どこの国のことか、名指しは控えますね。


次の最新ニュースをお読み頂ければ、すべてわかります。



情報出所:時事通信


記事タイトル:

ホルムズ派遣、慎重に検討=課題山積、参院選後判断か-政府


2019年07月14日08時17分


https://www.google.com/amp/s/www.jiji.com/amp/article%3fk=2019071300314&g=pol



【記事の重要情報を抜粋してまとめます】


国家間の武力衝突が起きていなければ、行使の要件となる「存立危機事態」と認定できない。


新たに特別措置法を制定する方法もある。


が、特措法を成立させるまでにはかなりの時間を要する。


いずれも国会承認が必要になる。



※ 特別措置法とは


緊急事態の時に、現行の法制度では対応できない場合、特別に制定される法律。

大規模地震対策特別措置法、テロ対策特別措置法などがある。

「特措法」と省略化して表現される時が多い。



改革がないまま現状維持が続けば、トランプ大統領にこう言われそう。


てめえのケツは、てめえでふけよ!


無理なら自業自得だ。


死んでもらうしかない。


自分たちが原因で滅びるか、努力して生き延びるか、どちらかだよ。


そういう日本に無駄なサービスをするのは、もう終わりにする。


いつまでも、相手にしていられない。


画像は、アメリカ政府がイメージするであろう日本です。


screenshotshare_20190714_092143




【サラートP永山のコメント】


そういう国にいるのがイヤになった!


早く、脱出しよう!