★サラートP永山・プロフィール★


経歴は、テレビ局の経営関連、コピーライターなど、おもにメディア屋さんです。

趣味は、軍事、テロ、経済、防災に関する奥深い調査。

それをテレビ局に負けない記事に出来たらいいなぁー!と思ってます。海外メディアの翻訳にも力を入れていきます。

占いや料理、気象学も大好き♪なので、マルチな才能を持つクリエイターかも!長い目でよろしくお願いします。


※ 元上司がテレビ局の湾岸戦争の現地特派員でキャスターで頑張ってきた人ですが、特派員がWebに負けて将来性がなくなることを心配してました。が、元上司、WebやBloggerとしてのボクの進歩を残念がらないでください!特派員、Web、それぞれの強みがあるので、広い視野で前向きに捉えて頂ければ幸いです。



物事がスムーズに行かない時は、誰にでもあると思います。


ボクが今、直面してるのは朝早く起きられないことです。


夜、早く寝てるのに…です。


また、朝早く目が覚めてるのに、布団から出られないこともあります。


真冬なので、寒いからもあると思います。


が、時間の無駄です。


どうしよう…と悩みました。


何事も必要がなくなれば、そのご縁や運気は去っていくそうです。


心理学の本に書いてありました。


必要があるから、そうなってる。


それを考えると、次のことが分析出来ます。


ボクは無宗教です。


が、神の啓示は必ずある、と考えてます。


神の操作により、そうなってる。


ボクの場合の神の啓示とは何か?考えてみました。


まず、啓示の意味からお伝えします。



啓示(けいじ)とは


人知ではわからないような事を、神が現し示すこと。




要は、神の意志ですよね。


神の啓示は、次のことだと悟りました。


ボクは朝早く起きて、英語の資格の勉強をしようとしてました。


が、神は、次の啓示をボクを朝早く起きられなくして、示していたのです。




もしボクが英語の資格を取得して、翻訳など何らかの仕事についたら、身体を酷使して無理せざるを得なくなる。


健康を害す。


神はそうさせない。


だから、ボクがそれをわかるまで、起きられなくした。


ボクがそれをわかれば、朝早く起きられるように、神は新たな魔法をかけると思います。


きっと明日からは、新たな魔法をかけられます。早く起きられるようになります。


英語の仕事が来ても、ほどほどにしようと決意しました。


断る口実まで考えました。


眼科医に目を大切にするように言われたから、を口実に仕事をしすぎないようにします。


これで神は安心したと思います。



神の啓示をいち早く知る方法です。


物事がスムーズに行ってるか?行ってないか?識別します。


スムーズに行ってないことがあるなら、神の啓示が必ずあることを意識します。


冷静になり、神の啓示に耳をかたむけます。


そうすると、ほとんどの場合は、神の啓示を察知出来ると思います。


コツは、冷静になることです。


本日の悟りは、以上です。


神よ、大事な啓示をありがとう。




サラート永山



画像はイメージです。


人間の意志とは別に、神の意志があり、人間界のすべては神に操作されてる、というボクなりのイメージを示した画像です。

宗教とは無関係です。

どちらかというと、タロットカードに近いです。


screenshotshare_20180204_124726







ボクは今、仕事関係のストレスを抱えてます。


こういう時、どうしたら不安やストレスがゼロになるか?作戦を考えてみました。


多方面で、参考資料にして頂ければ幸いです。


ボクは、心理学や成功哲学などの本をたくさん読んでるので、問題解決の知識が豊富です。


心理学の実験で、次のことが明らかになったそうです。


根拠のない自信を持った人は、その他のカテゴリーの人より物事が上手く行き、さらに幸せな人生を送ることが出来る。


その他のカテゴリーとは、次のような人たちです。


●元々、自信のない気の弱い人


●根拠のある自信を持ってる人



自信を持つ時、根拠があると良くないそうです。


例えば、東大卒という根拠のおかげで、社会的な自信を持ってる人がいるとします。


が、何かに失敗したら、東大卒という事実があっても、その人は自信を失います。


東大卒が、あまり関係なくなる。


根拠が何もないのに自信を持ってる人は、何かに失敗しても、根拠は最初からないわけだから、自信を失うことはない。


失敗しても、「あっそう…」で終わる。


この「あっそう…」という他人事のような感覚が大事なのです!!


困難に遭遇したら、自分のことだと思わないで、人のことだと思うと良いです。


これも、心理学の本に書いてありました。


一見、無責任のようです。


が、『多少、いい加減にやろうとしてみると、緊張が取れて物事が上手く行く!』という教えが、インドの伝承医学、アーユルベーダにあります。


困難に遭遇したら、一旦、自分と切り離して考えると良いです。


仮説は、一応立てておきます。


例えば、きっとこうなるから、こうしよう!というところまでは、仮説を立てておくのです。


でも、それ以上は考えない。


考えるのは、その時になったらで良い。


なぜなら、ムダに不安になるから。


不安になると、健康に悪いです。


人生が不幸になります。


自ら、不幸な人生を選ばなくても良いです。


選択の問題ですよ!


自分で、どういう道を選ぶか、選択するのです。


選ぶのは自分。


人生の道は、上手に選びましょう!


コツは、お気楽になって、身体中の関節の力を抜いて、ゆるくすることです。


オナラが出るぐらい、身体中をゆるめてみて!


関節も、外れちゃうぐらい、ゆるめてみて!


そして、深呼吸!


ヨガっぽいでしょう?


それ、リラックス出来て、副交感神経が優位になります。


健康に良い状態です。


ぐっすり眠れます。


それをやっても困難が襲ってきて結論がダメだと思うなら、こちらの身体を煮るなり焼くなりしろ!と、開き直ると良いです。


「勝手にしろよ!」と思ってやるんです。


勢いよく開き直れば、悪い運気が吹っ飛んでくれます。


そもそも、身体を煮たり焼いたりするまでは行かないから。


そうなったら、凶悪事件です。


そこまでには、ならないでしょう?


どの道、クヨクヨと不安にならないことです。


困難に遭遇したら、「あっそう…」と他人事になりましょう。


根拠のない自信を持ちましょう!


それには、「知らねーよ!」と一線を引くことです。


困難に遭遇したら、このようにしてみてくださいね!


ボクは、このように考えたら不安ゼロになり、あらゆることにストレスを感じなくなりました。


なかなか捕まらない大きな事件の犯人も、このような心理で生きてると思います。


そうじゃないと、知能犯になれないよね。


ま、犯罪はいけないけど、ずる賢い知能犯は、みんなそうやって生きてると思います。


本日の悟りは、以上です。




サラート永山




画像は、身体中の関節の力を抜いて生きてるクネクネ人形です。

つーか、関節ないかもね(笑)!

こうやって生きていってね!


screenshotshare_20180201_211821




【今後の執筆予告】


次のネタを検討中です。


●北朝鮮の立派に見せてる部分、徹底スクープ!(地下鉄、子供用お琴教室、etc.)


●実はたくさんある!北朝鮮地下鉄駅の謎の壁画…目的は国際的なプロパガンダか?


●安田純平の今…追跡レポート:安田さんのシリア密入国、侵入ルートのトルコ・シリア国境の山とは?→トルコに行けば誰でも行ける、見れる危険な山がある


●ビンラディン支持派、日本国内に潜伏…日米でも前代未聞の違法薬物の入手方法を聞かれたボク→知らねーのに聞いてきやがった!上陸許可していいのかよ!→まぁ、イスラム過激派のジャーナリストの卵の関係で、こういう感じの問題にも遭遇してます…



今後はデザイン面、動画にも力を入れる予定です。



お楽しみに!





↑このページのトップヘ