今日、6月24日(月)の最新情報です!


アメリカがイランのミサイルシステムにサイバー攻撃したが失敗した、とのことです。


以下より、情報出所のpress tvの記事と翻訳です。


screenshotshare_20190624_154303




記事タイトル:

US cyber attacks on Iranian missile systems failed: Minister

Mon Jun 24, 2019 05:02AM [Updated: Mon Jun 24, 2019 06:30AM ]


記事タイトル翻訳:

アメリカはイランのミサイルシステムにサイバー攻撃したが失敗した:イランのアザリジャフロミ通信情報技術相



※ 本文の一部を翻訳します。


イラン政府は、次の発表をした。


アメリカがイランのミサイルシステムにサイバー攻撃したが、何らかの障害が原因で失敗した。


以下より、press tvの読者のこの記事へのコメントと、その翻訳です。





Khan(カーンと読むと思われます)


46 分 前

Iran should paralise US system now.

USA is a Terrorist State, Terrorist of Economy, Terrorist of Security Breach,
Terrorist of War Mongering.


翻訳:

イランは今すぐに、アメリカの(ミサイル)システムを無効にするべきだ!

アメリカは、テロリスト国家だ。

テロリストの経済、テロリストのセキュリティ違反、テロリストの戦争挑発だ!






この記事のURL:

https://www.presstv.com/Detail/2019/06/24/599275/Iran-Minister-of-Information-Communications-Technology-Azari-Jahromi-US-cyber-attacks-missile-system




■ アメリカによる、イランのミサイルシステムへのサイバー攻撃は、いつの話か?について


筋道を立てて、解説しますね。


6月24日にイランのアザリジャフロミ通信情報技術相が、アメリカによるイランを標的としたサイバー攻撃は、成功していないと発表した。


この数日前に、米国防総省がイランのミサイル発射システムを対象にしたサイバー攻撃を開始した、という報道があった。


トランプ大統領は21日、イランによる米軍の無人偵察機撃墜に対する報復措置として軍事攻撃を承認したが、そのすぐ後に辞退した。


緊張の高まりが、エスカレートしている。


ヤフーニュースが6月20日に、元情報当局者らの話として米国防総省が、計画的にサイバー攻撃を開始したことを報じた。



イランの報復が、深刻になると思われます。


今後の報道を見守りましょう。


深刻な最新情報が飛び込んできたので、取り急ぎ、ご報告しました。


サラートP永山