次のニュースが飛び込んできました!


記事タイトル:

最新鋭ステルス戦闘機、洋上で消息絶つ 三沢基地所属

2019年4月9日20時35分


https://www.asahi.com/sp/articles/ASM496R3KM49UTIL07G.html



考えられる原因に、イランによるアメリカへの報復があります。


次のような流れで、ロシアが撃墜した可能性もあります。


ボクの推理を書きます。



●アメリカが、イラン軍をテロ組織に指定した。


●イランはアメリカに報復すると発表した。


●歴史にない前代未聞の事態になった。


●イランの協力国は、ロシア。


要は、ロシアがイランのバックについてる。親のようなもの。


●ロシア、北朝鮮、イランはつながりがあり、リンクしている。


●北朝鮮は、ミサイル発射実験で、三沢基地に照準を合わせたことがある。


それは、ロシアがスパイ活動の目的もあり、指揮していた。


●北朝鮮、ロシア、イランは、すでに三沢基地や、三沢基地の戦闘機などを秘密裏に攻撃する能力があった。


必要な時が来たら、アメリカを攻撃する前に攻撃するのは、三沢基地だ!という作戦を立てていた。


●イランにとって、アメリカを直接攻撃するより、アメリカの傘下の日本を攻撃する方が、バレなくて済むので好都合。


イランは、アメリカを遠回しに報復した。


●三沢基地所属の最新鋭ステルス戦闘機は、どこの国にもバレないように、ロシアの技術により消された。


要は、レーダーや信号などにより感知されないようにして、撃墜した。


撃墜したあとの処理も、ロシアの技術があり、深海で捕獲して処理した。


今はロシアが管理している。


●そのうち、日本の技術に原因があり、墜落したように見せかける。


そういう陽動作戦的な技術も、軍事の重要事項。


陽動作戦とは、敵に現実とは違うことを錯覚させて、見破られないようにして、思い通りに持っていく軍事の技術です。


アメリカとイランの間に何が起きてるのか?詳しい情報は、次の今朝のボクの記事にあります。



記事タイトル:

【速報】アメリカがイラン軍をテロ組織に指定!イランの反応→前代未聞!イラン政府が報復する!と異例の声明発表!イラン国営テレビ局 press tv より

2019/04/09 08:35

http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/16347769.html



ロシアがイランの代わりに、撃墜したニオイを感じます。



※ テレビ朝日「報道ステーション」に、このボクの推理の内容を投稿します。


報ステには、8年ほど前からジャーナリストモードで、あらゆる情報提供など投稿を続けてきました。


有識者に、この推理も含めて原因を分析してもらうように、リクエストします。


やはり、ボクの推理は的中していた!という報道があるかもしれません。


あるいは、ロシア、イランなどの、さらなる報復を恐れて日本政府が、そのような報道をさせないかもしれません。


報ステは昔からチャレンジャーなので、この内容を報道してしまい、報ステが日本政府に怒られるかもしれません。


過去に、もしかしたら、ボクの投稿が原因で、報ステがイスラム国を支持するような報道をして、日本政府に怒られてました。


ボクは、西洋とイスラームの両方の考え方で世の中を見ないといけないよ!と、投稿しました。


影響を受けてる可能性もあります。


視野に入れて頂ければ、と思います。


取り急ぎ、ボクの推理まで。



サラートP永山



【追記】


海外メディアでも、相次いで報道されてます!


以下は、特に目立つ上位の海外ニュースの画像です。


ボクが検索した英語のキーワード


Japanese F35A missing


和訳:日本の F35A 行方不明



これだけで、海外メディアの報道がたくさん出てきます。


国際的にもビッグニュースになってます!


_20190409_234530


_20190409_234720



以下は日本の時事通信より。

missing(行方不明)になった位置です。

やはり、ロシアに近いです!

screenshotshare_20190409_234155