今、日本は経済的にとても不安定な、大変な時代に入ってます。


日本は治安が良いし、衛生面もほぼパーフェクトだし、必要なモノは揃ってるので、一見、恵まれてると思いがちです。


が、長い歴史を通して見ると、とても不安定な要素がたくさんあります。


将来的にも、どうなるかわからない。


国は、すべての国民を完璧に助けるわけにはいかない。


結局、頼れるのは自分だけになります。


経済学や政治、経済に関する最低限の知識を身につけた方が良いです。


学者などの間では、このような基本的な知識のことを「前提知識」と呼んでる人が多いです。


画像はイメージです。

日常的に料理をしながら…というスタイルが、気楽に前提知識を身に付けるのが楽しく続くコツです!

_20191105_062208



早速、経済の前提知識、為替レートについて解説します!



情報出所:日本銀行


記事タイトル:

為替相場(為替レート)とは?


わかりやすくまとめますね。



為替相場(為替レート)は、外国為替市場において異なる通貨が交換(売買)される時の、交換比率です。


比較して、両方がいくらになるか?を示したものです。


一般的に、頻繁に目にする為替相場は円・ドル相場です。


その他にも、様々な通貨の組み合わせの相場が存在しています。


変動相場制という言葉があります。


為替相場は、誰かが一方的、恣意的に決めるわけではなく、市場における需要と供給のバランスで決まります。


これは、物やサービスの価格が決まるのと同じ原理です。


この記事のURL:

https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/intl/g17.htm/


わかりやすく言うと、物々交換する時のお互いの価値を示したものです。


少しずつ、こういう前提知識となる記事を書いていきますね。


では!


サラートP永山