結論から書きます。


温帯低気圧に変わっても、南風が強くなり、風の範囲も広がり、油断出来ません。


わかりやすいニュース記事があったので紹介します。



情報出所:テレビ静岡


記事タイトル:

【ただいま天気 9/23】
 「温帯低気圧」と「台風」の違いは?

2019年09月23日(月)


参考までに、画像入れておきますね。

_20190929_185521



サラートP永山が、重要事項を簡潔にまとめます。



【23日の天気】


台風17号は、23日午前9時に温帯低気圧に変わりました。


が、それでも県内には強い南風が吹き荒れました。


最大瞬間風速は、御殿場で20メートル以上でした。


各地で南風が強まって、南寄りの暖かい空気が持ち込まれました。


その関係で、気温が上昇し、清水や三島、静岡市では30度を超える真夏日を記録しました。



【温帯低気圧と台風の違い】


温帯低気圧と台風の違いは、エネルギー源です。


台風のエネルギー源は水蒸気。


暖かく湿った空気だけで発達します。


温帯低気圧は、暖かい空気と冷たい空気がぶつかりあって、渦を巻くことで発達します。


注意事項です!


台風から温帯低気圧に変わったからといって、「弱まった」わけではないのです。


一見、台風が弱まり、平和が戻ったと思いがちです。


が、間違えないでくださいね!


温帯低気圧に変わっても、冷たい空気が入ったことで、もう一度発達して強い風の範囲が広がることもあるので、油断出来ません。


強風により、停電、断水、交通障害が起きやすいです。



このニュースのURL:

http://www.sut-tv.com/news/indiv/2355/





【画像解説】


アメリカ・ネイビーの台風サイトの、9/29(日)の台風18号の画像(拡大したもの)です。


日本列島に接近する前から、かなり大きいです。


発達しながら接近するそうです。


_20190929_185738



関東に来る頃には温帯低気圧に変わっても、この大きさの分、南風は強くなり、風の範囲が広くなることが予想されます。


以下の画像のように、「金曜日頃に温帯低気圧に変わる見込み」と報道されていても、その精度が保証されてないですよね。


温帯低気圧に変わる日時や天気の内容まで、具体的に発表されてないところを見ると、現段階で的中率は完全ではないと思われます。


_20190929_190302



あくまでも、見込みです。


楽観は危険です。


取り急ぎ、気になる温帯低気圧に関するお知らせまで。



サラートP永山