ホルムズ海峡で、タンカーへの攻撃事件が起きてます。


詳細記事です。



朝日新聞より


日本関係の船、攻撃は複数回 乗員は避難 ホルムズ海峡

2019年6月13日22時01分


https://www.google.com/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASM6F63YMM6FUTIL02W.html


イランのテレビ局、press tvのその記事に、次の気になる記述がありました。


読者からの投稿です。


犯人は、イスラエルだ!と炎上中です。


一部、翻訳してお伝えしますね。


なお、イラン政府やイランの報道では、犯人について断定的な記述はまだ確認してません。


press tvより。


記事タイトル:

Explosions hit two large tankers in Sea of Oman: Reports

Thu Jun 13, 2019 05:34AM [Updated: Thu Jun 13, 2019 01:47PM ]


この記事のURL:

https://www.presstv.com/Detail/2019/06/13/598390/Oil-tankers-Sea-of-Oman



以下より、翻訳の一部です。


※ はじめに


読者のGimkilさんは、記事内で

犯人について

IsraHELL

と表現してます。

IsraHELLとは、イスラエルを敵視したヘイトスピーチの意味だと思われます。


攻撃した犯人は、イスラエルの可能性もあるね、と言ってます。が、実際はどうなのだろう?イスラエルが破壊した可能性はある、と不信感を抱いてます。


翻訳を書いていきますね。


誰が、この攻撃から利益を得るのか?


IsraHELLか?………


イスラエルは、この攻撃行為から、何も利益を得られない。しかし、破壊はするが。


世界中が、このことをわかるだろう。


原因については、他の読者のicemanさんが、アメリカとイランの不調和だと推測してます。


そして、奇妙なスタートを切った

third world war

(第三次世界大戦)


では、とも言ってます。


その攻撃には、色々な意味が含まれてるとのこと。


アラビア地域を拠点とするユダヤ人も原因です。


ほとんど、イスラエルのことを指してるようです。


犯人は、UAE(アラブ首長国連邦)の一族、そして、他の不道徳な人たちだ。



※ アラブ首長国連邦とは


United Arab Emiratesの略。

西アジアの中東の国々で、アラビア半島のペルシア湾に面した地域に位置する、7つの首長国からなる連邦国家のことです。


時間の関係で、取り急ぎ、短く報道しました。



サラートP永山



画像は、press tvより。


_20190614_062100