★サラートP永山・プロフィール★


経歴は、テレビ局の経営関連、コピーライターなど、おもにメディア屋さんです。

趣味は、軍事、テロ、経済、防災に関する奥深い調査。

それをテレビ局に負けない記事に出来たらいいなぁー!と思ってます。海外メディアの翻訳にも力を入れていきます。

占いや料理、気象学も大好き♪なので、マルチな才能を持つクリエイターかも!長い目でよろしくお願いします。


※ 元上司がテレビ局の湾岸戦争の現地特派員でキャスターで頑張ってきた人ですが、特派員がWebに負けて将来性がなくなることを心配してました。が、元上司、WebやBloggerとしてのボクの進歩を残念がらないでください!特派員、Web、それぞれの強みがあるので、広い視野で前向きに捉えて頂ければ幸いです。



記事タイトルにも書きましたが、次のようなことないですかね。


桜を見る会の反社の招待問題ですが、反社と政府が、ケツモチ契約をしてる。


ケツモチとは、暴力団の用語です。


からまれたり、事件に巻き込まれたりなどの有事には、ボディガードのように助けてあげるから、お金を払って契約してくれ!という内容です。


多くの繁華街の飲食店、飲み屋さん、風俗店が暴力団とケツモチ契約をしてます。


暴力団から、ケツモチ契約の勧誘の電話が、飲食店などのお店にかかってきます。


店長など、代表を出せ!と何回もしつこいです。


ケツモチ契約をしてると、本当に何か起きた時に、守ってくれるそうです。


政府も暴力団などと、ケツモチ契約をしてるのでは?


その代わり、有事には、暴力団員が表に出ないで、例えばゼネコンなどの会社や大物を動かして解決する、などという仕組みでは。


大物とは、議員など政治家も含まれてると思われます。


報道を見てると、安倍総理が反社を直接呼んでたり、証拠隠滅したり、様子がおかしいです。


菅官房長官の答弁も「結果として入っていた…」など、不自然でおかしいです。


結果として入っていたとしたら、セキュリティはどうなってたのか?という問題が出てきます。


セキュリティが前提のはずです。


セキュリティが崩壊してる状態ですよね。


セキュリティが崩壊してることはないのでは。


どう考えても、おかしいです。


やはり、ケツモチ契約か、それに近い癒着のようなことがあるのでは。


ジャーナリストなど、報道関係者の方が読んでたら、一緒に考えて頂ければ、と思います。


凄い気になるので、取り急ぎ、ご報告しました。



サラートP永山



画像はパロディです。


このように、クビチョンパになるかも⁉


screenshotshare_20191129_105507








中曽根康弘元首相が死去したので、緊急霊視します!


テレパシーで交信すると、死後の心残りは、子供の虐待を防止するための対策を色々と考えてあげたかった、とのことです。


取り急ぎ、緊急霊視のご報告まで。


最新情報です。



情報出所:NHK


中曽根康弘元首相が死去

2019年11月29日 12時42分


まだ、短い文章しか載ってません。


まとめると、


●「戦後政治の総決算」を掲げた。


●国鉄民営化、日米安全保障体制の強化に取り組んだ。


●中曽根康弘 元総理大臣が、死亡した。


101歳でした。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191129/k10012195791000.html?utm_int=all_contents_just-in_001


_20191129_132029




↑このページのトップヘ