


トランス状態とは、自分の意思とは別に神に言わされてる状態のことです。


そして、クロスのカードの十字架の周りの歯車のようなモチーフは、大きく出っ張っている突起を数えなさい!とトランス状態で感じました。


その大きな突起は、6個あります。


6件の大きな台風被害がある!という暗示です。


そして、その突起のひとつ(左上)は、色が真っ黒です。


ご参考までに、もう一度、占い結果の画像を入れますね。

_20180629_223019



突起が真っ黒なのは、壊滅するという暗示です。


何もかもなくなるに等しいほど、甚大な被害を暗示してます。


場所は、関西から西ですね。


クロス(十字架)のカードは、宿命的なものも意味します。


台風の大きな被害が、宿命的なもので逃れられないとリーディングしました。


この2枚のカードのコンビネーション・リーディング(合わせて読む方法)です。


読者の皆様に伝えなさい!


台風の被害が多いので、可能な限り外出は控えなさい!


台風が多い時のストレス解消法は、自宅で質の良い料理を作るか買い置きして、ゆっくり飲食すると良いです。


ハートのカードは、フルーツやデザート類を指してますね。


それほど、台風被害が多い年です。


と、2枚のカードは告げています。


占い結果は以上です。


取り急ぎ、ルノルマン・カードで台風の警告が出たので、ご報告しました。



サラートP永山







↑このページのトップヘ