まず、最新の出来事のまとめから、お伝えしますね。



情報出所:読売新聞


記事タイトル:

日経平均一時400円超下げ、米中摩擦など懸念

3/08 13:13 


※ 何が起きていて、我々日本国民は何を気をつけたら良いのか?わかるように、サラートP永山がまとめますね!


よく当たるボクの第六感で、慣れない関西弁で書くと、すばらしい文章が書ける!と感じました。


内容は変えずに、オモシロイ関西弁で行きまーす!



●3月8日の東京株式市場が、舞台やねん!


大阪株式市場じゃないところが、気に入らんわ!


●まぁ、ええわ。


売り注文ゆうのが、今、優勢やねん。


※ 売り注文とは、何やねん?

買い注文ゆうのも、あるさかい。

売り注文、買い注文の出し方はな、同じなんや。

「売り注文の出し方」は、株を売るときに、売る銘柄、売る株数、注文方法、注文の有効期間を決めるんや。


売春ちゃうから体は売らんが、株を売りたいヤツが、たくさんおるわけよ。



●日経平均株価(225種)はな、次のように、めんどくせー数字が出てきたさかい。


午後1時現在の話や。


前日終値比414円15銭安の


2万1041円86銭で取引されたんや。


●欧州中央銀行(ECB)ゆうのがな、偉そうーなこと言ってきたんや。


7日の理事会で、年内の利上げを断念することを決めたんや。


●米中貿易摩擦の影響や英国の欧州連合(EU)離脱も関係あるで!


それらを含めて、世界景気の減速懸念が、売りにつながったんや。


世界景気が悪くなるのが見え見やから、もう株なんかやってられないわ!あかん!と、株をぶん投げるヤツが次々と出てきたんや。


ほんなら、株なんか最初から、やらんといて!って、なー!!


●大手証券のお偉方がな、次の言葉をはきおったわ。


「米中貿易摩擦が与える世界経済への悪影響を懸念する見方が増えおったわ。

投資家が、積極的な運用のリスクを取る方向には動きづらいんや!どの道、あかんわ!!」



このニュースのURL:

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190308-OYT1T50153/




背景に何があるのか?国民は何を気をつけたら良いのか?



背景には、出来事の前に投資家の思惑が先にあります。


その思惑から先読みすると、対策が見えてきます。


まず、国際的な悪い出来事があるか?ないか?を見ます。


あれば、投資家は懸念材料と見て、売り注文が優勢になります。


こうなると、景気はしばらく良くならないです。


こういう時は、小さなことが企業、自分の給料に跳ね返ってくるので、蓄えが必要になります。


米中貿易摩擦が懸念材料とありますが、投資家の取り越し苦労のような思惑が先なのです。


実際は、米中貿易摩擦がプラスに働くかもしれないのに。


が、株式市場は思惑で動くものです。


そこをさらに先読みしてしまえば、こっちのものです!


この調子だと、デフレ脱却が出来ない、経済の停滞が長期的に続きます。


投資家なら、慌てて売らないで、少し待つと良いのでは?


少し様子を見て、本当に売った方が良いタイミングで売る。


売る時の損失は、「損切り」と言いますが、ひとつのテクニックとして売ります。



※ 損切りとは


投資家が損失を抱えている状態に発生します。


保有している株式等を売却して、損失を確定させることです。


専門用語で、ロスカット、ストップロスとも言います。


購入した株式価格が下落したあと、回復が見込めないと判断された場合、損切りが有効になる時もあります。



株取引では、ある程度、損する部分は付き物です。


「損切りの額」も含めて、事前に仕組みを作るのです。


こういう時、慌てない人の方が、あとあと有利だと思います。


株をやらない人なら、次のことを意識してみて。


何の仕事でも、景気が良くない時は小さなことが、あとあと跳ね返ってくることもあります。


誰でも、非常時の蓄えが必要になります。


収入に関係なく、いかに節約して蓄えるか?が課題になります。


見直しが必要なところは、早めに解決すると良いです。


重要ワードは、「蓄え」です。


真面目に、「タンス預金」がオススメです。


大震災の時も、銀行だと燃えたり津波で流されたら戻ってくるか、わかりません。


タンス預金のタンスは、木製ではなく不燃性のものがオススメです。


ネットで探してみては!


ボクは、蓋がキチンとしまる圧力鍋なども使えると思います。


銀行や木製のタンスより、安全安心です!


画像は圧力鍋。


screenshotshare_20190308_145815




※ 米中貿易摩擦のわかりやすい説明は、次のサラートP永山の過去記事を参考にしてください!

小学生ぐらいから、スンナリわかるように書いてます。



URLクリックで開きます。


記事タイトル:

米中貿易戦争・トランプ関税の根本的な原因わかりやすく!アメリカが貿易赤字になった原因とは(アダム・スミスの国富論に答えが?)

2018/09/24 17:57


http://salat-nagayama.techblog.jp/archives/12267736.html