前回の記事で、東京湾、東京都に巨大地震が来ると直感で強く感じる!とお伝えしました。


そのあと、東京湾直下や、その付近で地震が多発してます。


以下の画像で証拠を示します。


screenshotshare_20180422_234904



【画像を追加しました!】

さらに増えてる!


screenshotshare_20180423_123040




サラートP永山の直感、本当に当たってます。


巨大地震は、来ないとしても可能性が非常に高いと思って頂ければ、と思います。


ずっと、まったく来ないことはないと思います。


取り急ぎ、ご報告まで。





_20180422_011449



重要な地震情報を発見したので、Twitter的に短めにご報告します。



情報出所:東スポWeb


記事タイトル:

専門家が警鐘!大地震に備えよ!!「11年大震災以降、何も起きないというのはあり得ない」


2018年01月07日 17時00分


https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/880027/



【重要情報まとめ】


東日本大震災のあと、大地震の連動が懸念されている。


869年には、三陸沖で貞観地震。


その9年後には、関東地方を襲う直下型の大地震。


887年の仁和地震は、南海トラフを震源とした。


このように、大地震が連動した記録がある。


地震学者の間では次の見方が強い。


2020年前後、首都直下、南海トラフを誘発する可能性が高い。



【サラートP永山の重要なお告げ】


連動して、次々に大地震が起きる可能性が非常に高いらしいです。


どこかで起きたら、もうしばらく来ないから安心、ということはないです。


地震は、はしかなどとは違います。


一度起きたので免疫が出来たから、もう起きない、ということは絶対にないです。


そのような楽観的な見方をしがちですよね。


連動型なら逆で、一度起きたら、さらに起きます。


今も、非常に危険!という危機感を持とう。




↑このページのトップヘ